adobe

Premiere Rushで動画編集ー超簡単

adobe の動画編集アプリPremiere Rushのご紹介をしていきたいと思います。

 

皆さん例えば週末に友達と遊びに行ったりとか旅行に行ったりとか何かそういう楽しい思い出っていうのを記録するのに、今こういったスマートフォンを使ったりとか、あとはこういうデジタル一眼レフカメラを使って記録することって日常的によくあると思うんですよね。

そうやって収録したものというのを簡単にその場で編集してすぐにたくさんの人に共有することができたら楽しいと思いませんか?

 

Rushならそれを簡単に行うことができます。

もちろん windows、mac、ios、android のいずれの環境でも編集できます。

 

パソコンで作ったものも、例えばこのスマートフォンのアプリを使って作ったものも、常に

クラウドで同期が取れているのでいつでもどこでも続きの編集を行うことができます。

 

それではRushを使って東京の学生が作ったショートムービーを見ていってみましょう。

 

こんな凝った編集作業もRushならラクラク!どなたでも簡単に作品を作ることができます。

 

新規プロジェクト作成

参考教材:
https://www.youtube.com/watch?v=fS5-mMoXWAA

それではRushを起動していきます。こちらがRush起動後の画面です
まずは「新規プロジェクトを作成」のボタンを押して始めていきます。

 

録画した素材をその中で選択していきます。保存されている素材をローカルから選択していくこともできますし、クリエイティブクラウドに公開している素材を選ぶこともできます。

手元に動画素材がない場合はお気に入りのところに「サンプルメディア」というのがあり

まして、Rushの中で提供している素材を使って練習をしていく、ということもできます。

ここではデスクトップに保存している、こちらのファイルを使っていきたいと思います。

 

こちらサンプルファイルはですね、皆さんチュートリアルのページからダウンロードして

同じように使用して頂くことができます。

ここからそれぞれのクリップを選んでいきます。クリックしていくと、この通り番号が振られてくるんですけれどもこの順番にもつながって読み込まれていきます。

もし選択を解除したい場合にはもう一度同じところでクリップをクリックすると選択の解除されます。

それではこちらの編集プロジェクトに名前を付けていきます。

そして作成のボタンを押していきます。

先ほど選択したファイルが編集画面に読み込まれます。

こちらがRushの編集画面です。

 

編集画面の紹介:

参考教材:
https://www.youtube.com/watch?v=zWh1ReV6nVE

画面下のところに並んでいるのがタイムラインになります。時間が左から右に流れていきます。

そしてこの大きな画面がプレビューモニターです。

ここで実際の仕上がりを確認しながら編集を進めていきます。

それでは早速こちら再生ボタンを押して動画を確認してみましょう。

今一緒に動いているところが再生ヘッドです。

こちらをつまんで動かしてもそのプレビュー位置を変更することができます。

再生と一時停止 [スペースキー]

そしてこの再生と一時停止に関してはぜひショートカットを覚えておきましょう。

こちらマウスオーバーをするとスペースキーというヒントが出てきます。

動画の再生や一時停止はよく行いますのでスペースバーでコントロールできるようにし

ておきます。

スペースバーを押して再生、もう一度スペースバーを押すと一時停止。

もう一度スペースバーで再生スペース、スペースバーを押して一時停止という流れになります。

こちらがタイムコードです。

現在の時間とビデオ全体の尺を確認することができます

画面の左下のところにあるこちらもアイコンでタイムライン上のクリップを切ったりコピーしたりという編集作業を行っていくことができます。

そしてこの画面上の右上ではタイトルを入れたり色を変更したりというような様々な効果を

与えていくことができます。

そして最終的に編集が終わったら、共有のボタンを押していくと、様々な書き出し形式に合わせてこの動画を1本のムービーとして完成させていくことが出来るというものになります。

これらの細かい設定を次のムービーでご紹介していきます。

 

クリップの編集

参考動画:

https://www.youtube.com/watch?v=87gZ5eiZfq0

 

