adobe

Premiere Proで時計を動かす方法

Premiere Proで時計を動かす方法

みなさんこんにちは運営のAdobe神(@taipei_freedom)です!

過去のたいペー
過去のたいペー
Premiere Proで時計を動かす方法を教えて!

今回はこのようなお悩みにお答えしていきます!

具体的にはこの記事を読むことで下記のような動画を作ることができるようになります。

この記事の内容

Premiere Proで時計を動かす方法

Premiere Proで時計を動かす方法

やり方は簡単で下記の3ステップです。

①素材を用意する
②長方形ツールで針を作る
③アニメーションをつける

素材を用意する

Premiere Proで時計を動かす方法

まずは下記の2つの素材を用意します。

・時計素材
・背景素材(なんでもOK)

時計素材はどんなものでもいいですが、時間針のついてないものをダウンロードしてください。(私がダウンロードしたサイトはこちら

Premiere Proで時計を動かす方法

ちなみに今回は「プロジェクトモニタ→新規→カラーマット」で真っ白な背景を作りました。

長方形ツールで針を作る

Premiere Proで時計を動かす方法

次に長方形ツールを使って時計の針を表現します。

Premiere Proで時計を動かす方法

この際にアンカーポイントが真ん中に来るようにしっかりと設定してください。

Premiere Proで時計を動かす方法
adobe神
adobe神
長方形ツールが見つからない時は隠れている可能性があるので「上記3つのどれか見えているツールを長押し→長方形ツールを選択」するといいぞ!
Premiere Proで時計を動かす方法

もう1つ同様に短い針を追加すると準備完了です!

短い針と長い針のクリップは分けるようにしておいてください。(後々それぞれにアニメーションを適応させるため)

アニメーションをつける

Premiere Proで時計を動かす方法

最後にアニメーションをつけて完成です!

エフェクトコントロール→モーション→回転」にキーフレームを打ってクリップの最初と最後の角度を決めてください。

下記に12:00〜1:00に針を動かす場合の角度の例を上げておきます。

長い針
・最初のキーフレーム:0°
・最後のキーフレーム:360°

短い針
・最初のキーフレーム:0°
・最後のキーフレーム:30°

adobe神
adobe神
1時間進ませたければ短い針の角度は30°じゃ!

まとめ

時計にアニメーションをつける方法は簡単、下記の3ステップ!

①素材を用意する
②長方形ツールで針を作る
③アニメーションをつける
Premiere Proを使ってカウントダウンを作る方法みなさんこんにちは運営のAdobe神(@taipei_freedom)です! 具体的には下記のような動画を作ることができま...
Premiere Proを使ってルパン風のタイプライターをする方法
Premiere Proでルパン風のタイプライターをする方法みなさんこんにちは運営のAdobe神(@taipei_freedom)です! 今回はこのような質問にお答えしていきます! ...
ABOUT ME
アドビ神
自身がadobeのスキルを取得するのに苦労したためこのサイトの作成を決意。 読者の皆様のadobe学習の効率化を目指します。