adobe

動くオリジナルテロップを作ろうークモタイトル

adobe神
adobe神
アニメーション風の動くテロップもPremiere Proで作れるのじゃ!

このような動くタイトルを作る方法を解説します。

本記事は、#アドビオンライン講座に沿って作っています。
講座はこちらからご確認ください。

文字を作る

まずはこの文字の部分を作ります。
これはエッセンシャルグラフィックスのテンプレートから作ります。

1.タイトルテンプレートを選択し、不要な設定を削除

1.新規プロジェクト作成

新規プロジェクトを作成し、適当にシーケンスを一つ作っておきます。
適当に使える素材がない方はブラックビデオでも構いません。
新規プロジェクトを立ち上げた後、
プロジェクトパネルをで右クリック>新規項目>ブラックビデオを選ぶと作れます。ただの黒いシーケンスですね。こちらの記事に、ブラックビデオを作る説明がありますので、ご参照ください。

Premiere Proでテキストアニメーションを作る方法ー第2弾Adobe神|動画編集初心者の方のためのサイト| adobe premiere proで、文字エフェクトの入れ方はなんとなくわかったけど実際にどんなものを作ったらいいかわからない!という人のために、実際に作ったものの作成方法を解説します。...

 

2.テンプレートを選ぶ

エッセンシャルグラフィックスから、タイトル(モダン)をドラッグして、シーケンスの上のドロップします。

エッセンシャルグラフィックスをシーケンスの上に置く方法がわからない方は下記の画像をご参照ください。(別の記事での画面ショットですが、方法は一緒です。)

Motionelementsでダウンロードした素材の使い方

3.不要要素を削除

選んだテンプレートには、今回使わない要素がありますので、消します。
編集の下に、テンプレートの要素が表示されますが、T記号から始まる2つを残し、
それ以外は使わないので、右クリックして消去します。

削除対象:クリップ、クリップ、シェイプ

 

このようなタイトル2個だけ残ります。

4. タイトル間の追従を解除

「エピソード」を押すと、追従に「ここにタイトルを入力」になっています。
これは「エピソード」の部分が、大きいタイトルに追従して動く設定になっている意味です。2のタイトルの位置をバラバラにしたいので、追従設定を外します。

追従のプルダウンをクリックす「ビデオフレーム」を選択します。すると追従設定が解除されます。

5.不透明度のキーフレームを削除

エフェクトコントロールで、不透明度ウオッチが青になっている(つまりキーフレームが設定されている)が見えます。ウオッチをクリックし、OKを押します。
ウオッチが白になればいいです。


不透明度が100になっていない場合は、100に打ち直してください。

2.タイトルの文字をカスタマイズ

1.タイトルをPremier Proに変更

「ここにタイトルを入力」の部分を「Premiere Pro」に入力しなおします。

2.フォントを変更

Premiere Proを選択し、テキストフォントのプルダウンから「Bungee」を選択します。


フォントのサイズは200に設定

3. 文字を斜めに調整

4.文字の色を変更

Premiere Proを選択した状態で、文字の色を変更します。

塗りの色をクリックし、色を選びます。

サンプルの文字色:00E6FF

同じ要領で文字の境界線(ふち)の色を設定します。

サンプルの色:4A6EFF

同じ要領でシャドーの色も設定します。

サンプルの色:4A6EFF

シャドーの形も設定します。
距離を25, ブラー(ぼやけ度)を0に設定してください。

ここまでできました。

続けてサブタイトルのカスタマイズを行います。

 

3.サブタイトルの文字をカスタマイズ

1.サブタイトルをonline workshopに変更

サブタイトルの部分を”online workshop”に打ち直します。

2.フォント、色の設定

上のタイトルと同じ要領で、フォントの設定をします。

フォント:Bungee
文字サイズ:70
文字色(塗り):黄色(FFFF47)
境界線:青(4A6EF) サイズ20
シャドウ:青(4A6EF)

3.位置を調整

Onlineの部分が後ろに若干かぶれて見えないです。

編集パンネルで、”online shop”をドラッグしPremiere Proの上にドロップします。 これで文字の設定は完了です。

 

