After Effects

After Effectsで使えるショートカットキー

After Effectsで使えるショートカットキー

みなさんこんにちは運営のAdobe神(@taipei_freedom)です!

過去のたいペー
過去のたいペー
After Effectsで使えるショートカットキーを教えて!

今回はこのようなお悩みに答えていきます

この記事の内容

・AfterEffectsで頻出のショートカットキー
・独自ショートカットキーの設定方法

adobe神
adobe神
ショートカットキーが使えるか否かで少なくとも1.5倍は作業スピードが変わるぞ!

After Effectsでよく使うショートカットキー

レイヤーに対するショートカットキー

レイヤーレイヤーを選択した状態で下記のショートカットキーを使うとそれぞれに対応した効果のみをレイヤー下に表示することができます。

ショートカットキー 表示できる効果
A アンカーポイント(Anker Point)
P 位置(Position)
S スケール(Scale)R:回転(Rotate)
T 不透明度(Transparency)
U キーフレームが打たれているところだけ表示

カットの際のショートカットキー

再生コントロールをカットを入れたい場所まで持ってきた状態で下記のショートカットキーを使います。

ショートカットキー 効果
alt+『]』 再生コントロール以前の部分のみ残す
alt+『]』 再生コントロール以後の部分のみ残す
command(ctrl)+shift+D 別レイヤーに分割

その他

command(ctrl)+shift+Y:平面レイヤーの色を変える

平面レイヤーの選択

平面レイヤーを選択した状態で「command(ctrl)+shift+Y」を押します。すると下記のようなタブが開きます。

そこでカラーやその他情報を変更することができます。

B:ワークエリアのインの指定

イン/アウト

上記画像のようにワークエリアの位置をショートカットで決めることができます。

再生コントロールをワークエリアに指定したいところに合わせてから「B」を押してください。

ワークエリア:作業をしていくエリア。
書き出しの際にもワークエリア内だけが書き出される
adobe神
adobe神
他にもワークエリア内で再生するとずっと繰り返されるので動作確認に便利じゃ!

N:ワークエリアのアウトの指定

先ほどの「B:ワークエリアのインの指定」と同じ要領です。

After Effectsで独自のショートカットキーを設定する方法

After Effectsでは独自のショートカットキーを作成することができます。

自分がよく使う操作は一番自分が使いやすいキーに設定することでより作業の効率化を測ることができます。

キーボードショートカットを開く

キーボードショートカット

「編集」→「キーボードショートカット」でショートカットキーの設定画面を開きます。

ショートカットを設定したいキーを選択

設定したいショートカットキーを選択

ショートカットを設定したいキーを選択。

検索のところで設定したい項目を検索


先ほど選択したキーに追加したいコマンドを検索します。

今回は『「デフォルトを保存された…』というやつを追加したいと思います。

ドラッグアンドドロップ

ドラッグアンドドロップ
ドラッグアンドドロップで好きなところに追加します。

「最初に選んだキー+装飾子」でそのショートカットが使えるようになります。

adobe神
adobe神
「なし」の場合は最初に選んだキーのみでショートカットじゃ

保存

保存します。これで独自ショートカットキーの完成です。

まとめ

・今後動画編集をしていくならショートカットキーは覚えるべし!
・場合によっては独自ショートカットキーを設定すべし!

作業の効率化を目指して少しでも多く作品を作っていきましょう!

ABOUT ME
アドビ神
自身がadobeのスキルを取得するのに苦労したためこのサイトの作成を決意。 読者の皆様のadobe学習の効率化を目指します。