ではこのタイムラインに並んだクリップを編集してみましょう

 

クリップの長さ調整

それぞれのクリップはこのようにクリックをするとオレンジ色でかハイライトとされるのがわかりますね。

このように選択されたクリップは頭の位置、もしくはお尻の位置というのをそれぞれ摘むことができるようになっています。

ここを持ってドラッグをしてあげるとこのクリップの尺を調整することができます

クリップをカット(分割)[S]

もちろんこのように再生ヘッドを動かしながらカットしたいポイントで一時停止をして、このハサミのマークを使って動画パツッと切り、いらない部分をポイッとゴミ箱に捨てるような編集を行うこともできます。

完成動画の中のこちらのようなジャンプしているような表現を作りたいなぁと思った場合

こちら再生ヘッドを動かしてハサミのボタンで分割。

このハサミの軌道を使うショートカットキーは Sです。

S キーを押して分割、そして動かしてSキーを押して分割、Sキーを押して分割。

そしてそれぞれのクリップをこのようにぎゅーと縮めていきます。

そうすることでそれぞれのクリップがジャンプしたようなイメージで作っていくことができる、というような仕組みになっています。

 

クリップを追加

クリップは後から追加することもできます。

こちら編集中のタイムラインに何か要素を追加したいときには、いつも青いプラスのボタン

これを押します。

こちらを押してメディアというところポイントしていきます。

そしてこちらの中から追加したいクリップを複数選んで追加のボタンを押していくことで

このタイムラインに新たに加えていくことができます。

編集の取消[Ctrl+z]

編集作業を行って行くうえで、もし失敗した、一手前に戻りたいという場合にはmac の方はcommand + z、windows の方はCtrl + z で作業を取り消すことができます。

もしくはこの画面上の右上、矢印のボタンがありますのでこちらでへ取り消しを行うこともできます。

もし作業を戻りすぎしまったという場合にはこちらで長押しをしていただくと、この取り消しを一手前にをキャンセルすることもできますのでこれも覚えておくと便利です。

 

ここからさらにクリップを追加しながら、このようにカット編集を続けていきます

 

タイムラインの拡大縮小

だいぶタイムラインが込み入ってきましたけれども、このようにカット編集細かいところ

で行う際には、下の方にこのようにスクロールバーがあります。

そこの端っこのポイントを持ってドラッグをしてあげるとタイムラインを拡大縮小することもできますので、編集しやすいサイズに調整をして作業を行ってください。

それではムービーを再生してみたいと思います。

このようにカット編集だけでもかなり印象的な作品に仕上げていくことができます。

そしてこちらのムービーは撮影したカメラの機能を使ってスローモーションやタイムラプスの表現を入れています。

こういったカメラの機能を使って面白い絵づくりをしていくこともできますので、ぜひ工夫してみてください。

 

ここにこの後BGMなんかを入れてもかなり雰囲気が変わってくるんじゃないかなと思います。

 

最初はこちらのタイムライン上、この空白になっている所があります

ここちょっと注目していただくと、その部分は一瞬暗くなって映像の中で一呼吸置くような演出をすることもできますので、あえてこのタイムラインに空白を設けるというのも一つおすすめです。

この後はここに対して印象的なこのタイトルを載せたり動くグラフィック、モーショングラフィックを追加したりしてさらに編集を進めていきたいと思います。

 

機材:手プレ調整用

今回撮影に使用したカメラはミラーレス一眼です。

こういったものを使って撮影する場合、特にクオリティを求める方は例えばこちらのよう

な「ジンバル」と言って手ブレを補正するような機材を使ってあげるとすごく効果的に映像を撮影していくことができます。

ちなみにスマートフォン用にもこのように手ブレ補正のためのジンバルがありますので、こういったものをどんどん活用していきましょう。

 

タイトル追加

参考教材:https://www.youtube.com/watch?v=algYAgTNDX4

 

