Premiere Pro

【初心者必見】Premiere Proの使い方を一から解説!【最低限必要なものをまとめました】

【初心者必見】Premiere Proの使い方を一から解説!【最低限の編集はできるようになります】

みなさんこんにちは運営のAdobe神(@taipei_freedom)です!

過去のたいペー
過去のたいペー
Premiere Proの基本的な使い方を教えて!

今回はこのようなお悩みにお答えしていきます!

この記事では、Premiere Proを使っての動画編集にあたり最低限必要なことをまとめています。

これからPremiere Proを勉強するぞ!
仕事でPremiere Proを使う必要が出てきたんだけど最低限必要なことをどこかにまとまってないかな…

このような方はこの記事を読むだけで下記のようなことができるようになります!

この記事の内容

①Premiere Proの立ち上げ方法
②素材の読み込み方法
③素材の並べ方
④動画カットの方法
⑤テロップの入れ方
⑥音量の調整の仕方
⑦明るさや色味の調整の仕方
⑧アニメーションの付け方
⑨動画の保存方法(書き出し)
番外編:オススメの素材サイト

adobe神
adobe神
この記事を読みながら動画を1本作ってみよう!

Premiere Proの使い方まとめ

下記の順番でそれぞれ方法を解説していきます!

①Premiere Proの立ち上げ方法
②素材の読み込み方法
③素材の並べ方
④動画カットの方法
⑤テロップの入れ方
⑥音量の調整の仕方
⑦明るさや色味の調整の仕方
⑧アニメーションの付け方
⑨動画の保存方法(書き出し)
番外編:オススメの素材サイト

①Premiere Proの立ち上げ方法

【初心者必見】Premiere Proの使い方を一から解説!【最低限の編集はできるようになります】

まずはPremiere Proを立ち上げます。

Premiere Proを立ち上げると、上記画像のようなタブが開きます。

・新規プロジェクト:新しくプロジェクトを始める場合。
・プロジェクトを開く…:既存のプロジェクトを開いて編集する場合。
・最近使用したもの:最近使用したプロジェクトを開いて編集する場合。

この中から好きなものを選択してPremiere Proを立ち上げてください。

②素材の読み込み方法

【初心者必見】Premiere Proの使い方を一から解説!【最低限の編集はできるようになります】

次に動画編集に必要になる動画素材を読み込んでいきます。

素材を読み込む方法は3つあります。

・プロジェクトパネルにドラックアンドドロップで素材を入れる
・プロジェクトパネルでダブルクリックして素材を選択
・ショートカットキー「command(ctrl)+I」で読み込む

adobe神
adobe神
プロジェクトパネルは上の画像の赤い枠で囲んだ部分じゃ!

上記の3つの方法のいずれかで動画素材を読み込みましょう。

adobe神
adobe神
この時になるべく一度で読み込むのがコツじゃ!

一度で素材を読み込むことで無駄な時間を削ることができます。

Premiere Proで素材を読み込んで編集を始める方法【初心者向け】みなさんこんにちは、運営のAdobe神(@taipei_freedom)です。 今回はこのようなお悩みにお答えしていきます...
これでもよくわからなかったという方はこちらの記事で画像つきで詳しく解説していますのでご覧ください!

③素材の並べ方

【初心者必見】Premiere Proの使い方を一から解説!【最低限の編集はできるようになります】

次に、先ほど読み込んだ動画素材をプロジェクトパネルからドラッグアンドドロップでタイムラインパネルに並べていきます。

右に行けば行くほど時系列も進んでいきます。

adobe神
adobe神
タイムラインパネルは素材を再生順に並べていくパネルのことじゃ!
【初心者必見】Premiere Proの使い方を一から解説!【最低限の編集はできるようになります】

この際に注意すべきは動画クリップの階層を意識するということです。

クリップの上の方にある階層がそのまま動画でも上にきます。(画像参照)

adobe神
adobe神
クリップとはタイムラインモニタに並んでいる動画素材のことだ!
過去のたいペー
過去のたいペー
上の画像でいうとピンク色のやつのことだね!

④動画カットの方法

カットの方法は人によって多少違いがあるのですが、下記の2つのうち好きな方でやってみてください。

①クリップを選択した状態で「command(ctrl)+K」でカット
②レーザーカットツールでカット

私の場合、①の方法を推しています。

なぜ①の方法を推すかというと、ショートカットキー「K」に「リップル削除」を割り当てることでスムーズにカット編集を行うことができるからです。

adobe神
adobe神
リップル削除とはクリップをカットした後にできた余計なクリップを削除してその部分を詰めることができる機能じゃ!

