動画編集全般

BYNDの一眼シューティングキャンプに参加してみた感想/レビュー

BYNDの一眼シューティングキャンプに参加してみた感想/レビュー

みなさんこんにちは運営のAdobe神(@adobeshin)です!

adobe神
adobe神
BYNDの一眼シューティングキャンプに通うかどうか迷ってるんだけどどうじゃろか?

今回の記事ではこのようなお悩みに

過去のたいペー
過去のたいペー
実際にBYNDの一眼シューティングに参加した僕が!

お答えしていきます!

この記事の内容
  • BYNDとはどんなスクール?
  • BYND一眼シューティングキャンプで学べること
  • 実際の制作実績
この記事のまとめ

BYND一眼シューティングキャンプはこんな人におすすめ!

  • これから動画を始めたい!
  • 全く動画の知識がない!
  • カメラの知識はあるけど動画でも一緒なのかな…と不安な人
  • 今まで感覚で動画撮影をしてきた人
過去のたいペー
過去のたいペー
実際に僕はこの講座に通うまでほとんど動画に関する知識はなかったけど初心者でもわかりやすく丁寧に解説してくれたよ!

動画とモーショングラフィックスの学校「BYND」とは?

スクール名 BYND
学べる場所 東京、神宮、青山、オンライン(一眼シューティングキャンプは不可)
学べる内容 After Effects、Premiere Proを使った動画、アニメーション、モーショングラフィック
値段 税込48,400円〜
公式ページ https://hlywd.co.jp/bynd/

講座の種類としては以下のような講座があります。

講座や開催時期によって場所は変わるのですが、今回の一眼シューティングキャンプはBYND神宮にて行われました。

bynd神宮

※会場の様子

今回の記事ではこの「BYND」の講座の中の一眼シューティングキャンプ(全9時間)について、実際に参加した私が感想を書いていきたいと思います。

「BYND」の一眼シューティングキャンプとは?何が学べる?

受講場所 東京、神宮、青山のどこか(オフラインはなし)
学べる内容 デジタル一眼カメラの仕組みや機能。設定方法。被写体ごとの撮影方法。
料金 44,000円(税込48,400円)

「BYND」一眼シューティングキャンプは一眼動画(またはそれに匹敵するカメラ)での撮影方法を学ぶことができる講座です。

被写体ごとに撮影手法を学ぶことができます。

それではここからは実際にBYNDの一眼シューティングキャンプで学べることを解説していきます。

カリキュラムとしては以下の通りです。

BYND 一眼シューティングキャンプ カリキュラム

公式ページより抜粋

上記の内容を合計約9時間(2日間)で学ぶことができます。

過去のたいペー
過去のたいペー
僕は今まで動画撮影の知識は全くなかったけど、1から丁寧に教えてくれたよ!!
adobe神
adobe神
学べる量としても結構盛り沢山じゃな!
過去のたいペー
過去のたいペー
実践型の授業なので学んだことをすぐにアウトプットできて着実に力が身につくよ!

「BYND」の一眼シューティングキャンプでの実際の作品を学んだことと共に紹介

基本的に作品はお手本の動画があり、そこになるべく近づける形で撮っていきます。

構図/明るさ/シャッタースピード/ホワイトバランスなどを意識しながら自分の理想の動画を真似して撮る練習をします。

風景/F値とセンサーを意識した風景撮影

過去のたいペー
過去のたいペー
なんだただの固定動画じゃん!と思う人もいるかもしれませんが実は考えるべきことがたくさんなんです涙
ここで学んだこと
  • F値による明るさの違い
  • シャッタースピードによる明るさの違い
  • 焦点距離によるボケ感
  • 基礎知識を頭に入れた上で実際にカメラを触ってみる
  • 手振れさせずに動画をとることの難しさ

まず、最初の授業で座学をしてその基礎知識を元に実際にカメラを触って使ってみるのがここでの撮影になります。

こちらは三脚を使ってカメラを固定した状態で撮影するのですが、それでも考えることはたくさん。

撮影した時には完璧にできたと思っていたことでも撮影後に大きなスクリーンで見返すと全然できてなかったりして驚きましたw

例)大きな画面で見ると微かに手振れしていた。建物にピントがしっかりあっていなかった。

過去のたいペー
過去のたいペー
でも自分の動画のどこがダメかをわかるようになったのは大きいよ!今後修正することができる
adobe神
adobe神
そもそも動画のどこに注意して撮影すべきかを知らんとどこがダメかなんかわからんからのぉ!

