YouTube

YouTubeの動画編集を外注する方法を解説【相場は?個人に頼む?企業?】

YouTubeの動画編集を外注する方法を解説【相場は?個人に頼む?企業?】

みなさんこんにちは運営のAdobe神(@adobeshin)です!

過去のたいペー
過去のたいペー
動画編集を外注したいんだけどどうやって外注すればいいかな?

今回はこのようなお悩みに

adobe神
adobe神
YouTube動画の受注/発注両方経験したことがあるワシが!

お答えしていきます。

この記事の内容

・YouTube動画編集を外注する方法
・YouTube動画編集をどこで外注すべきか
・YouTube動画編集の相場
・YouTube動画編集を外注する際の注意点

YouTube動画編集はどこで外注すべきか

そもそもYouTube動画を外注する先はどのような物があるのでしょうか?主に以下の3つの外注先があります。

①SNSで個人で動画編集をやってる人を探す
②クラウドソーシングで動画編集をしてくれる人を探す
③YouTube動画編集を行ってる企業を探す

クラウドソーシングで動画編集をしてくれる人を探す

クラウドソーシングで動画編集をしてくれる人を探す
価格 3,000〜8,000円(10分以内の動画)
クオリティ ピンキリ

以下のようなクラウドソーシングサイトで編集者を探すことができます。

クラウドソーシングサイトは編集者側としては価格競争が起きているので安い募集だと3,000円とかから発注してます。

クラウドソーシングで動画編集をしてくれる人を探す

いい編集者を探すためには以下の点に気をつけてみてください。

・提案文にポートフォリオがあるか/クオリティは高いか
・過去の実績(クラウドソーシングサイト内での)
・コミュニケーションコストがかからないかどうか

いい編集者を見つける確率をあげるには以下の2つのサイトの両方ともに編集者募集を出してみましょう。

SNS経由で個人で動画編集をやってる人を探す

価格 5,000〜10,000円ほど(10分以内の動画)
クオリティ ピンキリ

TwitterやFacebookなどのSNSで編集してくれる人を探すことができます。

過去のたいペー
過去のたいペー
でも僕、フォロワーに動画編集者なんていないよ!

フォロワーに編集者がいなくても大丈夫です。

編集者は「動画編集 募集」などのキーワードで検索をかけてるのでフォロワーにいなくても自分で検索してあなたのツイートを探し出してくれます。

adobe神
adobe神
逆にいうと編集者が探しやすいような投稿をすることが重要です。(タグ付けなども)

相場はクラウドソーシングほど価格競争が激しくないので多少高めになりますが、それでも10分以内の動画であれば5,000〜10,000円/本ほどです。

クオリティに関しては正直ピンキリです。

いい編集者を探すためには以下の点に気をつけてみてください。

・ポートフォリオがあるか/クオリティはある程度いいか
・普段のツイートの内容
・フォロワー数(直接的には関係ないですが、多いと変な行為はできないので後々安心です)
・コミュニケーションコストがかからないかどうか
adobe神
adobe神
個人的には現段階のポートフォリオの質よりもコミュニティコストがかかるかどうかを重視すべきだと思うぞ!
過去のたいペー
過去のたいペー
動画のクオリティは努力次第で上がるけど、人間性は変わらないもんね…

YouTube動画編集を行ってる企業を探す

価格 6,250〜30,000円
クオリティ 総じて高い

他の2つに比べてやはり値ははりますが、ある程度予算があってしっかりとしたクオリティを求めるなら企業に依頼するのが1番です。

動画SEOの知識なども豊富なので成果が出るのも個人に任せるより早い場合が多いです。

YouTubeの動画編集を企業に依頼する際には以下の点に気をつけましょう。

①価格
②実績
③YouTube編集用のパッケージがあるかどうか

それらを踏まえた上でおすすめできるのは以下の企業です。

企業への依頼について発注の際の注意や企業ごとの特徴などの詳細は以下の記事にて書いているのでぜひご覧ください。
https://adobeshin.com/movieedit-companies/

YouTube動画編集の相場

YouTube動画編集の相場

10分ほどのYouTube動画編集の外注は個人と企業で相場感が異なります。

個人の場合

3,000〜10,000円が相場です。

企業の場合

6,250〜30,000円が相場です。

ただ6,250円というのはかなり破格な例で実際は15,000円〜が一般的です。

YouTube動画編集を外注する際の注意点

YouTube動画編集を外注する際の注意点
adobe神
adobe神
動画編集を発注際にはどんなことに気をつけるべき?

