動画編集全般

動画編集スクールMOVAにはどんな特徴がある?メリットやデメリットも紹介!

動画編集スクールには様々なものがありますが、自分のペースでじっくりスキルを身につけたいと考えている初心者には、「MOVA」というスクールがおすすめです。

今回は、「MOVA」の基本情報や受講するメリット・デメリットなどを紹介します
「MOVA」を受講してみようか悩んでいる方は、ぜひこの記事を最後まで読んだ上で判断してみましょう。

動画編集スクールMOVAってどんなスクール?

「MOVA」は、株式会社ミライノベが運営している動画編集スクールです。
フリーランスの動画クリエイターを目指すためのスクールとなっており、ただ動画編集のスキルを学ぶだけではなく、フリーランスとして独立するためのスキルも習得できます。

本気で動画クリエイターを目指したいと考えている方は、是非「MOVA」を活用してみてください。

動画編集スクールMOVAを受講するメリットは?

「MOVA」で動画編集を学ぶメリットとしては、主に4つ挙げられます
それぞれどのようなものなのか、1つずつ見ていきましょう。

カリキュラムが豊富

1つ目のメリットはカリキュラムが豊富であることです
「MOVA」では、「BEGINNER」「STANDARD」「EXPERT」という3つのクラスを通じて動画編集から案件の獲得方法まで学んでいきます。

「BEGINNER」クラスは2ヶ月ほどを目安期間としており、動画編集ソフトの基本的な利用方法や動画制作において欠かせない基礎知識などを学びます
更に、PVやセルフブランディングムービーも制作しますので、実践的な学習を行いたいと考えている方には最適と言えるでしょう。

次の「STANDARD」クラスは、6ヶ月間の目安期間で「BEGINNER」で学んだスキルの応用やポートフォリオの制作などに取り組みます
ポートフォリオは非常に大切なものであり、動画クリエイターの履歴書となるものですので、学んでおいて損はありません。

最後の「EXPERT」クラスになると、現役クリエイターのアシスタントとして実際の企業から引き受けた案件に携わります
目安期間は4ヶ月で、アシスタントを経た上で企画から納品まですべて自分が担当します。
より実践に近い形で学習を行いたい方や、卒業後すぐに動画制作業界に転職をしたいと考えている方には最適と言えるでしょう。

案件の獲得方法も学べる

2つ目のメリットは案件の獲得方法が学べることです
動画編集スクールと聞くと動画編集のことしか学べないようなイメージがあるかもしれません。
しかし、「MOVA」は別の項目でも触れているように、動画編集以外に案件の獲得方法も学べます。

フリーランスの動画クリエイターとして活動していくためには、案件の獲得といった営業力が大切です。
どれだけ凄いスキルを持っていても、営業力がなければ案件がもらえないままです。

スクール卒業後、すぐに案件を獲得するためにも、「MOVA」で実践的な営業方法について勉強しておきましょう。

パーソナルサポーターがつく

3つ目のメリットはパーソナルサポーターの存在です
「MOVA」にはパーソナルサポーターがいます。
毎週の進捗状況や受講者が抱える悩みの解決などをしてくれるため、受講途中で不安なことがあっても問題なく続けられます。

また、わからないことがあった際はオンライン上で講師にいつでも質問することが可能です
講師は全員第一線で活躍する動画クリエイターであり、現役のプロならではの解答をしてくれるでしょう。

場合によっては、仲間に相談するのも良いでしょう。
「MOVA」は各授業20名の少人数クラスで実際に授業を受けながら学んでいきます。
その際に知り合った仲間に相談することで、悩みが解決されるかもしれません。

未経験でもプロが目指せる

4つ目のメリットは、未経験者でもプロが目指せることです

動画編集は一見すると難しいように見えてしまうことから、

「未経験なんだけど大丈夫かな・・・」

と不安になってしまう方もいるでしょう。

しかし、「MOVA」は未経験者でもプロが目指せるように設計されているため、初めて動画編集を始める方でも問題ありません

「MOVA」の受講期間は1年間となっていますので、中には「長いな」と感じる方もいるでしょう。
しかし、未経験者が独学で学習を行った場合、スキルの習得に1年以上の期間がかかることも珍しくありませんので、効率的に学習したいと考えている方は「MOVA」を活用してみましょう。

動画編集スクールMOVAのデメリットは?

カリキュラムが豊富であることや未経験者でもプロが目指せることなど、「MOVA」にはさまざまなメリットがあります。
しかし、デメリットも存在するため注意が必要です。

きちんと調べずに参加すると、自分に合わず後悔するかもしれません。

オフライン講義が渋谷で行われる

「MOVA」は、オンラインとオフライン双方の授業があります。
その中でも注意すべきものがオフライン講義です。
「MOVA」のオフライン講義は、渋谷で行われます。首都圏エリアに住んでいる方ならそこまで問題ありませんが、地方在住の方は厳しいでしょう

動画編集スクールのオフライン講義は、どうしても首都圏エリアで開催されることが多いという現状があります。
ただし、なかには大阪や福岡といった首都圏以外の場所で開催されるスクールも存在します
もし地方に住んでいるのであれば、自分の都市で行われている動画編集スクールがないか調べてみましょう。

転職サポートがない

「MOVA」は、フリーランスの動画クリエイターになりたい方向けの動画編集スクールです。
そのため、動画編集スキルを活用して転職したい方には向いていません
動画編集のスキルは「MOVA」でも学べるとはいえ、目指している先が違うからこそ途中で自分に合わないと挫折してしまう可能性が高くなります。

もし転職目的で動画編集のスキルを得たいのであれば、そのようなサポートをしているところを探してみましょう
事実、動画編集スクールの中には転職目的や副業目的の方向けに開校しているところもあります。

動画編集スクールMOVAの料金は?

「MOVA」の料金は税込み66万円です
少し高く感じてしまうかもしれませんが、動画編集スキルを習得した後に得られるメリットを考えると、妥当な金額と言えます。

独学で学習を行えば、この66万円を浮かせることができるのですが、その分学習スピードが落ち、学習の制度も落ちてしまうでしょう。

いち早くスキルや知識を身に着けたいと考えている方にとってこの受講料は、「先行投資」とも言えます。

また、一括払いだけではなく、分割払いにも対応していますので、無理のない範囲で学習を進めていくことができます。

ただし、分割払いの場合は手数料が発生します
12回なら7%、24回なら16%が発生してきますので、事前に確認しておいてください。

まとめ

「MOVA」は、フリーランスの動画クリエイターとして活躍したい方にぴったりな動画編集スクールです
また、実践的なスキルの習得にも力を入れているため、動画編集案件の獲得方法といったことまで学べます。
転職したい方には向いていませんが、会社に依存しないライフスタイルに憧れている方やフリーランスになりたい方には理想的なスクールではないでしょうか。

なお、「MOVA」の具体的な内容は個別の説明会で聞いてみましょう
動画クリエイターの仕事内容や学習前に知っておくべきポイントなどを無料で教えてくれます。