adobe

After EffectsとPremiere Proの違い【目的によって選択すべき】

みなさんこんにちは運営のAdobe神(@taipei_freedom)です!

過去のたいペー
過去のたいペー
初心者はAfter EffectsとPremiere Proのどちらから勉強したらいいの?違いを教えて!

今回はこのようなお悩みにお答えしていきます!

それぞれのソフトに得意な作業があるのでそれを理解して効率的に動画編集を行なっていきましょう!

この記事の内容

After EffectsとPremiere Proの違い

自分の目的に合わせて先に学習する方を選びましょう。

After EffectsとPremiere Proの違い

結論から先に言うと

・After Effects→アニメーションやイラストレーターで作ったイラストを動かす。
・Premiere Pro→素材をつなげて一本の動画にする

です!

さらに細かく違いを解説していくので今後自分が目指したい方から勉強することをおすすめします。

After Effectsが得意なこと

After Effectsが得意なこと

After Effectsが得意なことは下記の通り

・モーショングラフィックス
・アニメーション
・3D映像
・最長でも5分までの映像制作
・イラストレーターのデータを動かす
・大量の素材を重ねるような編集

After Effectsが得意なのはCGやアニメーションなど凝った短編の映像を編集することです。

複雑なアニメーションになればなるほどAfter Effectsの方が得意です。

今後アニメーション動画などを作りたい方は先にAfter Effectsを学ぶと良いでしょう。

下記のようなモーショングラフィックス動画を作りたい人はAfter Effectsを勉強しましょう。

Premiere Proが得意なこと

Premiere Proが得意なこと

一方でPremiere Proが得意なことは下記の通り

・長時間の動画制作
・テロップ入れ
・YouTube動画
・vlog

Premiere Proは長時間の動画作成に適しています。

After effectsで作った短いアニメーション動画などをつなげて視聴者が見ていて面白いと感じる1本の動画にするのがPremiere Proの役割です。

どこまでのクオリティの動画を作りたいかにもよりますが、基礎的なYouTube動画であればPremiere Proのみで事足ります。

なのでYouTube動画などをこれから作っていきたいという方はまずはPremiere Proを勉強すべきです。

また下記のようなvlogもPremiere Proが得意とする内容です。

YouTube動画に挑戦したい方は下記の記事を参考にしてみてください!

初心者が最低限覚えるべきPremiere Proを使ってのYoutube動画編集の方法をまとめました。

PremiereProを使ってYouTube編集のするための全て【素材サイトから編集順まで!】みなさんこんにちは運営のAdobe神(@taipei_freedom)です。 今回はこのようなお悩みを解決していきます。 ...
adobe神
adobe神
オープニング、エンディング映像のような凝ったものはAfter Effectsで作成する必要があるぞ!

まとめ

どちらがどのような動画に適しているかはわかったでしょうか?

どんな動画を作っていくかにもよりますが両方使えておいて悪いことはありません。

と言うのも動画編集には
・アニメーションなどの細かい編集をしていくスキル
・それを長くつなぎ合わせて一本の動画にしていくスキル
という2つのスキルがあることでさらに動画のクオリティをあげることができるからです。

その場その場によって編集ソフトを使い分けて一本の素晴らしい動画を作りあげてください!

After Effects→CGやアニメーション
Premiere Pro→素材をつなげて一本の動画にする
ABOUT ME
アドビ神
自身がadobeのスキルを取得するのに苦労したためこのサイトの作成を決意。 読者の皆様のadobe学習の効率化を目指します。