動画編集全般

【2020年版】動画編集をする上で買ってよかった商品6選!【まだ買ってないのは損!】

みなさんこんにちは運営のAdobe神(@adobeshin)です!

過去のたいペー
過去のたいペー
動画編集を快適にしてくれるおすすめアイテムって何?

今回はこのようなお悩みにお答えしていきます!

この記事の内容

動画編集をする上で買ってよかったもの

動画編集する上で買ってよかった商品ランキング

動画編集をする上で買ってよかった商品は以下の通りです。

・Macbook Pro
・SanDisk外付けSSD
・MotionElements
・Udemy
・GoPro
・MAJXTAND

それぞれなぜ買ってよかったかを解説します。

1位:MacBook Pro

1位:MacBook Pro

まずはこちら。Macbook Proです。

過去のたいペー
過去のたいペー
動画編集をする上でPCを買うのは当たり前でしょ?

ここでおすすめしたいのは「Macbook Pro」だということです。

なぜ「Macbook Pro」がいいかというと以下の通り。

・動作が早い
・仕事が取りやすい
・売る時に高くで売れる(結果安くで使える)

動作が早い

私はMacbook Proを使う前は12インチのMacbookを使ってたのですが、Macbook Proに購入し直してよかったです。

何より書き出し時間が大幅に短縮されたのが大きかったです。

ちなみにスペックは以下のように変更しています。

・メモリ(RAW):8GB→16GB
・CPU:m3→Core i7
・ストレージ:256GB→512GB

過去のたいペー
過去のたいペー
でもスペックのいいPCならWinのPCの方が安いからよくない?

仕事が取りやすい

WinのPCでももちろんいいのですが、案件の獲得のしやすさが変わります。

私も動画編集の案件を発注したことがあるのでわかるのですが、発注者はMac OSを使っている場合はなるべくMac OSの編集者に案件をお願いしたいと思います。

なぜかというと…

・Winには入ってないフォントがある
・ファイルを送る際に文字化けする
・WinとMacで色味が異なる

それぞれ解決する方法はあると言えばあるのですが、それを編集者に指示するのも面倒な話です。

なのでもし仮に募集者の中にWinとMacの人がいた場合、Macの人に優先して案件をお願いします。

adobe神
adobe神
周りの編集者は発注者を見るとMac OSの人が多いのが事実じゃ…

高くで売れる

1位:MacBook Pro

メルカリやヤフオクなどのフリマアプリでみてもらうとわかりますがMacbookは使用後でも比較的高値で売れます。

確かに購入するときはWinのPCの方が安いのですが、売る時のことまでを考えるとMacBookを購入した方がトータルで見ると安いことが多いです。

過去のたいペー
過去のたいペー
確かにWindowsのPCならここまで高くは売れないね!
最新モデル Apple MacBook Pro (13.3インチ, 第 10 世代のクアッドコアIntel Core i5 プロセッサ, 512GB) – シルバー

パソコンの仕様の意味や、SSDとは何ぞやという方はこちらの動画もご参照ください。

 

動画編集用のパソコン選びについては下記の動画を参照するといいと思います。

 

2位:SanDisk外付けSSD

2位:外付けSSD

・PCに動画を保存する容量がない
・なるべく早くデータ移行をしたい
・重いHDDは持ち歩きたくない

こんな方は外付けSSDを即購入すべきです。

外付けSSD自体もHDDなどに比べるととても小さくて軽いので持ち運びにも便利です。

詳しい内容は以下の記事に書いているのでぜひご覧ください。

動画編集者はもちろん外付けSSD使ってるよね?【HDDとの違いや使うメリットを紹介】
動画編集者はもちろん外付けSSD使ってるよね?【HDDとの違いや使うメリットを紹介】みなさんこんにちは運営のAdobe神(@adobeshin)です! 今回はこのようなお悩みにお答えてしていきます! ...

