adobe

動画編集とプログラミングならどっちの方がいい?両者のメリット、デメリットを紹介!

副業に挑戦したいと考えている方の中には、
「動画編集とプログラミングならどっちの方がいいのかな?」
と悩んでいる方もいるでしょう。
どちらも人気のある仕事であり、効率的に稼げる仕事ですので悩んでしまいますよね。
そこで今回は、動画編集とプログラミングの違いや双方のメリット・デメリットなどについて詳しく解説していきます。
どちらか始めようと考えている方はぜひ読んでみてください。

動画編集とプログラミングの仕事内容の違い

まずは動画編集とプログラミングの仕事内容について、詳しく見ていきましょう。

動画編集

動画編集は、クライアントからもらった動画素材を編集して指示通りの動画にする仕事です
以前まではテレビや映画などのエンタメ業界で働くイメージがあったかもしれません。
しかし、近年ではYouTubeといった映像コンテンツの流行や動画広告の登場などにより、多くの動画編集者が求められています。
有名ユーチューバーの中には、
「動画だけは自分で作成し、編集は外注する」
という方もたくさんいるのです。
有名ユーチューバーの専属編集者になることができれば、それだけ数十万円規模の収入が得られるようになりますので、かなり夢のある仕事と言えるでしょう。

プログラミング

プログラミングは、コンピュータを思い通りに動かすための命令をする作業です
後ほど詳しく解説しますが、プログラミングは高いスキルと知識が必要になりますので、単価がかなり高めに設定されています。
また、プログラミングというのは動画編集同様、場所を選ばずに仕事が行えますので、自由な働き方を手に入れたいと考えている方にも最適です。
動画編集の場合は、編集ソフトの使い方や編集のセオリーなどを覚えれば、初心者でも比較的簡単に挑戦できますが、プログラミングには様々な言語があり、それぞれの言語でプログラミングの方法が変わってきますので、若干難易度が高いと言えます。

プログラミングを始めるメリット、デメリット

ネット広告やCMなどでよく見かけるプログラミングですが、メリットとデメリットがあります
安易に始めて後悔しないためにも、きちんと以下の項目を読んで始めるかどうか考えましょう。

メリット

プログラミングのメリットとしては、以下の2つが挙げられます
・将来性がある
・高収入が期待できる
1つ目の将来性ですが、現在IT人材が数多く求められており、その中の1つとしてプログラマーが必要とされています。
今後もプログラミングは重要な業務となることから、今後も安定的に仕事を見つけられる業界といえます。
2つ目は高収入が期待できることです。
先ほども解説したように、プログラミングには高度なスキルと知識が必要になりますので、単価も高めにせれているのです。
場合によっては、1案件10万円を超えるものもありますので、効率的に稼ぎたいと考えている方には最適と言えるでしょう。

デメリット

上記で紹介したメリットがある一方、デメリットも存在します
・すぐに習得できるものではない
・挫折しやすい
1つ目のデメリットは、すぐに習得できるものではないということです。
プログラミングはコツコツと勉強してスキルを高めた上で、ようやく仕事ができるようになります。
いきなりできるものではないからこそ、ある程度勉強できる時間や予算、環境などが重要です。
事実、株式会社SAMURAIという会社が社内の現役エンジニアをもとに調査した結果では、エンジニアになるまでの学習期間が平均17カ月となっています。
2つ目のデメリットは挫折しやすいことです。
習得できるまでに時間がかかることや専門用語などの問題から、どうしても途中で諦めてしまいやすいという問題があります。
上記で登場した事実株式会社SAMURAIによるアンケート調査では、プログラミング学習者の約90%が挫折を経験したという結果が出ています。
ただ、このようなデメリットと上手に向き合い、無事に乗り越えることができれば、人とは違う特別なスキルを手に入れられるようになるでしょう。

動画編集を始めるメリット、デメリット

プログラミングの場合、将来性があるといったメリットがある一方で挫折しやすいというデメリットがありました。
では、動画編集のメリット・デメリットはどうなのでしょうか。

メリット

動画編集のメリットは以下の2つです。
・さまざまな場面で活用できる
・市場が拡大している
1つ目はさまざまな場面で活用できることであり、仕事や趣味といったさまざまなところで動画編集のスキルが活用できます
中には、動画編集のスキルを身に着けて、しばらく編集者として活動したのち、ユーチューバーに転身したという方もいるのです。
このように、スキルや知識を横展開し、違うビジネスに活かせるということも、動画編集者のメリットと言えるでしょう。
2つ目は市場が拡大していることです。
動画市場というのは年々拡大しています。
実際にさまざまな企業がYouTubeチャンネルを持つようになったり、商品のマニュアルを動画化したりなどが起きています。
動画広告も今後さらに増えていくと予想されているため、これまで以上に動画編集のスキルが求められやすくなるでしょう

デメリット

動画編集のデメリットには、以下の2つが挙げられます。
・知識やスキルがないと仕事を取れない
・単価が安くなりつつある
1つ目は、スキルや知識がないと仕事を獲得できないということです。
動画編集を行うためには、様々な専門用語を覚える必要があり、これらの知識やスキルがないと、クライアントから信用してもらえません。
クライアントから信用してもらえない、仕事を出してもらえなくなりますので、より多くの案件を受注したいと考えている方は、スキルレベルや知識レベルを高める努力をしていきましょう。
2つ目は単価の問題です。
動画編集者が増えたことと以前と比べて学びやすくなったことから、スキルを身につけても低単価の案件しか受注できない恐れがあります
ライバルが非常に多い世界だからこそ、差別化を図って取り組むようにしましょう。
また、スキルを身に着けたとしても、営業力がないと単価交渉を成功させることができません。
個人で動画編集を行う場合は、営業力や交渉力が重要になりますので、動画編集スキルや知識を身に着けると同時に、ビジネスコミュニケーションのスキルも磨いていくことをおすすめします。

未経験から始めるなら動画編集がおすすめ!

もしゼロからスキルを持つのであれば、動画編集がおすすめです
プログラミングも魅力的なものですが、勉強するための時間がある程度必要だったり、挫折しやすかったりという欠点もあります。
しかし、夢中になればスキルも高まりやすくなる上に、勉強できる本やスクールも数多くあることから、未経験から始めるなら動画編集がおすすめです。

まとめ

動画編集とプログラミングは、仕事内容は違えど、在宅で仕事ができることや、やり方によっては大きく稼げることなど、共通するメリットもたくさんあります。
どちらにもメリットがあり、デメリットがありますので、一概にどちらがおすすめかを断言することはできませんが、スキルや知識の習得難易度で言うと、「動画編集」がおすすめです。
この記事でも、動画編集に関するコンテンツを多数投稿していますので、興味がある方は是非読んでみてください。