この辺りに関して詳しくは下記の記事にて紹介しています。

https://adobeshin.com/premierepro-howto-cut/

⑤テロップの入れ方

次はテロップを入れる方法についてです。

テロップを入れる方法は2つあります。

①レガシータイトル
→凝ったデザインをすることができる。少し手間がかかる
②テキストツールで直接書き込む方法
→簡単にできる。デザインはレガシータイトルほどは汎用性がない
adobe神
adobe神
レガシータイトルだと、例えばグラデーションや光沢を表現できるぞ!

この2つを状況に応じて使い分けていきます。

とはいえ。レガシータイトルでも十分デザイン面の応用も効くのでよっぽど強調したい!という部分以外はテキストツールで直接書き込めばOKです!

そのためここでは最低限覚えておいたほうがいいと思う「テキストツール」でのテロップの入れ方を解説していきます。

【初心者必見】Premiere Proの使い方を一から解説!【最低限の編集はできるようになります】

やり方は簡単で、「T」の文字のテキストツールを選択した状態で直接プログラムパネル(ピンクの枠で囲った部分)にテキストを打ち込んでいくだけです!

adobe神
adobe神
テキストツールが見当たらない人は画面上の「ウィンドウ→ツール」にチェックを入れるのじゃ!

これだけでテロップを入れることができます。

デザイン面でもっと凝ったデザインをしたいという方は下記の記事を参考にしてみてください。レガシータイトルでのテロップの入れ方を解説しています。

Premiere Proで動画にテロップを入れる方法【2通りの方法を紹介】みなさんこんにちは、運営のAdobe神(@taipei_freedom)です。 今回はこのようなお悩みにお答えしていきます...

⑥音量の調整の仕方

次に音量を調整する方法です。

①「オーディオクリップミキサーパネル」を追加
②値を調整
【初心者必見】Premiere Proの使い方を一から解説!【最低限の編集はできるようになります】

まずは「ウィンドウ→オーディオクリップミキサー」にチェックを入れてください。

【初心者必見】Premiere Proの使い方を一から解説!【最低限の編集はできるようになります】

すると上記の画像のように「オーディオクリップミキサーパネル」が表示されます。

ここでそれぞれ対応したオーディオの音量を調整していきます。

【初心者必見】Premiere Proの使い方を一から解説!【最低限の編集はできるようになります】

今回の記事では最もメジャーな方法を紹介しましたが、実は他にも音量を調整する方法があります。

途中で音が小さくしていく方法などは下記の記事で解説しているので必要な方はご参考ください。

Premiere Pro 音量調整する方法
Premiere Proで音量を調節する方法みなさんこんにちは運営のAdobe神(@taipei_freedom)です。 今回はこのようなお悩みにお答えしていきます。...

⑦明るさや色味の調整の仕方

こちらもやり方は簡単で

①Lumetriカラーエフェクトを適応
②エフェクトコントロールで値を調整

するだけです。

【初心者必見】Premiere Proの使い方を一から解説!【最低限の編集はできるようになります】

エフェクトパネル→Lumetriカラー」を色調補正したいクリップにドラッグアンドドロップしてください。

adobe神
adobe神
エフェクトパネルが見当たらん人は「ウィンドウ→エフェクト」にチェックを入れるのじゃ!
【初心者必見】Premiere Proの使い方を一から解説!【最低限の編集はできるようになります】

そして次に「エフェクトコントロール→Lumetriカラー」の値を調整していくことで色調を整えることができます。

各エフェクトの効果の違いについては下記の記事にて解説しています。

Premiere Proで明るさや色味を変更する方法
Premiere Proで明るさや色味を変更する方法みなさんこんにちは運営のAdobe神(@taipei_freedom)です! 今回はこのようなお悩みにお答えしていきます。...

