Premiere Proの使い方

Premiere Proでアニメーションをつける方法【テンプレ化する方法も解説】

Premiere Proでアニメーションをつける方法【動画のクオリティ爆上がりです】

みなさんこんにちは運営のAdobe神(@taipei_freedom)です!

過去のたいペー
過去のたいペー
Premiere Proでアニメーションをつける方法を教えて!

今回はこのようなお悩みにお答えしていきます。

動画編集をしていく上でアニメーションの有無は大きく動画のクオリティに関わってきます!

今回の記事を読むことでどのアニメーションをつける時にも必要になってくる基本的な方法がわかります。

この記事の内容

・Premiere Proでアニメーションをつける方法
・一度作ったアニメーションを保存する方法

ドラッグアンドドロップだけでテロップにアニメーションを付けれるテロップエフェクトも配布しているのでこちらもご覧ください!

Premiere Proでアニメーションをつける方法【テンプレ化する方法も解説】

>>YouTube動画編集で使えるテロップエフェクトプリセット配布中

Premiere Proでアニメーションをつける方法

やり方は簡単で最低限必要なのは下記の2ステップです。

①エフェクトコントロールを開く
②アニメーションキーフレームと値を調整

①エフェクトコントロールを開く

Premiere Proでアニメーションをつける方法【動画のクオリティ爆上がりです】

まずは、アニメーションを適応したいクリップを選択した状態でエフェクトコントロール」を開いてください。

adobe神
adobe神
エフェクトコントロールが見当たらん人は画面上部の「ウィンドウ→エフェクトコントロール」にチェックを入れることで表示できるぞ!
Premiere Proでアニメーションをつける方法【動画のクオリティ爆上がりです】

この際、既存のエフェクトコントロールに無いアニメーションを付けたい場合は

「エフェクトパネル→好きなエフェクトを検索→アニメーションを適応したいクリップにドラッグアンドドロップ」

でエフェクトコントロールに追加できます。

adobe神
adobe神
「エフェクトパネル」が見当たらない場合はここでも「ウィンドウ→エフェクト」にチェックじゃ!

②アニメーションキーフレームと値を調整

Premiere Proでアニメーションをつける方法【動画のクオリティ爆上がりです】

次にエフェクトコントロール内で適応したいアニメーションのキーフレームと値を設定していきます。

adobe神
adobe神
今回のアニメーションでは「Adobe神」の位置を「1920→2569(横の位置)」に移動していくアニメーションを作るぞ!
adobe神
adobe神
キーフレームというのはアニメーションの始まりと終わりを決めるダイヤ形のやつじゃ!

まずは、上の画像のように再生コントロールをアニメーションを始めたい部分に合わせてください。

その後、赤枠で囲っている時計マークをONにします。

Premiere Proでアニメーションをつける方法【動画のクオリティ爆上がりです】

次にアニメーションを終わらせたいところまで再生コントロールを移動します。

そしてアニメーションの値を変更すると自動的にキーフレームが打たれて完成です。

これで

「Adobe神」の位置が「1920→2569(横の位置)」に移動していくアニメーション

が完成しました!

他のアニメーションでもこの基本的な考え方は同じで

・アニメーションの始まり
・アニメーションの終わり
・アニメーションの値の変化

これを覚えておけばOKです!

より自然な動きをつけるためには…

今つけたアニメーションは緩急をつけることもできます。

Premiere Proでアニメーションをつける方法【動画のクオリティ爆上がりです】

こちらもやり方は簡単で

キーフレームを選択した状態で「右クリック→時間補間法→イーズイン」を選択します。

Premiere Proでアニメーションをつける方法【動画のクオリティ爆上がりです】

すると上の画像のようにキーフレームの形と変化の速度を表しているグラフの形が変わります。

このままでも速度に緩急はついてますがさらに速度に緩急をつけたい場合は、グラフの青い部分を変更して速度変化を変えることも可能です。

過去のたいペー
過去のたいペー
アニメーションの付け方はわかったけどこれを毎回するのはめんどくさい!

こんな人のためにここからは一度作成したアニメーションをプリセット化して使い回す方法を解説します!

一度作ったアニメーションエフェクトをプリセット化する方法

やり方は簡単で下記の2ステップです。

①アニメーションエフェクトを作る
②作ったエフェクトを保存する

①アニメーションエフェクトを作る

Premiere Proでアニメーションエフェクトをテンプレ化して保存する方法【プリセット】

まずは先ほどと同じ要領で自分の好きなアニメーションを作ります。

adobe神
adobe神
今回は「位置」と「回転」のアニメーションをつけてみたぞ
adobe神
adobe神
今回の目的はプリセットの保存方法を伝えることなのでなるべく簡潔になるように「モーション」の中でエフェクトを作ってるが、実際にプリセットを作るときは「トランスフォーム」エフェクトを作ることをおすすめするぞ!

「トランスフォーム」エフェクトを使うことで元々のテロップの位置などに影響されずに思った通りの動きをしてくれます。

②作ったエフェクトを保存する

Premiere Proでアニメーションエフェクトをテンプレ化して保存する方法【プリセット】

適応したエフェクトの一番上の階層(fxと書いてある部分)で「右クリック→プリセットの保存…」を選択してください。

adobe神
adobe神
複数のエフェクトの値をいじってる場合は複数のfxを選択した状態で右クリックじゃ!
Premiere Proでアニメーションエフェクトをテンプレ化して保存する方法【プリセット】

すると上記のようなタブが開きます。

ここで

名前:好きな名前で
種類:いずれか1つ

で設定してください。

種類」の違いに関しては下記の通りです。

・スケール:クリップ全体に対しての割合でアニメーションの長さや場所が決まる
・インポイント基準:インポイントを起点としてアニメーションの長さなどは同じ
・アウトポイント基準:アウトポイントを起点としてアニメーションの長さなどは同じ
Premiere Proでアニメーションエフェクトをテンプレ化して保存する方法【プリセット】

エフェクトモニタ→Presets」の中をみると、先ほど追加した「回転」というプリセットが追加されています。

Premiere Proでアニメーションエフェクトをテンプレ化して保存する方法【プリセット】

何もアニメーションが追加されてないクリップに先ほどのプリセットを追加してみます。

Premiere Proでアニメーションエフェクトをテンプレ化して保存する方法【プリセット】

上記の画像のように全く同じアニメーションが追加されています!

まとめ

Premiere Proでアニメーションをつける方法は簡単、下記の2ステップ!

①エフェクトコントロールを開く
②アニメーションキーフレームと値を調整

ドラッグアンドドロップだけでテロップにアニメーションを付けれるテロップエフェクトも配布しているのでこちらもご覧ください!

Premiere Proでアニメーションをつける方法【テンプレ化する方法も解説】

>>YouTube動画編集で使えるテロップエフェクトプリセット配布中

ABOUT ME
アドビ神
自身がadobeのスキルを取得するのに苦労したためこのサイトの作成を決意。 読者の皆様のadobe学習の効率化を目指します。