After Effects

After Effectsで音声に合わせて素材を動かす方法

After Effectsで音声に合わせて素材を動かす方法

みなさんこんにちは運営のAdobe神(@taipei_freedom)です!

過去のたいペー
過去のたいペー
After Effectsで音声に合わせてキャラクターの口を動かすようなアニメーションの方法を教えて!

今回はこのようなお悩みにお答えしていきます。

具体的には下記のように音声に合わせて口が動くようなアニメーションを作っていきます。

after effects 声に合わせて素材をうごかす

※gif動画なので音声はありませんが実際は音声に合わせて動いています。

この記事の内容

音声に合わせて素材を動かす方法

音声付きのこちらの動画は下記の動画で見ることができます。

また、文字よりも動画で学びたいという方も同じく下記の動画を参考にしていただければなと思います!

音声に合わせて素材を動かす方法

音声に合わせて素材を動かしていく方法は下記の5つの手順でやっていきます。

①動かしたい素材をイラストレーターでレイヤー分けする
②レイヤー分けした状態でAfter Effectsで読み込む
③音声データをキーフレームに変換
④動きを音声キーフレームに紐付けする
⑤アンカーポイントで高さを調整

まずは前提として動かしたい素材をイラストレーター

動かす素材をIllustratorでレイヤー分けする

After Effectsで音声に合わせて素材を動かす方法

まずは動かしたい部分をレイヤー分けしていきます。

今回は上の画像の四角に囲った部分のみを上下に動かして、いかにもカバが話しているような映像を作っていきます。

そのため鼻や上の歯のみが集まった「レイヤー2」を作りました。

レイヤーの作りかたがわからない方は下記の記事を参考にしてみてください。

イラストレーター レイヤー分け
Illustrator(イラストレーター)でレイヤー分けする方法みなさんこんにちは、運営のAdobe神(@taipei_freedom)です! 今回はこのようなお悩みにお答えしていきます...
adobe神
adobe神
ちなみに今回のカバのAi素材は「FLAT ICON DESIGN」というサイトで手に入れることができるので実際に同じように作ってみるのじゃ!

レイヤー分けした状態でAfter Effectsで読みこむ

After Effectsで音声に合わせて素材を動かす方法

次に先ほどレイヤー分けしたカバの素材をAfter Effetsで読み込んでいきます。

この時に注意しておきたいのが

読み込みの種類:コンポジション-レイヤーサイズを維持

を選択して読み込むということです。

こうすることでAiデータをレイヤー分けした状態で読み込むことができます。

aftereffects Aiデータをレイヤー毎に読み込む方法
After Effectsでイラストレーターのデータを読み込む方法みなさんこんにちは運営のAdobe神(@taipei_freedom)です! 今回はこのようなお悩みにお答えしていきます!...

音声データをキーフレームに変換

ここでは下記の2点のことをおこなってください。

・音声データを読み込む
・キーフレームに変換する

まずは音声データを読み込みましょう。

音声データを直接ドラッグ&ドロップするかもしくは「command(ctrl)+I」で音声データを読み込むことができます。

adobe神
adobe神
ちなみにYoutube内にある私の音声はiPhoneのボイスメモでとっておるぞ
After Effectsで音声に合わせて素材を動かす方法

それが済んだら次に音声データをキーフレームに変換していきます。

音声データを選択した状態で「アニメーション→キーフレーム補助→オーディオをキーフレームに変換」を選択します。

After Effectsで音声に合わせて素材を動かす方法

こうすることで音声データにキーフレームが打たれた状態のものが出来上がりました。

動きを音声キーフレームに紐付けする

次に動きを音声データに合わせていきます。

ここでやることは次の2つです。

・トランジションの「位置」をX位置、Y位置に分割
・「エクスプレッションを追加」して音声キーフレームに紐付ける
After Effectsで音声に合わせて素材を動かす方法

まずは動かしたいレイヤーの「位置」をX軸とY軸に分割します。

動かしたいレイヤーの「トランジション→位置」を選択した状態で右クリックします。

そこで「次元を分割」を選択することでX軸とY軸を別々に分けることができます。

After Effectsで音声に合わせて素材を動かす方法

次に先ほど分割した「Y位置」を選択した状態で「アニメーション→エクスプレションを追加」を選択します。

adobe神
adobe神
この時に音声に合わせて動かしたいアニメーションを選択するのじゃ。
今回は選択したレイヤーを上下させたいので「Y位置」を選択したのじゃ。
adobeマン
adobeマン
例えば音声に合わせて素材を大きくしたり小さくしたかったら「スケール」を選択すればいいね!
After Effectsで音声に合わせて素材を動かす方法

すると上の画像のようなものが出てきます。

adobe神
adobe神
難しそうに見えるかもじゃが特にきにすることはないぞ!
After Effectsで音声に合わせて素材を動かす方法

次に先ほどキーフレーム化した「オーディオ振幅」の中の「両方のチャンネル→スライダー」というのを開いてください。

After Effectsで音声に合わせて素材を動かす方法

先ほどエクスプレッションを追加したアニメーション名の横に渦巻きのマークがあると思いうので、上記画像のように先ほどの「両方のチャンネル→スライダー」までドラッグ&ドロップします。

After Effectsで音声に合わせて素材を動かす方法

すると先ほど先ほどのエクスプレションを追加した際に出てきた上記画像の部分の記述が変わります。

変更されたことを確認したら記述の最後に「+動かしたい幅の数値」を追加してください。

adobe神
adobe神
動かしたい幅の数値のところは状況によって適切値が異なるので実際に数値を入れてみて確認してみてください。
After Effectsで音声に合わせて素材を動かす方法

アンカーポイントで高さを調整

このままではカバのあごが外れたような状態になっているので最後に高さを調整してあげる必要があります。

After Effectsで音声に合わせて素材を動かす方法

いつもは「位置」で高さを」調整するかと思いますが、今回は「Y位置」を使用しているのでアンカーポイントで高さを調整してあげてください。

まとめ

After Effectsで音声に合わせて素材を動かす方法は下記の通り。

①動かしたい素材をイラストレーターでレイヤー分けする
②レイヤー分けした状態でAfter Effectsで読み込む
③音声データをキーフレームに変換
④動きを音声キーフレームに紐付けする
⑤アンカーポイントで高さを調整
ABOUT ME
アドビ神
自身がadobeのスキルを取得するのに苦労したためこのサイトの作成を決意。 読者の皆様のadobe学習の効率化を目指します。