Premiere Pro

Premiere Proで音量調節する方法【3種類+最強の方法解説します】

Premiere Proで音量調節する方法【3種類解説します】

みなさんこんにちは運営のAdobe神(@adobeshin)です。

過去のたいペー
過去のたいペー
動画の音量を調節したい!

今回はこのようなお悩みに

adobe神
adobe神
・YouTube動画編集や広告動画を本業としていて
・普段から毎日のように音量調整をしているワシが!

お答えしていきます。

音量調整にもいくつかやり方があり、用途によって最適な方法が異なります。ぜひ適切な方法で効率的に音量調整をしていきましょう。

この記事の内容

・音量調整の方法①:広範囲の音量調整方法
・音量調整の方法②:中範囲の音量調整方法
・音量調整の方法②:細かい範囲の音量調整方法

adobe神
adobe神
記事の最後の方には最も効率よく音素材をいれる方法を書いてあるから最後まで読むのじゃ!
adobe神
adobe神
この方法はワシが生み出した特別な方法なので他にはどこにも書いとらんぞ!

Premiere Proを使って音量調節する方法

まずは基本的な音量の調整方法をみていきます。

音量を調節する方法は以下の3つあります。

①トラックごと音量を変える方法
②クリップ毎に音量を変える方法
③クリップの一部分のみ音量を変える方法

上から順に音量を調節したい範囲が広い順になっているので用途に合わせて使い分けてください。

adobe神
adobe神
この3つの方法を知ってる/今はこれでやってるという人は最強の音入れテクニックをみてくれぃ!

動画の方が良いという方は下記動画をご覧ください!

音量調整の方法①:トラックごと音量を変える方法

トラック

こちらはトラック毎音量を変える方法です。

「オーディオクリップミキサー」使って音量を調整していきます。

まずは「オーディオクリップミキサー」を表示しましょう。

オーディオクリップミキサー

オーディオクリップミキサーは「ウィンドウ→オーディオクリップミキサー」で表示することができます。

オーディオ

各トラックに対応するクリップミキサーを調整することで音量を変えれます。

例えば「A1」のトラック全体の音量を調整したい場合はオーディオクリップミキサーの中にある「A1」の部分を調整してください。

オーディオクリップミキサーコントロールを上下に動かすことで音量を変えれます。

音量調整の方法②:クリップごとに音量を変える方法

クリップ

今回はクリップ毎に音量を調整する方法です。

adobe神
adobe神
クリップというのは上記画像の青い部分の一つ一つの塊のことじゃ!

具体的には「エフェクトコントロール」を使って調整していきます。

「ソースモニタ→エフェクトコントロール」を表示してください。

ボリューム

音量を調整したいクリップを選択した状態でエフェクトコントロールの中にある「ボリューム」→「レベル」にチェックを入れてください。

「レベル」の値を調整することで音量を変えることができます。

ちなみに以下のようにするともっと簡単にできます。

音量調整の方法②:クリップごとに音量を変える方法

まず音量を調整したいクリップを選択した状態でショートカットキー「G」を押してください。

音量調整の方法②:クリップごとに音量を変える方法

すると上記のようなタブが開くのでこちらで設定を行っていきます。

基本的に以下の二つのどちらかを設定すればOKです。

・ゲインを指定:指定したdbに音量を調整
・ゲインの調整:今の音量を起点として音量を調整
過去のたいペー
過去のたいペー
なんだこっちの方が簡単じゃん!
adobe神
adobe神
一応二つのやり方を紹介したがワシも後半のショートカットキー「G」を使う方が手間がからなくて済むと思うぞ!