さてここからは完成動画のような印象的なタイトルや動くグラフィックを追加してみたいと思います。

 

こういった凝った装飾も自分で作ることなく、実はRushの中に数多くのテンプレートが入ってるんですね。

自分で思い通りのイメージにこれらをカスタマイズしていくことができます。

 

それではまず映像の頭の部分に対しタイトルを入れていきます。

 

タイトルはこちらTのマークの部分をクリックをすると展開されていきます。

Rushの中には使い勝手の良い様々なテンプレートが用意されています。

これをドラッグ&ドロップで映像の中に含めていくということになるんですけれども、こういったシンプルなものだけではなく、ピンク色のAdobe Stock「その他のタイトル」からからダウンロードして使えるテンプレートというものなります。

こちらの方を切り替えていただくとさらに豊富な表現の中から皆さんの動画の中にこのグラフィック入れ込んでいくことができます。

こちらの素材を無料で動画の中に追加していくことができますのでぜひ使ってみてください

 

テンプレートをドラッグアンドドロップをしてタイムラインに載せていきます

ここで一度再生してみましょう。

なかなか印象的なテンプレートなんですけれども、冒頭にちょっとこういう赤い装飾が入っていますね。

それからこの文字のメッセージも差し替えていきたいですよね。

 

そういう時にはこれらのテンプレートを個別に編集することができます。

 

このスタイルというところで横にある編集というところを教えてあげると、これが今見えているこの赤い形の部分、そしてその下の部分が文字として入力されているこの部分を色々編集できる、こういった調整が色々ついていますと。

ではシェイプの部分なんですけれども、この赤い帯はいらないかなと思ったらこの塗りの

ところのチェックをオフにしてみてください。

そうするとそこの表現を非表示にすることができます。

タイトルだけがポンと出てきた状態ですね。

文字ももちろん編集することができます

 

文字のところでクリックをするとこういうカーソルが出てくるのでテキストと同じようにドラッグをして文字を打ち換えていくことができます。

見た目はちょっと調整したいですよね。

そういうときにはもう一度文字を選択してサイズを調整したり、文字と文字の間隔なんかも調整することができます。

あとは今のように何行かある場合には行間もこんな感じで。

必要であればここに影をつけていたり、影の調整も可能です。

文字を微調整してさらにこの表示領域もちょっとだけ調整をしてこちらでタイトルを完成としたいと思います。

 

モーショングラフィックの追加

参考教材:https://www.youtube.com/watch?v=Z_g7ZLGSxWE

 

ハートアニメーションを追加

さてここからはアニメーションを入れてみましょう。

こちらの後ろ姿で歩いているシーンに、一つモーショングラフィックを加えていきたいとおもいます。では新しくグラフィックを追加するために編集からスタイルの方に画面を切り替えていきます。そしてこちらモーショングラフィックの一覧の中から効果的なものを探していきます。

例えばこちら、ハートが散っているようなイメージのもの。

面白そうですので、タイムライン上にドラッグして行ってみましょう。

はい、ちょっと再生してみます。

 

「いいね」アニメーションを追加

さらにソーシャルで客さんの「いいね」をもらっているようなイメージというのを作っていってみたいと思います。

 

目的のグラフィックそれぞれ名称が付いていますので、名称がもしわかる場合には、検索窓の方で抽出をしていくこともできます。

こちらを先ほど追加したハートのグラフィックの上にドーンと重ねていきたいと思います。

再生してみましょう。

これでたくさんの「いいね」を持ってもらっているような演出が、ここでできました。

もう少し細かい調整を行っていきたいとおもいます。

 

今、この「いいね」を750個受け取ったというような、具体的な数字が出ているんですけども、ここ、数字じゃなくて文字にしたいな。例えば「LIKE」。文字を選択して、フォントを差し替えていってみましょう。

こちら、Rushから選択できるフォントは、クリエイティブクラウドが提供するadobe フォンツというクラウドフォントサービスの中から、本当にたくさんのラインナップの中から好きなフォントを選んでいくことが出来ます。

