adobe

動画編集スクールMOOCRESにはどんな特徴がある?受講料金が高いって本当?

動画編集スクールに通いたいと考えている方の中には、

「MOOCRESって実際どうなの?」
「MOOCRESの受講料金ってどれくらいなの?」

というような疑問を抱えている方もたくさんいるでしょう。

そこで今回は、動画編集スクール「MOOCRES」の特徴や受講料金などについて紹介します。
「MOOCRES」を利用しようか悩んでいる方や、どのような特徴のあるスクールなのか知りたい方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

動画編集スクールMOOCRESって何?

「MOOCRES」とは、株式会社イケてるやつらが運営する動画編集スクールです。
動画編集だけではなく、動画編集ソフトの操作方法や企画の立て方、撮影実習まで含まれています
そのため、企画から撮影、動画の編集に至るまで全体的なことをできるようになりたい方にはぴったりのスクールと言えるでしょう。

動画編集スクールMOOCRESにはどんな特徴がある?

実践型の動画編集スクール「MOOCRES」には、どのような特徴があるのでしょうか
それぞれ具体的に見ていきましょう。

少人数制で実践的な指導を受けられる

「MOOCRES」は、少人数での授業に強いこだわりを持っています。

人数は最大でも15名までとなり、講師と生徒が対面で学習できる環境を作るべく、オフライン授業をメインとしているのです。
実践的な授業は大手のスクールでは真似できないような内容となっているため、今の時代に合ったスキルを習得できます

一方、オンラインでの授業も行っています。
毎週土曜日か日曜日の19時から21時にオフライン授業を行い、毎週の水曜日か木曜日の20時から22時に「zoom」を用いたオンライン授業を行うという流れです。

「MOOCRES」のカリキュラムとしては、世界的に利用されている動画編集ソフト「Adobe Premiere Pro」の基礎操作や絵コンテの制作、動画制作案件の進め方などです。
また、プロデザイナーや現役の映像ディレクターによる特別授業も設けられています。

東京と大阪に学校がある

「MOOCRES」は、東京と大阪で学べます。
もし「MOOCRES」を受講したいのであれば、自分の家から近いスクールに通うと良いでしょう。
どちらも最寄り駅からそこまで離れておらず、アクセスにも優れています。

東京は渋谷ヒカリエ8階にある「Creative Lounge MOV」で開校されます。
渋谷駅から渋谷ヒカリエは歩いて1分ほどで非常に近い場所で学べるため、東京都出身ではない方でも迷わず行けるでしょう。

一方の大阪は、大阪市中央区備後町3丁目にある中央会計セミナールームで開校されます。
本町駅から歩いて2分ほどであり、デイリーヤマザキが目印となります。

受講期間は1クール5か月

「MOOCRES」の受講期間は1クール5カ月です。
この5か月間で動画クリエイターになるためのマインドアップやテクニックの習得、演習など基礎的なことを学んでいくのです。

1クール5か月と聞いて、

「結構長いな」

と感じた方は多いのではないでしょうか。

しかし、動画編集の勉強を独学で行った場合は、学習に1年~2年以上の期間がかかることもありますので、最短で動画編集スキルを身に着けたいと考えている方に「MOOCRES」が最適と言えます。

映像制作会社と提携している

「MOOCRES」は映像制作会社と連携していることもあり、卒業後に学んだことを生かして仕事を受注することができます。
コミュニティ内での制作案件紹介もあることから、学んだことを活かせず、無駄にしてしまうことはないでしょう。

動画クリエイターとして成長していくためには、実績が大切です。
だからこそ、「MOOCRES」でスキルを学んだ上で積極的に案件を獲得していくようにしましょう
そうすることで、実績もスキルも高まっていき、多くの人に支持される動画クリエイターに近づけるようになります。

動画素材のプレゼントがある

受講者は「MOOCRES」が保管している映像素材を提供してもらえます。

動画編集の練習をするためには、動画素材が欠かせません。
しかし、わざわざ撮影するのは手間がかかってしまいます。
また、カメラの撮影スキルが未熟な方だと思ったような映像が撮影できないかもしれません。

その際、映像素材があるとスムーズに動画編集の練習ができます。動画素材を提供してもらえるのは大きなメリットであり、撮影する手間も省けます

動画編集スクールMOOCRESの受講料金は?

実践的な指導や映像制作会社との連携など、さまざまな魅力がある「MOOCRES」ですが、費用が60万円もします。
これは他のスクールと比べて高額であり、人によっては高すぎると思うかもしれません。

しかし、「MOOCRES」の場合は少人数制であることや手厚い教育体制などの理由から高額になっています。
また、映像制作会社と連携していることから卒業後に案件も獲得できる可能性があり、頑張り次第で負担を減らせるかもしれません。

他のスクールと比べて費用が高額である一方、その分の充実した魅力が詰まっているのが「MOOCRES」です

本気で動画編集スキルを身に着けたいと考えている方は、授業料を「先行投資」と考えてみると良いでしょう。

動画編集スクールMOOCRESはどんな人におすすめ?

ここまで紹介してきた「MOOCRES」ですが、具体的にどのような人におすすめのスクールなのでしょうか。

本気で動画編集に挑戦したい方

「MOOCRES」は高額な費用と手厚い教育体制が魅力ということもあり、本気で動画編集に挑戦したい方向けの動画編集スクールといえるでしょう。
趣味程度で動画編集をしたい方やなんとなくで覚えたい方にはおすすめできません。

・動画編集でお小遣いが稼ぎたい
・動画編集が稼げると聞いたから多少勉強しておこうかな

このように考えている方は、YouTubeやネットを参考にしながら独学で勉強を行った方が良いです。

ただ、先ほども解説したように、「MOOCRES」では実践で使える知識やスキルを徹底的に指導してくれるため、

「動画編集者一本で生活していきたい」
「動画編集者として一人前になりたい」

そう考えている方には最適のスクールと言えるのです。

プロの動画編集者を目指す覚悟がある方は、是非「MOOCRES」を利用してみてください。

会社に依存しない働き方を手に入れたい方

動画編集はここ数年で大きな注目を集めており、フリーランスとして活動する動画クリエイターも数多くいます。
そのため、会社に依存しない働き方を手に入れたい方にとっても実践的なことを学べる「MOOCRES」は魅力的な存在でしょう

「MOOCRES」はオンライン講座見放題で、同志のクリエイターとしてのつながりも生まれます
卒業後でも知識を共有したりアウトプットしたりすることが可能であり、フリーランスになっても学びながら働くことができます。

「会社以外からの収入源を作りたい」
「給料に依存しない生活を手に入れたい」

そう考えている方は、「MOOCRES」に入会してみてください。

まとめ

「MOOCRES」は少人数制で実践的なことを学ぶことができ、150日間で動画クリエイターとしてのスキルを習得できます

わずか5か月で動画編集者に必要なスキルや知識を徹底的に学びつくすことができ、実践的な指導も受けられますので、本気で動画編集者を目指している方は是非利用してみてください。

「利用してみたいけど、費用が若干高いな・・・」

という方は、いきなり申し込みをするのではなく、無料の個別相談会に参加してから判断すると良いでしょう。