3位:MotionElements

MotionElementsの定額制プランを試してみた感想【使うメリットが多すぎる】

MotionElementsは定額で無制限に動画編集素材をダウンロードできる素材サイトです。

以下のような素材をダウンロードすることができます。

・動画素材
・画像素材
・BGM/効果音
・Premiere Pro/After Effectsのテンプレート

MotionElementsの何がいいかというと

・案件によってはテンプレート使えば即終了することもあり
・ロイヤリティフリーなので著作権に関して心配する必要がない
・テンプレを使えば動画の質を上げつつ、時短になる

といいことだらけで、私自身たくさんの案件でMotionElementsにはお世話になっています。

例えば以下の動画はテンプレートに軽く動画を差し込むのみで作っていて2時間ほどで完成しました。

MotionElementsの利便性については以下の記事で語っています!

MotionElementsの定額制プランを試してみてのレビュー【使うメリットが多すぎる】
MotionElementsの定額制プランを試してみてのレビュー【正直なメリット、デメリット】みなさんこんにちは運営のAdobe神(@adobeshin)です! 今回はこのようなお悩みにお答えしていきます! 動...

※現在期間限定で早期割引で購入できるのでご購入をお考えの方はお早めに!

4位:Udemy

Udemyで動画編集の講座を安くで買うコツ

Udemyは動画学習のためのプラットフォームです。

私自身初めて動画編集を勉強した時はUdemyで講座を購入して受講しました。

・内容がボリューミー
・講座費用が安い(毎月行われるセール中に買えば1,000円台)
・網羅的に学ぶことができる

私の場合、Premiere Proで動画編集をしているので以下の講座で学んで初案件獲得までいきました。

Premiere Proを学ぶのにおすすめの講座

>>業界最先端の動画制作テクニックを制覇!Adobe Premiere Pro 完全版

adobe神
adobe神
1,000円程度の出費でそこまでいけるのなら十分じゃな!

Udemyでおすすめの動画編集講座は以下の記事にまとめています。

Udemyでおすすめの動画編集講座【使用ソフト別に紹介】みなさんこんにちは運営のAdobe神(@adobeshin)です! 今回はこのようなお悩みに お答えしていき...

5位:GoPro

5位:GoPro

動画編集をしていると「撮影からできる?」とクライアントさんから急に頼まれることがあります。

その時に二つ返事で「はい!」と言えるように少なくとも一つはカメラを持っておいた方がいいです。

もちろん案件にもよりますが、そこまでカメラの質は高くなくても大丈夫な場合もあるのでせめてGoPro1つでも持っておくと便利です。

実際、私も撮影の経験はゼロでしたが「海外での撮影できる?」とクライアントさんに聞かれて「GoProならあります!」といって案件につながったことがあります。

6位:MAJEXTAND

MAJEXTAND

MAJEXTANDはノートパソコンの高さを調整することができるアイテムです。

動画編集者は1日中PCの前で作業することも多々あるかと思います。

そんな時に疲れを軽減してくれるのがこちらのアイテムです。

MAJEXTANDを使うと自然と目線が上がるので肩にくる負担を軽減することができます。

また、目線高さを上げることで集中力を上げることができるということもわかっているようです。

↓メンタリストのDaiGoさんが目線の高さの重要性について語っています

番外編:Adobe神note

こちらは当サイトが作成している動画編集(特にYouTube動画)に使えるテンプレートです。

こちらのテンプレートを利用すると簡単に動画のクオリティをアップすることができます。

noteにて販売しているのでぜひ興味がある方はご覧ください。

以下のような素材があります。

動画編集をする上で買ってよかった商品のまとめ

動画編集をする上で買ってよかった商品は以下の通り。

・Macbook Pro
・SanDisk外付けSSD
・MotionElements
・Udemy
・GoPro
・MAJXTAND
ABOUT ME
アドビ神
自身がadobeのスキルを取得するのに苦労したためこのサイトの作成を決意。 読者の皆様のadobe学習の効率化を目指します。