Premiere Pro

Premiere Proで魚眼カメラ風に動画を作る方法

Premiere Proで魚眼レンズ風の動画を作る方法

みなさんこんにちは運営のAdobe神(@taipei_freedom)です!

過去のたいペー
過去のたいペー
Premiere Proを使って魚眼レンズで撮った風の動画を作る方法を教えて!

今回はこのようなお悩みにお答えしていきます。

具体的には今回の記事を見ることで下記のような見た目の動画を作ることができます。

Premiere Proで魚眼レンズ風の動画を作る方法
補正前

Premiere Proで魚眼レンズ風の動画を作る方法
補正後

adobe神
adobe神
もちろん魚眼レンズなどは必要ないぞ!
iPhoneなどで撮影した動画でも魚眼レンズ風の動画が作れる!
この記事の内容

Premiere Proで魚眼カメラ風に動画を作る方法×2

Premiere Proで魚眼カメラ風に動画を作る方法

Premiere Proで魚眼カメラ風に動画を作る方法は2つあります。

①「球面エフェクト」を使う方法
②「レンズゆがみ補正」エフェクトを使う方法

それぞれの方法にメリット・デメリットがあるのでこれから方法とそのメリットデメリットを解説していきます。

「球面」エフェクトを使う方法

こちらの方法は下記の2ステップでできます。

①「球面」エフェクトを適応
②半径の値を調整

この方法のメリット・デメリット

メリット:簡単
デメリット:魚眼レンズ具合が小さい

「球面」エフェクトを適応

Premiere Proで魚眼レンズ風の動画を作る方法

エフェクトモニタ→球面」をクリップに追加します。

値を調整

Premiere Proで魚眼レンズ風の動画を作る方法

先ほどエフェクトを追加したクリップを選択した状態で「エフェクトコントロール→球面→半径」の値を調整します。

上記画像を見ていただけるとわかるかと思うのですが、この方法ではゆがみ具合がそこまで大きくありません。

そしてこの方法ではゆがみ具合を調整することはできません

これよりもっとゆがみ具合を出したい方は次に紹介する方法を使ってみてください。

「レンズゆがみ補正」エフェクトを使う方法

こちらの方法は下記の3ステップでできます。

①「レンズゆがみ補正」エフェクトを適応
②ゆがみ具合を調整
③動画のスケールを調整

この方法のメリット・デメリット

メリット:ゆがみ具合を調節できる
デメリット:動画の幅が小さくなる

「レンズゆがみ補正」エフェクトを適応

Premiere Proで魚眼レンズ風の動画を作る方法

エフェクトモニタ→レンズゆがみ補正」をクリップに適応します。

ゆがみ具合を調整

Premiere Proで魚眼レンズ風の動画を作る方法

エフェクトコントロール→レンズゆがみ補正」の中の値を変更することでゆがみを表現できます。

adobe神
adobe神
「レンズゆがみ補正」は本来ならその名の通り、レンズによるゆがみを直すためのものじゃ
過去のたいペー
過去のたいペー
今回はこの機能を逆に使って歪ませるんだね!

動画のスケールを調整

Premiere Proで魚眼レンズ風の動画を作る方法

動画にゆがみを加えるとそのことにより動画内に余白ができてしまうのでスケールを大きくすることでその問題を解消します。

エフェクトモニタ→トランスフォーム」エフェクトをクリップに適応します。

その後「エフェクトコントロール→トランスフォーム→スケール」の値を大きくすれば動画を大きくして、ゆがみによって生じた余白をなくすことができます。

まとめ

Premiere Proで魚眼カメラ風に動画を作る方法は簡単、下記の2つ!

①「球面エフェクト」を使う方法
②「レンズゆがみ補正」エフェクトを使う方法
Premiere Proで高速移動する方法
Premiere Proで高速移動する方法みなさんこんにちは運営のAdobe神(@taipei_freedom)です! 今回はこのようなお悩みにお答えしていきます!...
Premiere proでグラデーションレイヤーを作る方法みなさんこんにちは運営のAdobe神(@taipe_freedom)です! 今回はこのようなお悩みにお答えしていきたいと思...
ABOUT ME
アドビ神
自身がadobeのスキルを取得するのに苦労したためこのサイトの作成を決意。 読者の皆様のadobe学習の効率化を目指します。