雲を作る

1.雲を作る

1.楕円を一つ作る。

新規レイヤーを追加

名前を”雲”に変更

2.楕円に動きを付ける

再生ヘッドをフレーム0のところまで持っていきます。

フレーム数はこちらに表示されます。

エフェクトコントロールで、シェイプ(雲)を開きます。

マウスで5フレームまで移し(あるいは、キーボードの→るしを5回クリックすると5フレームまで行きます。)、スケールウオッチをクリックしてオンにします。色が青に変わります。

0フレームまで戻し、スケールを0に打ち直します。

3.楕円をコピーし、雲の形を作る

雲を右クリックして、複製します。

複製した楕円を配置しなおし、雲の形にします。

文字のレイヤーを上に移し、文字が見れるようにします。

4.楕円がでるタイミングをバラバラにする

今は楕円が大きくタイミングが全く同じのため、もくもく(?)出るイメージを演出のため、少しタイミングをずらします。

エフェクトコントロールを見ると、シェイプ(雲)が6個あり、
トランスフォーム>スケールのキーフレームが全部同じ位置にあるのがわかります。(複製したので当たり前ですが)

そのキーフレームの位置をバラバラに設定します。

作業しずらい場合は、端っこの〇をドラックして、左にずらすと、表示を拡大できます。

各シェイプ(雲)を開き、「スケール」のキーフレームをドラックして、適当な場所に(それぞれの雲がばらばらになるように)ずらします。

 

 

2.雲にふちを付ける

雲にふちを付けます。[1:11:00]

シェイプに境界線を付けると、楕円それぞれに境界線がついてしまいますので、別の方法でやります。

1.グループ作成

雲を全部選択して、「グループを作成」をクリックします。
shiftをおしながら、レイヤーを選択すると全部選択できます。

グループの名称をわかりやすく「雲グループ」に変更します。

2.一つ目のふちを作る

エフェクトを選択

エフェクト>ビデオエフェクト>描画>塗りつぶしエフェクトをドラッグして、「雲グループ」のしたにドロップします。

雲全体が塗りつぶされます。

エフェクトコントロール>雲グループ>塗りセレクターを「不透明度」に設定

続けて、エフェクトコントロール>雲グループ>ストロークを「ストローク」に設定

ストロークの幅を24に変更

すると塗入りが淵だけになります。

カラーは薄めのピンク色(FF87E1)に設定します。

こんな感じになりました。

3.ふちを3重にする

ふちを複製します。


2つ目のふちに以下の設定を行います。

色:CA46FF
ストロークの幅:20

上と同じ要領でもう一度ふちを複製し、3層目を作ります。
3層目に下記の設定を行います。

色:青(4A6EF)
ストロークの幅:10

Tips:
色はスポイトで設定することも可能です。カラーの横にあるスポイトのアイコンをクリックし、欲しい色(今回は文字のふちの青)のところをクリックすると、その色が反映されます。

こんな感じになりました。

拡大してみると、若干ガタガタしているのが気になります。

塗りつぶしの許容量をマックスの255にします。

塗りつぶしが3個あるので、全部許容量を直しておきます。
これできれいになりました。

背景を作成します。

1.塗りつぶしレイヤーをつくる

エフェクト>ビデオエフェクト>描画>塗りつぶしをドラッグし、レイヤーの一番したにドロップします。

雲グループの中に入らないように注意します。

カラーはスポイトで文字の黄色を選択

2.オレンジの模様をつくる

エフェクト>ビデオエフェクト>描画>チェッカーボードをドラッグし、塗りつぶしレイヤーの上にドロップします。

このようになります。

エフェクトコントロールでチェッカーボードを開き、色をFFD448に変更

グリッドサイズを「幅と高さスライダー」に変更
描画モードを通常に変更

0フレームに移動し、幅:1、高さ:540に設定します。
幅の横のウオッチをクリックし、キーフレームを付けます。

20フレームまで進み、幅を960に変更します。

キーフレームにイーズインとイーズアウトの設定をします。

0フレームのキーフレーム:イーズアウト
20フレームのキーフレーム:イーズイン

これで完成です。

 

テンプレートとして保存すると、ほかのプロジェクトにも使えます。

動画編集を学べるスクール13個を比較してみた【おすすめスクール紹介】Adobe神|動画編集初心者の方のためのサイト| 動画編集スクールに通うのは、動画クオリティを上げるための近道。 では、選ぶ際のポイントは?オススメのスクールは?各種ランキングは?デメリットはあるの?そもそも動画編集できるといいことある?...