動画編集全般

動画編集の仕事は今後どうなる?向いている人と向いていない人の違いは?

動画編集に挑戦したいと考えている方はたくさんいるでしょう。

ただ、

「動画編集って今から始めても稼げるの?」
「動画編集してみたいけど、自分が向いていないような気がして……」

という不安を抱えている方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、動画編集の今後や向いている人・向いていない人の違いを紹介します。
動画編集を始めようか悩んでいる方は、この記事を最後まで読むことで決断できるかもしれません。

動画編集の仕事は今から始めても稼げるの?

「動画編集って今から始めても遅いよね……」と思っている方がいるかもしれませんが、そんなことはありません。
今から始めても稼げる分野であり、興味があるならばぜひ取り組んでみるのがおすすめです。

動画市場は年々成長を見せている

そもそも動画市場は年々成長しており、そのことを示すデータも数多くあります。
例としてGEM Partners株式会社が行った2020年の動画配信(VOD)市場規模推計では、2019年と比べて33.1%も成長したという結果が出ました。

また、サイバーエージェント株式会社が2020年に発表した動画広告の推計および予測の場合、2024年には動画広告の市場が6,856億円になると予測されています。
2020年の2,954億円と比べると大幅な成長であり、今後も動画市場が大いに成長していく可能性があります。

優秀な動画編集者は一握り

動画編集者の数は年々増えていますが、その中でも優秀な動画編集者は一握りです。
だからこそ、今から動画編集を始めた人でも稼げる可能性があります
特に他の動画編集者と差別化を図ることができれば、効率よく稼げるようになるでしょう。

動画編集者に向いている人の特徴とは?

動画編集者として稼ぐことはまだ可能ですが、どんな人でも稼げるわけではありません。
しかし、以下の項目に当てはまる人の場合は動画編集者に向いているため、効果的に稼げる可能性があります。

・地道な作業が好きな人

・相手のことを考えて仕事ができる人

・約束や納期をしっかりと守れる人

・向上心のある人

・動画編集が好きな人

地道な作業が好きな人

動画編集というのは非常に地味な仕事です。
コツコツと作業していく必要がある上に、ちょっとしたミスも見逃せません。
なぜなら、動画というのは気軽に修正できるコンテンツではないからです。

また、編集が荒いと動画の質も落ちてしまい、視聴者に興味を持ってもらえません。
このような理由から、地道な作業が好きな人であれば質の高い動画を制作できると言えるのです。

相手のことを考えて仕事ができる人

動画編集においては、動画のことだけを考えるのではなく、視聴者のことやクライアントのことまで考える必要があります。
しっかりと相手のことを考えて仕事ができる人であれば、細かいところまで気を配れるため、質の高い動画を制作しやすくなります。
また、コミュニケーションを取る際にも重要であり、相手のことを考えて仕事ができれば、良い関係性のままで業務を続けられます。

約束や納期をしっかりと守れる人

どんな仕事にも言えることですが、約束や納期をしっかりと守れるかどうかも動画編集の向き不向きに直結します。
クライアントとしては、どれだけクオリティの高い動画を制作してくれる編集者であったとしても、約束や納期をしっかり守れないと信頼できません。

一方で約束や納期をしっかりと守れる人であれば、クライアントも信頼できるため、今後も継続して仕事をしたいと思ってもらいやすくなります。
当たり前のことながらも意外とできていない人もいるため、動画編集を始めるのであれば、約束や納期をしっかりと守ることを心がけましょう。

向上心のある人

動画編集を始めるのであれば、常にスキルや情報をアップデートしていく必要があります。
そのためには向上心が重要であり、向上心を持っている人であれば貪欲にスキルや情報を求めるため、動画編集として常に成長し続けられます

しかし、向上心がないとスキルや情報をアップデートできなくなってしまうため、時代の流れに置いていかれてしまう可能性が高くなるのです。
そうなると段々と稼げなくなってしまい、最終的には動画編集そのものをやめてしまう恐れがあります。
継続的に動画編集をして稼ぎたいのであれば、日頃から動画編集のスキルや情報などをチェックしておきましょう。

動画編集が好きな人

「好きこそものの上手なれ」ということわざがあるように、動画編集も好きな人ほど向いている仕事です。
好きな人であるほど、動画編集に関するスキルも吸収しやすく、あっという間にハイレベルな動画を制作できるようになるでしょう。

むしろ稼ぎたい目的だけで取り組むと、途中で飽きてやめてしまうかもしれません。
動画編集は集中力も重要な仕事であることから、「好き」という気持ちが非常に大切になるのです。

動画編集者に向いていない人の特徴は?

動画編集は地道な作業が好きな人や相手のことを考えて仕事ができる人などが向いている仕事です。

一方で以下の特徴を持っている人は向いていない可能性があります

・飽きっぽい人

・コミュニケーション能力が低い人

・動画に関心がない人

・責任感がない人

それぞれどのような特徴なのか具体的に見ていきましょう。

飽きっぽい人

別の項目で述べたように、動画編集は集中して地道な作業をしていく必要があります。
その上、ミスがないか何度も動画を確認しなければならないことから、飽きっぽい人だと段々と仕事への熱意が薄れていくかもしれません
そうなると動画編集そのものが荒くなってしまい、クオリティが下がってしまう恐れがあります。

ただし、飽きっぽい人の場合は積極的に新しい編集方法を学んでいくという見方もあるため、一長一短といえるでしょう。

コミュニケーション能力が低い人

動画というのはクライアントと話し合いながら制作していくものです。
そのため、ミュニケーション能力が低い人だとクライアントが納得してくれるような動画が制作できない可能性があります

フリーランスや副業の場合はメッセージのやり取りでコミュニケーションがとれますが、それでもうまく話し合いができないと、質の低い動画となってしまいます。
クライアントと協力しながら制作していくものであるからこそ、気になることやトラブルなどがあった際は積極的に聞きましょう。

動画に関心がない人

「そんなに動画は見ないけど稼げるから始めたい!」という人がいるかもしれませんが、そういう人にはすすめられません。
動画編集というのは動画に関心がある人に向いている仕事です
もともとの関心がない人だと、ただのつらい仕事となってしまう恐れがあります。

責任感がない人

どんな仕事であれ、仕事を引き受ける以上は最後まで責任持って取り組む必要があります。
このことは動画編集にも当てはまることであり、責任感がない人には向いていません。

むしろ、責任感がないまま仕事を引き受けると、クライアントに迷惑をかけてしまう恐れがあります
だからこそ、動画編集の仕事を始めたいのであれば、どんなものであっても責任感を持って取り組みましょう。

まとめ

 

動画編集は現在でも稼げる仕事であり、市場自体も年々上昇傾向です。
そのため、今から動画編集を始めても稼げる可能性が十分あります。

しかし、どんな人でも稼げるわけではありません。
地道な作業が好きな人や向上心のある人であれば動画編集に向いていますが、コミュニケーション能力が低い人や動画に関心がない人だと苦労する恐れがあります。
だからこそ、動画編集に興味がある方は自分の性格も考慮して始めるのがおすすめです