これだけ沢山のイメージの中から選べるっていうのは、すごく見た目にも大きな影響があるんじゃないかなと思います。

 

はい。では、サイズを調整したり

文字の間隔なども、このように調整することができます。

ハートの調整

じゃあ今度は、下のほうで、このように上にのぼっていくこのハートマーク、こちらもちょっと編集をしておこうかなと思います。

 

実はこちらは、ハートの数だけこの「シェイプ」という項目が並んでいますので、1個ずつ展開して、このビビッドなピンク色から、この赤色に差し替えていきます。

その時に、こちらスポイトツールがありますので、一度こちらクリックしてもらってですね。このツールを使うときなんですけれども、このツール上でグーッとドラッグをしていくと、画面上の色、どこでも好きな色を拾うことができます。

この赤いハートの上にポインタを置いたら、ドラッグの手を離してあげると、その色で上書きされます。

じゃあ、もう一個同じように色を差し替えてみましょう。塗りの部分の横にあるスポイトのツールを一度クリックをして

ドラッグをしてから、この赤い色を拾って、手を離します。

こんな形で他のハートに関しても色を差し替えていきます。

それ以外にも、こちらのFireworkや

こちらの、録画画面の演出ができるRecord Screen

そして、ビビッドな印象のSliding Pop Art

これらのテンプレートを使用しています。

 

トランジション

参考教材:https://www.youtube.com/watch?v=SxPAPMe4PCo

 

では、動画のこちらの部分に対して画面切り替えの効果を与えていきたいとおもいます。Rushでは、こちらの効果、右上の2番目のボタンですね。「トランジション」というところでつけていきます。

こちら展開していくと、いくつかの画面切り替えの効果が見えるんですけれども

ここで編集しやすいように、タイムラインを拡大しておきますね。

そしてこの中で効果として加えたい、例えばこちらの「クロスディゾルブ」。これはゆっくりと画面が切り替わっていくような効果になります。

これを挟み込みたいところにマウスカーソルを当てて手を離すと、その部分のシーンに関しては、ふわっとこのように画面が切り替わっていくような効果を与えられます。

さらにこのトランジション効果は、エリアを広げることもできます。

そうすると、より時間をかけてゆっくりと切り替わっていくような効果になっていきます。

例えばこちらのシーンの切り替え部分に対して、短くホワイトアウトを入れてみましょう。

これもドラッグ&ドロップして間に挟み込みます。

再生してみると

このように、白で素早く切り替えるような効果を与えられます。

 

動画の色調整

参考教材:https://www.youtube.com/watch?v=7ugYcqq6RF8

 

次に各クリップの色の調整を行ってみたいと思います。Rushでは、色の調整をとてもスムーズに行うことができます。

 

今回はこの頭の部分の都会のイメージに対して、色の変更をしてみたいんですけれど

クリップを選択したら

画面の右上のボタンの部分で上から3つ目。こちらがカラーの設定になります。

このように便利なプリセットがいくつも用意されていますので

こちらをクリックして当てていくだけでも、だいぶ見た目に変化を与えていくことができます。

ここでは少しビビッドなイメージにしていきたいと思いますので、映画のプリセットを与えていきます。

もちろんここから、「もうちょっと調整をしていきたいな」「追加で調整をしたい」という場合には、プリセットの隣に「編集」という項目がありますので、こちらポイントしてあげます。

例えばここで、「プロトラストを強めたい」「弱めたい」であったりですとか

シャドウのスライダーを上げて、「暗い部分をもうちょっと明るめにしていきたいな」と。

こういった個別の編集を行っていくことが可能です。

そしてこれらのカスタマイズした設定というのは、他のクリップに対しても同じように適用したい場合、こちらでプリセットとして保存していくこともできます。

それでは、こちらのシーンに対していろんな加工を使って面白い演出を加えてみましょう。

まず1つ目のシーンに関してはカラー

そして次のシーンはモノクロ

そして次のシーンがカラー

次のシーンはモノクロ

このように一つ飛ばしで、モノクロの設定をしてあげることで、一つの演出として見せていくことができます。

 