⑧アニメーションの付け方

次に基本的なアニメーションの付け方になります。

こちらも方法は簡単で下記の通りです。

①アニメーションを適応したいクリップを選択
②エフェクトコントロールで値を調整
【初心者必見】Premiere Proの使い方を一から解説!【最低限の編集はできるようになります】

上記画像の通り、アニメーションを適応したいクリップを選択してエフェクトコントロール内の好きなアニメーションの値を変更します。

【初心者必見】Premiere Proの使い方を一から解説!【最低限の編集はできるようになります】

徐々にアニメーションの値を変更したい場合は上の画像のように時計のマークのところをクリックしてから値を変更するとその時間軸に合わせてアニメーションが徐々に変化します。

⑨動画の保存方法(書き出し)

【初心者必見】Premiere Proの使い方を一から解説!【最低限の編集はできるようになります】

最後にここまで作ってきた動画を保存する方法を解説していきます。

まずは「ファイル→書き出し→メディア」を選択します。

【初心者必見】Premiere Proの使い方を一から解説!【最低限の編集はできるようになります】

すると上のようなタブが開きます。

ここで最低限動画を保存するのに必要なのは下記の3つです。

①形式
②プリセット
③出力名

ここではYouTubeやSNSなどに流す用の一般的なmp4動画という前提でそれぞれの設定について解説していきます。

①形式

ここは何も考えずに「H.264」を選択すればOKです!

これによりmp4で動画が書き出されます。

プリセット

【初心者必見】Premiere Proの使い方を一から解説!【最低限の編集はできるようになります】

プリセットでは「投稿したいSNSの種類」と「解像度」を選択していただければOKです!

adobe神
adobe神
撮影した時の解像度が低いとここで高い解像度を選択しても意味がないぞ!

解像度が高いものは書き出しの速度も遅くなるので注意です。

③出力名

【初心者必見】Premiere Proの使い方を一から解説!【最低限の編集はできるようになります】

出力名では
・保存名
・保存先
の2つを設定していきます。

出力名のところをクリックすると上の画像のようなタブが出てくると思うのでここで「名前」と「場所(保存先)」を設定してください。

【初心者必見】Premiere Proの使い方を一から解説!【最低限の編集はできるようになります】

これらの設定が済んだら最後に右下にある「書き出し」という部分をクリックしたら設定した名前で設定した場所に動画が書き出されます。

adobe神
adobe神
この時の書き出し時間はパソコンのスペックによるぞ!
Premiere Pro書き出し方法【背景透過で書き出す方法も解説】みなさんこんにちは、運営のAdobe神(@taipei_freedom)です。 こんなお悩みをお持ちではないですか? ...

番外編:動画編集で使える素材サイトの紹介

ここでは簡単にそれぞれの用途ごとに代表的なサイトのみ紹介させていただきます。

動画素材:Pexels
イラスト:いらすとや
BGM:DOVA-SYNDROME
効果音:効果音ラボ
動画編集に使える動画素材:Adobe神note

ここでは代表的なサイトのみ紹介しましたが、もちろん他にもいいサイトはたくさんあります。

ここで紹介しきれていないものについては下記の記事ではそれぞれのオススメのサイトを紹介しているのでぜひ読んでみてください。

動画素材オススメサイト
オススメのフリーの動画素材サイト6選みなさんこんにちは運営のAdobe神(@taipei_freedom)です。 動画編集をしているみなさんは動画編集をしていると、 ...
有名Youtuber BGMまとめ
有名youtuberが使うBGMを集めてみた!【東海オンエアやヒカキンなど】みなさんこんにちは運営のAdobe神(@taipei_freedom)です。 今回はこのような疑問にお答えしていきます。 ...
有名YouTuberがよく使う無料の効果音サイト3選
有名YouTuberがよく使う無料の効果音サイト3選みなさんこんにちは運営のたいぺー(@taipei_freedom)です! 今回はこのようなお悩みにお答えしていきます! ...

まとめ

最低限これらができたら動画編集はできる!!

①Premiere Proの立ち上げ方法
②素材の読み込み方法
③素材の並べ方
④動画カットの方法
⑤テロップの入れ方
⑥音量の調整の仕方
⑦明るさや色味の調整の仕方
⑧アニメーションの付け方
⑨動画の保存方法(書き出し)
番外編:オススメの素材サイト
eyepatch
Premiere Proで効率的に動画編集していく流れみなさんこんにちは、運営のAdobe神(@taipei_freedom)です。 今回はこのようなお悩みにお答えしていきます...
ABOUT ME
アドビ神
自身がadobeのスキルを取得するのに苦労したためこのサイトの作成を決意。 読者の皆様のadobe学習の効率化を目指します。