音量調整の方法③:クリップのさらに一部のみ音量を変える方法

ペンツールこちらでは先ほどのクリップよりもさらに狭い範囲の音量を調節することができます。

具体的には「ペンツール」を使って音量を調整していきます。

まずはショートカットキー「P」でペンツールを使える状態にしてください。

スクロール

その後、上の画像の赤枠の部分を調整することでペンツールでアンカーを打てる状態にします。

クリップの中心に線が入っていればOKです。

アンカー

音量を調節したい部分に上記画像のようにアンカーを打っていきます。

最低三点はアンカーを打ってください。

adobe神
adobe神
アンカーの数が増えれば増えるほど音の変化を滑らかにすることができるぞ!  
ペンツール

アンカーを打ったら、両端以外のアンカーポイントをドラッグ&ドロップで下に下げてください。

こうすることで音量を下げることができます。

最も効率の良い音入れ方法

ではここからは私が編み出した最も効率のいい音量の調整方法をみていきます。

adobe神
adobe神
先ほど紹介した3つの方法は覚えておいた方がいいが正直この方法が1番効率的じゃ!
adobe神
adobe神
特にたくさん効果音をいれるYouTube編集の場合この方法がおすすめじゃぞ!

この方法を使うと以下のようにスムーズに効果音入れができます。

方法は以下の3ステップです。

①ショートカットキー「上書き」を設定
②「プロジェクト」で音量を調整する
③「上書き」で素材を配置

①ショートカットキー「上書き」を設定

ショートカットキー「上書き」を設定まずはショートカットキーの「上書き」というものを設定してください。

adobe神
adobe神
ワシは「⌘(winはctrl)+F」に設定しとるぞ!

ショートカットの設定方法がわからない方は以下の記事をご覧くださ合い。

Premiere Proのショートカット設定方法【おすすめの設定も紹介】
Premiere Proの独自ショートカット設定する方法【おすすめの設定も紹介】みなさんこんにちは、運営のAdobe神(@adobeshin)です。 みなさんはPremiere Proで動画編集をしていて ...

②「プロジェクト」内で音量を調整する

「プロジェクト」で音量を調整する

音量を調整したい効果音素材の上で右クリック→オーディオゲイン」で「オーディオゲイン」を開いてください。

adobe神
adobe神
音量を調整したい素材を選択した状態でショートカットキー「G」でもオーディオゲインは開けるぞ!
「プロジェクト」内で音量を調整する

オーディオゲインで音量を調整します。

多くの人は効果音素材をタイムラインに移した後に先ほど紹介したような3つの方法で音量を調整するかと思います。
ただ、プロジェクトモニタで音量を調整しておくとタイムラインに並べるときにはすでに音量調整された状態になっているので便利です。

過去のたいペー
過去のたいペー
そうか。効果音って1つの動画の中では、基本ずっと同じ音量だから最初から調整しておいた方が便利だね!
adobe神
adobe神
その通りじゃ!「プロジェクト」内でオーディオゲインで音を調整するのが重要じゃ!

③「上書き」で素材を配置

「上書き」で素材を配置あとは上書きで効果音を好きな場所に以下のように配置すればOKです。

①効果音を入れたいところに再生バーを合わせる
②入れたい効果音をプロジェクトモニターから選択
③先ほどショートカットキーを割り当てた「上書き」で素材を配置

「上書き」で素材を配置

このように貼り付けることができました。

効果音は上の画像の赤枠で囲った「A1」で指定したオーディオトラックに貼り付けられます。

文字でよくわからなかった場合は以下の動画にて簡単にですが方法を解説してるのでぜひみてみてください。

Premiere Proを使って音量調節する方法のまとめ

Premiere Proで音量調整する方法は以下の3つ

・「オーディオクリップミキサー」を使ってトラック毎に調節
・「エフェクトコントロール」を使ってクリップ毎に調節
・「ペンツール」を使ってクリップのさらに一部分毎に調節

最強の音入れ方法

①ショートカットキー「上書き」を設定
②「プロジェクト」で音量を調整する
③「上書き」で素材を配置
Premiere pro ノイズを消す方法
Premiere Proで初心者でも簡単にノイズ除去する方法みなさんこんにちは、運営のAdobe神(@adobeshin)です。 今回はこのようなお悩みにお答えしていきます。 ...
音フェードアウトする
Premiere Proで音をフェードアウトする方法みなさんこんにちは運営のAdobe神(@adobeshin)です。 「音をだんだん小さくする方法を知りたい!」 「フェードインで...
ABOUT ME
アドビ神
自身がadobeのスキルを取得するのに苦労したためこのサイトの作成を決意。 読者の皆様のadobe学習の効率化を目指します。