動画編集全般

動画編集の仕事ってどうやって見つければいい?仕事がない人が試すべき方法は?

動画編集は比較的新しい副業ですが、その人気は年々増加しています。

ただ、

「動画編集のスキルはあるけど、仕事が取れない!」
「動画編集の仕事ってどうやって取ればいいの?」

と悩んでいる方も一定数存在するでしょう。

そこで今回は、動画編集の仕事を獲得するための方法や獲得するために覚えておくべきことなどを紹介します。
動画編集の仕事を獲得することに関して悩みを持っている方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

動画編集は需要が高まっている仕事?!

動画編集は、動画サービスの人気が高まっている背景から、ここ数年で需要が高まっています
そのため、「動画編集の仕事が獲得できないのは時代遅れだから」というわけではありません。
需要が高まっているからこそ動画編集を始めた初心者にも仕事獲得のチャンスがあり、仕事が獲得できないからという理由で諦める必要はないのです

そもそも、動画編集誰でも簡単に行える仕事ではありません。

ある程度のスキルがあってこそハイクオリティの動画を制作できるわけであり、その上で得たスキルを簡単に手放すのはもったいないことです。
「自分自身の編集スキルなんて……」とマイナスに考えている方もいるかも知れませんが、他の人から見ると非常に優れた編集スキルを持っている可能性もあるのです。

仕事が取れない動画編集者がたくさんいるって本当?

動画編集の需要が高まっていることは事実ですが、誰でも簡単に仕事が獲得できるわけではありません。
副業として動画編集が注目を集めていることもあって、年々動画編集者が増加しており、その結果として仕事がない、あるいは仕事を取れないと悩んでいる方が多いのです。

ただし、ここで仕事が取れないからといって諦める必要はありません。
今の状況や持っているスキルのレベルなどを考慮して考えることにより、稼ぐための効率的なルートが見つかりやすくなります。

動画編集者が効率的に仕事を獲得するための方法は?

今の状況や持っているスキルのレベルなどを考えることで効率的に稼げるルートが見つかるとはいっても、具体的にどのような方法が挙げられるのでしょうか。
動画編集者が効率的に仕事を獲得するための方法として、主に以下の方法が挙げられます。

クラウドソーシングサイトを活用する

定番の方法として挙げられるのが、クラウドソーシングサイトの活用です
特に「クラウドワークス」と「ランサーズ」には、数多くの動画編集案件があります。
そのため、初心者の方でも動画編集の仕事を獲得しやすい環境となっています。

一方で、動画編集案件としての単価が安いという傾向があります。
初心者として実績を作りたい方にとっては便利なサイトですが、高単価案件を狙っている方には向いていません。
ただ、高単価案件がまったくないというわけではないため、こまめにクラウドソーシングサイトの案件を確認しておきましょう。

SNSを活用する

動画編集の仕事を獲得するためには、TwitterやInstagramなどのSNSも活用するのがおすすめです
活用方法としては2種類あり、以下の2つが挙げられます。

・SNS内で動画編集者を探している人を見つけて連絡する

・SNSで積極的に情報発信をして仕事の依頼をしてもらう

前者の方法はSNS内で動画編集者を探すという方法であり、Twitterの場合は「#動画編集者募集」といったハッシュタグで調べることで効率よく仕事を探せます。
一方で後者はSNSで自分を売り出してクライアントに見つけてもらうという方法です。
すぐに効果が現れないことから根気よく情報発信していく必要があるものの、人気になれば多くのクライアントから仕事の相談が来やすくなります。

知り合いから紹介してもらう

昔からの方法として、知り合いからの紹介も挙げられます。
クラウドソーシングサイトやSNSを活用する方法のように誰でもできるものではありませんが、知り合いだからこそ仕事がないか聞きやすいという利点もあります。

特に知り合いがYouTubeを運用している場合や動画関係の会社に働いている場合には、積極的に聞いてみるのがおすすめです。
もしかすると、クラウドソーシングサイトやSNSにはないような高単価の案件がもらえるかもしれません。

動画編集の仕事を獲得するために覚えておくべきこと

上記で紹介したように、動画編集の仕事がないというのはさまざまな方法で解決できます。
しかし、仕事を獲得するためには覚えておくべきこともあります。
仕事を獲得した後でのトラブルを防ぐためにも、ここで紹介する部分も併せてチェックしておきましょう。

フリーランスは待っていても仕事が来ない

フリーランスとして活動する場合、積極的に行動する必要があります。
ただ待っていれば仕事が来るというのはめったにないことであり、そのようなフリーランスはある程度名前が売れているといった特徴があります。
動画編集を始めたばかりの場合は無名であることがほとんどですので、積極的に仕事を獲得していきましょう。

応募した案件に全て通るとは限らない

動画編集を始めたばかりだと、どんな案件に応募してもなかなか通らないこともあるでしょう。
しかし、そこで「自分にはセンスがない……」といったように諦める必要はありません。
応募した案件に全て通らなかったというのは、ある程度経験を積んでいる動画編集者でもありえることです。

ただ、通らなかったことをそのままにするのはもったいないため、なぜ通らなかったのか考えて他の案件に応募する際に活用してみましょう。
失敗を分析することで、成功するためのヒントが見えてくるはずです。

絶対に自分を安売りしてはいけない

初心者の場合はついつい安売りしたくなるかもしれませんが、フリーランスが安売りをすると、労働量と単価が見合わずに大変な思いをします。
だからこそ、自分の持っているスキルに自身を持って応募しましょう。
特にクラウドソーシングサイトは安い案件が多いため、利用する際は注意して応募することが大切です。

常に知識とノウハウをアップデートする

動画編集の世界は、常に情報がアップデートされる世界です。
動画編集者として活躍したいのであれば、日々成長することを目指して取り組む必要があります。
知識やノウハウを常にアップデートしていれば、時代の流れに置いていかれてしまうことを防げます。

知識とノウハウをアップデートする方法として1つ挙げられるのが、YouTubeの運営です。
自分で運営するからこそ自由に好きな動画を制作でき、チャレンジしてみたい編集スキルも実践できます。
その上、自分が制作した動画はサンプル動画として活躍できるため、ポートフォリオがない初心者にもおすすめの方法です。

クライアントに提案をする

動画編集者として活躍するのであれば、クライアントの指示にただ従うだけではなく、自分から提案することも大切です。
「クライアントと一緒に動画を作り上げていく」という考え方のもとで働くことで、クライアントからの印象も良くなります。
結果として、継続的に案件をもらえたり、単価が上がったりなどの効果に繋がりやすくなるのです。

まとめ

 

動画編集の仕事がないのはつらいことですが、営業方法や自分自身のスキルなどを見直すことで仕事を獲得するヒントが見つかる可能生があります。
事実、クラウドソーシングサイトやSNSなど動画編集の仕事を獲得する方法はたくさんあるのです。

だからこそ、仕事がないことで動画編集を諦める必要はありません。
常に知識やノウハウをアップデートしていくことは大切ですが、需要が高まっている現在は数多くのチャンスがあるため、ぜひ積極的に案件を探すようにしてみましょう