BGMの挿入

参考教材:https://www.youtube.com/watch?v=W9PXMo_IBkg

 

では、BGMをタイムライン上に追加していきたいとおもいます。

 

タイムラインに何か素材を追加するときには、この左上の青いブラスのボタンからでしたね。こちらをピッと押してみます。

そうすると、実は3つの選択肢がここで見えてきます。タイトルをここから入れていくということもできます。

そして、もう一つ。ここにマイクのアイコンが見えるんですけれども、実はこのRushの中

で「ボイスオーバー」。つまり当てるこのような形で声を録音して吹き込んでいくというような機能もあるんですね。

今回は保存されている音源を使っていきますので、メディアのボタン押していきます。

 

もしお手元に著作権フリーの音源がないという場合には、実はRushの中でいくつものサウンドトラックを提供してくれています。

 

今、ローカルからファイルを選択しようとしているこのデスクトップというところを

メディアブラウザに切り替えていきます。

下の「お気に入り」のところにRush Soundtracksという項目がありますので

こちら展開していってみましょう。

それぞれの音源はこちらのアイコンで、このように開いて視聴していくこともできます。

この動画の雰囲気に合った音源をいくつか探して使っていただくことができます。

今回はすでにファイルとして保存されている音源を使っていきますので、もう一度メディアブラウザーに戻って

デスクトップに保存していますので、こちらのフォルダーの中に入っている音源を選択していれていきます。

そして追加のボタンを押していくと

BGM がタイムライン上に、このように追加されていきます。

こちらのパネルは閉じておきましょう。

ではこの状態で再生をしてみたいと思います。

 

画面の右側のところで、このように音声の波形が確認できますね。BGMが加わると、また動画のイメージもガラッと変わってきます。

もし BGM の長さが、映像に対して極端に長い場合には、クリップと同じように、お尻の位置を調整して映像の長さに合わせていきます。

そうすると気をつけなければいけないのが、どうしてもこのBGMがブチッと切れてしまうようなイメージになってしまうこともあると思います。だんだん消えていくような設定にしていきたいですよね。

その場合には、こちらのトランジションのクロスディゾルブをBGMに当てていきます。

こちらをグーッとドラッグ&ドロップして、BGMの後ろの方にこのように当てていきます。

タイムラインを拡大して

さらにこの resolve の長さを調整してあげると、より長い時間をかけて、ゆっくりとフェードアウトしていくような効果をつけていくことができます。

さらに音に関しては、より細かい調整を…右側のパネルの上から4番目ですね。オーディオ専用のパネルがあるので、こちらで調整していくこともできます。

例えば、それぞれのBGM のクリップのボリュームであったり

一時的にこちらのBGMをミュートにして、聞こえない状態にしたり

詳細パネルを展開してみましょう

Rushは、今選択されているこの音源の種類を、「音声」「ミュージック」、 そして「その他」…これは環境音ですね。この3種類に自動で振り分けます。

今選択しているのがBGMで、自動的にミュージックとして検出されているのがわかります。

今回はこちらのクリップに対して、特に音声などは入っていなかったんですけれども

もしクリップに音声が入っているような場合には、こちらの「自動ダッキング」というところをチェックしていただくことで、その音声の部分を自動認識してBGMを下げるということを行ってくれるんですね。

複数画面の表示

参考教材:https://www.youtube.com/watch?v=GiHQgfo-tfw

 

今度は完成動画のこの部分なんですけども、画面を左右に分割して2つの動画が同時に流れるようなシーンというのを作っていってみましょう。これはピクチャーインピクチャーという手法を使っていきます。