これは決して独学ではすぐには得ることができなかった観点だと思います。

人物/構図や面取りを意識した撮影

ここで学んだこと
  • 3分割構図
  • 面撮りを意識した撮影
  • 動く物を撮影する際に焦点距離を固定する難しさ
  • 背景を抜いてぼかす

ここで実際に作成した動画は私以外の他の方を撮影しているのでここにはアップできませんが人物の動画を撮ることの難しさを思い知りました。

人がカメラ外から中に入ってきて3分割構図の中に入って振り返るというだけの動画です。

しかし、「ポジション取り」「どこの位置で振り返ってもらうか」「動画の最後に3分割の線上に立ってもらう」…などなど考えることが多すぎました。

水/シャッタースピードを制御した動体撮影

ここで学んだこと
  • シャッタスピードによる動画の映り方の違い
  • 焦点距離の合わせ方

こちらはF値4,000で撮影した動画になります。

このくらいの数値にすると水の動きが結構はっきりと見えるのがよくわかるかと思います。

動画を撮った後は大きなスクリーンで動画を見ながらみんなの前で先生に講評してもらうのですが

  • 動画の最後の方に反射で私が映る
  • 少し傾いてる
  • 焦点距離が思ったところに当たってない

などなど撮影するときには気づかない点がたくさんありました。

1日目はここで終了です。

スローモーション

こちらはスローモーション動画になります。

注意点としては以下の通り。

  • フレームレートについての理解
  • ピント合わせ(この動画はボケちゃってますが…汗)
過去のたいペー
過去のたいペー
スローを覚えたことで動画の表現にも幅を持たせることがで来たよ!!

いかにブレずに撮影できるか:パン撮影

こちらは三脚を用いてのパン(横にカメラを振る動作)の練習になります。

最後に三点構図の場所に物体がくるようにぴったりと止めるのが難しいです。

ここでの撮影のポイントとしては

  • 息を止めてなるべく身体の振動を伝えないようにする
  • カメラの最終地点に身体や手の位置を合わせておき、開始点では少し不自然な体勢から撮影を始める
  • とにかく最後にカメラをピタッと止める
  • パンするスピード感の調整

といったところに注意をして撮影をしようとのことでした。

過去のたいペー
過去のたいペー
実際の動画を見ていただけるとわかりますが、最後にピタッと止めるのが難しい!!

ホワイトバランスの整え方

こちらはホワイトバランスを調整するための練習をしました。

ここでの撮影のポイントとしては

  • ホワイトバランスを目で見たものと同じようにする
過去のたいペー
過去のたいペー
どのようにホワイトバランスを整えるのかを学びました!

最終ワーク:今まで習ったことのまとめ

ここでは最終ワークということで自分が撮ってみたい動画を撮ります。

adobe神
adobe神
過去に習ったことを思う存分発揮するのじゃ!

ここでは

  • 縦パン
  • 構図
  • 焦点合わせ

を意識して撮影しました。

「BYND」の一眼シューティングキャンプはこんな人におすすめ!注意点は?

「BYNDの一眼シューティングキャンプは以下のような方におすすめです!

  • これから動画を始めたい!
  • 全く動画の知識がない!
  • カメラの知識はあるけど動画でも一緒なのかな…と不安な人
  • 今まで感覚で動画撮影をしてきた人

「BYND」の一眼シューティングキャンプを受ける際の注意点

  • 一眼カメラ/ミラーレスカメラ(それに相当する動画が撮れる機種)が必要。
  • オンラインでの講座はなし。東京にて講座を受けれる人のみの講座です。
  • 初心者〜中級者向けの講座なのですでに動画の知識がある人は必要ないかも?
過去のたいペー
過去のたいペー
とはいえ、動画の基礎的な部分の知識や考え方を現役のプロから学べるので、すでに動画をやってる人でも自分で基礎が抜けてそうだと不安な人にはおすすめ!

 

「BYND」の一眼シューティングキャンプに関するQ&A

一眼シューティングを受ける人は他の講座も受けた方がいいの?

本当に動画の撮影方法のみを知りたい人はこの講座だけでも十分ためになると思います!
その他の講座は編集方法まで知りたい人におすすめです。

この講座は初心者向け?中級者向け?

個人的にはどちらの人にもためになる講座だと思います!
意外と中級者の人でも基礎の部分が抜けている人もいるので、しっかりとプロの元で基礎から学びたい人にはおすすめです!

ABOUT ME
アドビ神
自身がadobeのスキルを取得するのに苦労したためこのサイトの作成を決意。 読者の皆様のadobe学習の効率化を目指します。