Premiere Pro

【premiere pro初心者向け】基本となる4つの作業パネル(モニタ)の解説

みなさんこんにちはAdobe神です。

今回の記事ではPremiere Proの初心者の方に向けて「基本となる4つの作業パネル(モニタ)」について解説していきたいと思います。

各パネルの役割が理解できていると後々の作業がグンっとやりやすくなるので最初のうちから理解しておきましょう!

この記事の内容

基本となる4つのパネル(モニタ)の説明

※これ以降「パネル」という風に表記していきますが「モニタ」と同じことです。

adobe神
adobe神
名前を覚える必要はないですが、どのパネルでどのようなことができるのかぐらいは覚えましょう!

↓文字が苦手という人は下記の動画をご覧ください!

 

View this post on Instagram

 

Adobe神さん(@adobeshin)がシェアした投稿

基本となる4つのパネル

まずは簡単にその4つのパネルとその役割を紹介します。

①プロジェクトパネル(動画の読み込み、エフェクトの追加)
②ソースパネル(素材一つ一つに対する細かい操作)
③タイムラインパネル(素材の配置、カットなど)
④プログラムモニタ(動画の確認)

主にこんな感じです。この4つのパネルだけでも十分動画編集をすることが可能です。

4つの作業パネルの役割

先ほど簡単に説明しましたが、それぞれのパネルがそれぞれの役割を持っています。

編集中はそのパネル間を移動しながらその操作に適した場所で編集していきます。

それではそれぞれの役割を詳しく見ていきましょう。

プロジェクトパネル

プロジェクトパネルで行えることは下記の二つです。

・基本的に編集に使う素材の読み込み
・エフェクトの追加

プロジェクトパネルで編集に使う素材を読み込み、そこから他のパネルに作業場所に移して作業をしていきます。

なのでプロジェクトパネルは動画編集の始まりの場所とも言えます。

素材の読み込み方法がわからない方は下記記事にて説明しているので参考にしてみてください。

Premiere Proで素材を読み込んで編集を始める方法【初心者向け】みなさんこんにちは、運営のAdobe神(@taipei_freedom)です。 今回はこのようなお悩みにお答えしていきます...

そしてもう一つここのパネルではエフェクトを追加することができます。

エフェクトを使うと動画の移り変わりをカッコ良くしたり面白い動きを付け加えることができます。

プロジェクトパネル内にある「エフェクト」というところをクリックし、自分の好きなエフェクトをドラッグアンドドロップでタイムラインパネルに追加するだけで使えます。

ソースパネル

ソースパネルではプロジェクトパネルで読み込んだ素材を素材ごとに細かく設定していくことができます。

主に下記のようなことができます。

・素材の使用部分の決定(ソース)
・ズームレベルの設定(ソース)
・エフェクトの詳細設定(エフェクトコントロール)
・音量の調節(オーディオクリップミキサー)

のちに紹介するタイムラインパネル上での設定よりもより細かな設定ができます。

タイムラインパネル

タイムラインパネルはソースモニターで加工した素材などを並べていく場所です。時間軸に沿って素材を並べていきます。

ある程度の素材が揃ったら基本的に多くの作業はタイムラインパネル上で行うことになります。

またタイムラインパネルにはレイヤーという概念があり、上の方に置いてある素材がそのまま完成した動画でも上にきます。

この画像の場合でいうと上からV3>V2>V1の順番で上にきます。

adobe神
adobe神
ちなみに動画を再生したい時はタイムラインパネルが選択されている状態で「spaceキー」を押すと再生ヘッドの位置から再生されるぞ!

プログラムパネル

プログラムパネルは動画の編集結果を見ることができるパネルです。

ここで仕上がりを確認しつつ動画編集を進めて行きます。

(番外編)ツールパネル

タイムラインパネルとプロジェクトパネルの間に複数のアイコンがあるパネルがあるかと思います。

このパネルはツールパネルと言います。ツールパネルを使うとテキストを直接プログラムモニタにかきこめたり、カットができたりします。

ツールパネルの使い方についてはそこまで難しくないのでこちらの記事を読んでいただければなと思います。

タイムラインがごちゃごちゃになった時は

特に初心者のうちは作業をしていると間違えてドラッグアンドドロップなどをしてしまい、モニターが下記のようにバラバラになってしまうことがあります。

※よく見たら四つのパネルのいちがバラバラです。

そんな時は慌てず「ウィンドウ」→「ワークスペース」→「保存したレイアウトにリセット」をしてみてください。

特に初期設定から変えてなければ元の4つのパネル構成に戻ると思います。

まとめ

4つのパネルを料理を例にして説明すると下記のような感じです。

プロジェクトパネル=材料の仕入れ
ソースパネル=調理
タイムラインパネル=盛り付け
プログラムモニタ=お客さん

という感じです。

このイメージを持って編集していくと迷うことなく作業を進めていけるかなと思います!

Premiere Proで素材を読み込んで編集を始める方法【初心者向け】みなさんこんにちは、運営のAdobe神(@taipei_freedom)です。 今回はこのようなお悩みにお答えしていきます...
ABOUT ME
アドビ神
自身がadobeのスキルを取得するのに苦労したためこのサイトの作成を決意。 読者の皆様のadobe学習の効率化を目指します。