今はこちら一本の動画が流れている状態なんですけれども、ここに別の、もう一つクリップを重ねていくというのが一番最初の作業になります。

新しいクリップを追加しますので、こちら左上の青い+のボタンから、メディアを選んでいきます。

保存されているファイルの中から、今回こちらに追加されている、この25番目のクリップになります。こちらを選択して

「追加」というボタンを押してみてください。

未編集のクリップがそのまま頭に堂々と入ってきてしまう状態になるんですが、ここからですね、また先ほどまで同様使うところと使わないところがこのように、大体ドラッグで調整をしていきます。

そしてこちらのクリップを持ってグーッとドラッグをし、先ほど編集をしていたクリップの上に重ねて置いてしまいます。

こちら、右上の編集機能の中の一番下になります。「切り抜きと回転」というところを選んでいきます。

今回は「詳細」のタブをクリックして、クロップのところから上に重なったクリップの右側をクロップしていく。

そうすると、動画の表示領域をこのように変更することができるんですね。

下の方のトラックが見えてきて再生をしてみると、このように2画面で再生しているよう

な表現というのを追加することができます。

ではピクチャーインピクチャーの応用で表現されている、こちらの、人が一人ずつ登場してくるようなシーンっていうのも作っていってみましょう。

こちらのクリップは、実はですね、動画としては、この2つで作成されています。

定点で撮影した、この人が一人もいないシーンと、

あとは全員がフレームの中に収まっているこちらのシーン。

この2つだけの合成でできているんですね。

そしてタイムラインを見てみます。まずは誰も人がいないシーンというのをトラック1の

方で確認できます。

そしてその上に重なったこちらのクリップの、先ほど使ったこのクロップのエリアをこのように調整をしていくことで、

あとは映像を分割してもコピーしていきながら、このように仲間が一人ずつ登場してくるようなシーンルーのを工夫して作っています。

ぜひピクチャーインピクチャーの応用、面白い表現にもなりますので、皆さんもチャレンジしてみてください。

では先ほどまで表示されていなかったのはこちらトラックの左側の、こちらの表示の部分です。この部分はRushの画面上一番左下ですね。

このトラックの制御というところをオフしてあげると、表示/非表示を切り替えられます。

よりトラックの細かい設定をしていきたいときに、必須となる設定が色々と入っているんですけれども。例えばこちらの一部のトラックに対して、目のマークをクリックすることで

表示/非表示を切り替えたり

あとは、「もうこれ以上編集したくない」「動かしたくない」というトラックに関しては個別にこのようにロックをかけて、それ以上編集を行えないように制限することなんかもできます。

そしてオーディオのトラックに関してはこちら。ミュートにしていくということもできるということですね。

より細かいトラックを制御していくというときには、表示する設定になりますので、これも覚えておきましょう。

 

画角の変更

参考教材:https://www.youtube.com/watch?v=ieOYEiYEakk

 

ここまででRushでの編集作業を全て完了しました。画面の左上こちらはプロジェクト内のすべての項目を表示という箱のボタンですね。こちらをクリックしてあげると、今タイムライン上で使用されているすべての素材を一覧にしていくことができます。

そしてこちらの一番下。スクロールしていきましょう。こちらに「シーケンス」という名称がついたものが確認できると思います。

このシーケンスは一つの動画ファイルではなくて、皆さんが今まで作成してきた、こちらのタイムラインの情報が保存されているものということになります。

例えばここから「インスタグラム用に、四角い画角のサイズのムービーを作っていきたいな」となった場合に、また一から作成していくのはちょっと大変ですよね。そういう場合にはシーケンスを複製することができますので、この複製したものをベースに作成していくと便利です。

名前を変更することもできます。

こちら名前の変更でわかりやすいように、Instagramに変更しておきます。

そしてこちらの画角の変更なんですけれども、全てを手作業で調整する必要なく、Rushの機能を使って簡単に変更できます。今までは横長で作成してきたんですけれども、例えばスマートフォンの縦長に最適化した形であったり

