Premiere Pro

Premiere Proで高速カット編集をするためのショートカットキー設定

効率的なカット方法

みなさんこんにちは、運営のAdobe神(@taipei_freedom)です。

adobe神
adobe神
Premiere Proで高速カット編集するためのショートカットを教えて!

今回はこのようなお悩みにお答えしていきます!

カット編集は動画編集とは切っても切り離せない存在です。動画編集をしていく中でほぼ確実に必要と言っても過言ではありません。

「カット編集のやり方がわからない」
「カット編集のやり方はわかるけどこれは本当に効率のいいやり方なのかな?」

このような方はぜひこの記事を読んでカット編集を効率化してください!

この記事の内容

・効率のいいカット編集の方法

adobe神
adobe神
カットは一度の編集で何度も行うため、少しの無駄でも積み重なると大幅な時間ロスにつながるぞい!

高速カット編集をするために大事なこと

結論から先に話すと「ショートカットの振り当て&それに慣れる」。これが必要不可欠です。

ショートカットを振り当てる

まずはカット編集に関係するショートカットを割り当てましょう。

結論として下記のようにショートカットを割り当てればOKです。

・ショートカットキー「X」:編集点を追加
・ショートカットキー「C」:前の編集ポイントを再生ヘッドまでリップルトリミング

この2つのショートカットキーを割り当てましょう!

adobe神
adobe神
これらに近い場所であれば他のキーでも大丈夫じゃ!

大事なのは下記の2点

・スペースキーに近いこと
・左手のみで操作できること

このように設定することで下記のような編集が可能になります。

ショートカットを振り当てる方法については下記の記事にて解説しているのでわからない方は参考にしてみてください。

Premiere Proの覚えておくべきショートカット11選【独自ショートカットキーを設定する方法も】みなさんこんにちは、運営のAdobe神(@taipei_freedom)です。 みなさんはPremiere Proで動画編集をして...

カットしたい場所を探す

まずは動画素材の中から不要な部分を探していきます。

探し方は次の3つです。

①実際に動画を再生して探す
②再生コントロールを操作して探す
③音の波形で探す

抽象的で申し訳ないですがこの3つのどれを使えばいいかというのは状況によって変わります。それぞれ試してみて使い分け方を研究してみてください。

adobeマン
adobeマン
再生コントロールはどの部分が再生されているかを表している棒みたいなやつだね!
adobe神
adobe神
ワシの場合は次のような感じじゃ

①→映像を見ながらカット編集したい時
②→長いスパンを一気に飛ばしたい時。細い調整。
③→音声に合わせて編集する際。

編集点を入れる&前の編集ポイントを再生ヘッドまでリップルトリミング

ここでは先ほど設定したショートカットを使って実際に高速カット編集をしていきます。

ここでは実際に流れをみながらその方法を解説していきます。

Premiere Proで高速カット編集をするためのショートカット
Premiere Proで高速カット編集をするためのショートカット

まずは先ほど設定したショートカットキー「X」で上の画像の山の直後に編集点を入れます。

この編集点より後がカットする部分になります。

Premiere Proで高速カット編集をするためのショートカット

その後「スペースキー」で動画を再生して、カットしたい部分の終了点までコントロールバーを進めます。

今回はわかりやすいように上の画像の山の直前をカットの終了点とします。

カットしたい部分の終了点にコントロールバーを合わせて先ほど設定したショートカットキー「C」を押してください

Premiere Proで高速カット編集をするためのショートカット

こうすることで上記画像のようにショートカットキー「X」(山の直後)からショートカットキー「C」(山の直前)の間が自動的に詰められているのがわかるかと思います。

ここで注目して欲しいのがこのカット編集の時に使ったのが

・「X」→スペースキー→「C」

この3種類のみだということ。

マウスは一切使ってません。つまり左手のみでこの高速カット編集が完了しています。

こうすることでとても効率的に高速でカット編集することができます。

クリップの順序を入れ替えたい場合。

少し話はそれますが、今回のカットとセットで覚えておくと効率化につながる方法があるので紹介します。

どのような状況で使えるかというと、複数のクリップが並んでいてそれらの順序を入れ替えたい時。

command+ドラッグアンドドロップ

入れ替えたいクリップを選択して入れ替えたいクリップの上まで「command+ドラッグアンドドロップ」をすることで2つのクリップの位置を入れ替えることができます。

まとめ

高速カット編集するためには独自ショートカットキーを設定せよ!

・ショートカットキー「X」:編集点を追加
・ショートカットキー「C」:前の編集ポイントを再生ヘッドまでリップルトリミング

Premiere Proの覚えておくべきショートカット11選【独自ショートカットキーを設定する方法も】みなさんこんにちは、運営のAdobe神(@taipei_freedom)です。 みなさんはPremiere Proで動画編集をして...
After Effectsで使えるショートカットキー
After Effectsで使えるショートカットキーみなさんこんにちは運営のAdobe神(@taipei_freedom)です! 今回はこのようなお悩みに答えていきます ...
ABOUT ME
アドビ神
自身がadobeのスキルを取得するのに苦労したためこのサイトの作成を決意。 読者の皆様のadobe学習の効率化を目指します。