動画編集を発注する際にも注意点があります。

・なるべく最初は低コストで
・渡すデータはなるべく短く(カットできる場合はした方がいい)
・できれば実際に自分でも編集をしてみる

なるべく最初は低コストで

どんな動画が伸びるかというのは出してみなければわかりません。

またチャンネルのコンセプトなどによってもチャンネルの伸びは変化します。

そして、どんな動画、チャンネルのコンセプトが伸びるかは実際に動画を出してみるまでわかりません。

そのどんな動画が受けるかわからない時期に多額の費用をかけて動画を出してしまうのは正直もったいないです。

ある程度チャンネルの方向性が定まった状態で外注する方がコストパフォーマンスはいいです。

adobe神
adobe神
ただし予算にある程度余裕があるのであれば最初から企業や実績のある個人にコンサルも含めてお願いするのはありじゃ!
過去のたいペー
過去のたいペー
その方が成果は早く出そうだね!

渡すデータはなるべく短く(できる場合はカットも)

以下のような理由から渡す動画データはなるべく短くカットした状態で送った方がいいです。

・値段が変わることがある
・無駄なシーンを先に削っておくと編集者との認識の相違がなくなる
・編集者側としてはありがたい

人、企業にもよって異なりますが素材データの長さによってプランが変わるという方式をとっていることがあります。

この辺は最初に確認しておくべきですが、その場合、カット編集は自分で済ませた状態で編集者にデータを渡す方が安い値段で編集をお願いできます。

また、動画の中で使いたいシーンを自分で選ぶことができるので編集者との認識の相違が出なくなるのでおすすめです。

adobe神
adobe神
編集者としても編集の手間が少し省けるのでありがたいぞ!

できれば実際に自分でも編集をしてみる

これは時間に余裕があればでいいですが、できれば最初のうちだけでも自分で編集をしてみることをおすすめします。

・工数の感覚がわかる
┗編集者に無理なお願いをしなくなる
┗不当な請求かどうかがわかる

このような理由から相手との関係を良好に保つためにも、自分の身を守るという意味でも自分で編集を経験してみることをおすすめします。

理想としては

①自分で動画を作る(動画の型を作る)
②同じことの繰り返しなのでその時間を排除するために外注をする

この流れができると1番いいです。

これであれば費用の面でも安く済ませることができます。

YouTube動画編集を外注のまとめ

YouTube動画編集を学ぶ方法は以下の3つ。

①SNSで個人で動画編集をやってる人を探す
②クラウドソーシングで動画編集をしてくれる人を探す
③YouTube動画編集を行ってる企業を探す

外注するときの注意は

・なるべく最初は低コストで
・渡すデータはなるべく短く(カットできる場合はした方がいい)
・できれば実際に自分でも編集をしてみる

Q&A

個人と企業に外注するのどっちがおすすめですか?

予算によります。多く予算があるのであれば企業の方が実績があるので成果も早く出ます。

企業の中ではどこがおすすめですか?

see go!という会社さんです。企業でもあるに関わらずかなりの低価格で外注できます。

SNSとクラウドソーシングはどちらがおすすめですか?

SNSです。
SNSの方が普段のツイートなどもみれて人間性が出るのでミスマッチを防ぐことができます。

ABOUT ME
アドビ神
自身がadobeのスキルを取得するのに苦労したためこのサイトの作成を決意。 読者の皆様のadobe学習の効率化を目指します。