今回のようにインスタグラム公開用であれば、正方形の形にトリミングをしていきます。

文字も切り取られるようなことはなく、すべてこの正方形の形にフィットするようにレイアウトが変更されているのがわかると思います。

ではここから全画面表示で仕上がりを確認してみましょう。こちらにフルスクリーン表示というのがあります。

こちらはポチッと押して頂くと、より大きい画面で仕上がり結果を確認することができるので便利です。

では再生をしてみると、例えばこのようにRushのテンプレートから挿入したグラフィックなんかも、この四角い形に合わせて自動調整されているのがわかると思います。

さらに動画を何度もループで確認したいという場合には、こちらにループ再生というボタンもあります。

これが押されていると、動画が最後までいった後に、

また頭から再生がされるという形で、何度でも再生を繰り返していくということができます。

そしてもう一度このフルスクリーン表示をしていただくと、タイムラインの編集画面に戻ります。

書き出し

参考教材:https://www.youtube.com/watch?v=F1ANFOZnnkQ

 

では書き出しの作業を行っていきたいと思うんですが、パソコンからは今回横長の動画の方を書き出していきたいと思いますので、シーケンスを切り替えておきます。

 

もう一度箱のマークをクリックして一番下、グーっとドラッグしていくと先ほどまで編集していたシーケンス1が見えてきます。こちらをダブルクリックして切り替えておきます。

複数のシーケンスがある場合、今編集しているシーケンスの名称を確認したいときにはこの上の部分から見ることができます。

ではここで書き出しの設定を行っていきます

画面の左上、編集タブから共有タブの方に切り替えをしていきます

 

こちらローカルに保存していくこともできます

ファイル名を調整して保存先を分かりやすい場所に指定しておきます。今回はデスクトップにしておきますね。

Rushは大体の書き出しのファイルサイズを教えてくれます。

 

さらにこちらの「詳細設定」というところで、Facebook や youtube に最適な形のプリセットを選ぶことができたり、あとは画質やフレームレート、オーディオのステレオやモノラル、品質も高い・低い・真ん中ぐらいということで、それぞれクオリティを設定することができます。

それによって予測ファイルサイズがどんどんと変わってきますので、用途に合わせて最適な書き出しを行ってみてください。

 

皆さんお馴染みのこれらのSNSにチェックボタンしていただくことで、複数に一気に書き出していくということもできます。

例えば youtube にも一緒に書き出していきたいなとなった場合、こちらのRushと皆さんの youtube アカウントを紐付けていただくことで、直接公開していくことができます。

登録している再生リストに追加したい場合には、このプルダウンから選択。

そしてタイトルや説明文をつけ公開設定ですね、限定効果や非公開などを選択していきます。

そして動画について検索キーワードの要となるタグなんかもしっかり設定してあげるとより多くの人に見られると思いますよ。

さらに今回のスケジュールなんかも指定したい場合にはこちらから設定していくことができます。

念のためローカルにも同じファイルのコピーを持っておきたいなという場合には保存先を指定。

さらに書き出しのファイルサイズや解像、それからフレームレートをコントロールしていくこともできます。

とても便利なのが動画のサムネイル。

必ず指定していく必要がありますけれども、皆さんが先週したこちらの動画のよりお気に入りのカットを探して「現在のフレームを設定」としていただくとyoutube のサムネイルに指定することができます。

さらにフォトショップなどで加工済みの別のファイルを読み込んでいきたい時にはカスタムサムネイルで設定してみてください。

 

ここまで調整ができたら書き出しのボタンで書き出し作業を完結していきます。

インスタグラムに動画を公開したい場合には、スマートフォンのRushのアプリを使っていただくと便利です。

一番最初お話ししたように今パソコンで編集してきた内容というのはクラウドを通してRushのアプリの方にも同期されています。

インスタグラムのアプリ用に公開する場合にはこのスマートフォンのRushのアプリから書き出すとすごくスムーズに公開していくことができます。

こんな感じで youtube とインスタグラムにも公開が出来ました。

どうですか?Rush、すごく簡単ですよね。皆さんも是非楽しんで動画編集してみてください。