Premiere Pro

Premiere Proを使ってカウントダウンを作る方法

みなさんこんにちは運営のAdobe神(@taipei_freedom)です!

過去のたいペー
過去のたいペー
Premiere Proを使ってカウントダウンを作る方法を教えて!

具体的には下記のような動画を作ることができます。

この記事の内容

Premiere Proを使ってカウントダウンを作る方法

Premiere Proを使ってカウントダウンを作る方法

やり方は簡単で下記の2(+4)ステップです。

①レイヤーを準備
②「タイムコード」エフェクトを適応&設定
—-ここからはおまけ—-
③「クロップ」エフェクトを適応&設定
④テキストツールで円を作成
⑤「ワイプ(放射状)」エフェクトを適応&設定
⑥全クリップをネスト化して逆再生

レイヤーを準備

Premiere Proカウントダウンを作る方法
Premiere Proカウントダウンを作る方法

プロジェクトモニタ→新規項目→カラーマット(今回は黒色にしました。)
プロジェクトモニタ→新規項目→調整レイヤー

の2つを作成します。

Premiere Proカウントダウンを作る方法そして作成した2つのレイヤーをそれぞれタイムラインモニタにドラッグ&ドロップします。

adobe神
adobe神
カラーマットを下に配置するのじゃ!

「タイムコード」エフェクトを適応&設定

Premiere Proカウントダウンを作る方法 次に「エフェクトモニタ→タイムコード」で調整レイヤーに適応してください。

そして「エフェクトコントロール」に「タイムコード」が追加されているのを確認してください。

Premiere Proカウントダウンを作る方法

次に「エフェクトコントロール→タイムコード」内の設定をしていきます。

まず、設定して欲しいのが「時間単位」のところです。ここを動画のフレーム数と合わせてください。

Premiere Proカウントダウンを作る方法
Premiere Proカウントダウンを作る方法

動画のフレーム数は

①プログラムモニタ
②適応している動画もしくはシーケンスを選択
③右クリック→プロパティ…

で確認することができます。

Premiere Proカウントダウンを作る方法

もしくは上記画像のように「プロジェクトモニタ」の中のフレームレートで直接確認することもできます。

Premiere Proカウントダウンを作る方法

次にその他のタイムコード内の設定を行います。

ここで最低限必要なのは下記の設定です。

・位置、サイズ、不透明度
・オフセット:先ほどのフレームレートの際にちょうどぴったり「1:00:00:00」にすることができなかった場合は、こちらで調整
adobe神
adobe神
元の動画のフレームレートによってはちょうど「1:00:00:00」にできない場合もあるのじゃ!
なぜ「1:00:00:00」から始まるの?と言う人も多いかもだが、これは映像制作の世界での決まりごとのようじゃ。それでも気になる人は今から解説する方法を使って「1」を消してしまうといいぞ!

「クロップ」エフェクトを適応&設定

Premiere Proカウントダウンを作る方法

ここからはおまけ編で

・秒数のみの表示
・周りの円を表示

の方法を解説していきたいと思います!

エフェクトコントロール→クロップ」を調整レイヤーに適応します。

Premiere Proカウントダウンを作る方法

「エフェクトコントロール→クロップ」で「左」と「右」の部分の値を上げてクロップする部分をちょうど秒以外が隠れるように設定します。

こうすることで上記画像のように秒のみで表示することができました!

テキストツールで円を作成

Premiere Proカウントダウンを作る方法

次にテキストツールを使って数字の周りの円を書いていきます。

エッセンシャルグラフィックス→新規(画像参照)→楕円」を選択してください。

adobe神
adobe神
エッセンシャルグラフィックスがない場合は一番上の「ウィンドウ」メニューから追加できるぞ!
Premiere Proカウントダウンを作る方法

次にエッセンシャルグラフィックスモニタの中の

・塗り→チェック外す
・ストローク→チェック&好きな色を選択

でちょうどいい太さの円を作りサイズや位置を調整します。

「ワイプ(放射状)」エフェクトを適応&設定

Premiere Proカウントダウンを作る方法

次に周りの円を一秒ごとに数字の周りで一周するアニメーションを追加します。

エフェクトモニタ→ワイプ(放射状)」を先ほど追加した円のクリップに追加します。

「エフェクトコントロール→ワイプ(放射状)」が存在するのを確認してください。

 

Premiere Proカウントダウンを作る方法

再生コントロールを「0秒」に合わせたところで

・変換終了
・ワイプ

のアニメーション(時計マーク)をONにします。(再生コントロールの位置でキーフレームが打たれます。)

この時下記のように設定できているのを確認してください。

・変換終了:100%
・ワイプ:時計回り(反時計でもOK)

 

Premiere Proカウントダウンを作る方法

次にタイムラインモニタで上記画像のようにちょうど「1秒」のところに再生コントロールを合わせておきます。

Premiere Proカウントダウンを作る方法

再度「エフェクトコントロール→ワイプ(放射状)」に戻り、次は

・変換終了:0%
・ワイプ:反時計廻り(先ほどと逆回り)

に設定します。

Premiere Proカウントダウンを作る方法

再度先ほどと同じ要領で「2秒」も設定します。

Premiere Proカウントダウンを作る方法
Premiere Proカウントダウンを作る方法

3回分のキーフレームを作成できたところで作成した全てのキーフレームを選択して「2秒」のところに再生コントロールを合わせた状態でペーストします。

adobe神
adobe神
そうすることでさっきのめんどくさい作業をショートカットすることができるじゃ!
Premiere Proカウントダウンを作る方法

動画の最後まで繰り返すことができれば完了です。

全クリップをネスト化して逆再生

Premiere Proカウントダウンを作る方法

今の状態だとただ数字が増えていくのみなので、カウントダウンしていくように設定します。

タイムラインモニタ上で「全クリップを選択→右クリック→ネスト…」でクリップをネスト化します。

Premiere Proカウントダウンを作る方法

こんな感じで1つのクリップにまとめることができていたらOKです。

Premiere Proカウントダウンを作る方法

最後にネスト化したクリップを選択した状態で「command(ctrl)+R」を押して上記のようなタブを開いてください。

ここで「逆再生」にチェックを入れることでカウントダウンにすることができます。

まとめ

Premiere Proでカウントダウンを作る方法は簡単、下記の6ステップ

①レイヤーを準備
②「タイムコード」エフェクトを適応&設定
—-ここからはおまけ—-
③「クロップ」エフェクトを適応&設定
④テキストツールで円を作成
⑤「ワイプ(放射状)」エフェクトを適応&設定
⑥全クリップをネスト化して逆再生
Premiere Proを使ってルパン風のタイプライターをする方法
Premiere Proでルパン風のタイプライターをする方法みなさんこんにちは運営のAdobe神(@taipei_freedom)です! 今回はこのような質問にお答えしていきます! ...
Premiere Proでタイプライターをする方法
Premiere Proでタイプライター動画を作る方法【検索窓を作るときに使えます】みなさんこんにちは運営のAdobe神(@taipei_freedom)です! 今回はこのようなお悩みにお答えしていきたいと...
ABOUT ME
アドビ神
自身がadobeのスキルを取得するのに苦労したためこのサイトの作成を決意。 読者の皆様のadobe学習の効率化を目指します。