Premiere Pro

Premiere Proで文字を揺らす方法【3種類の揺らし方を紹介!】

Premiere Proで文字を揺らす方法【3種類の揺らし方を紹介!】

みなさんこんにちは運営のAdobe神(@adobeshin)です!

過去のたいペー
過去のたいペー
バラエティ番組とかでよく見る文字の揺らし方を知りたい!

今回はこのようなお悩みに

過去のたいペー
過去のたいペー
YouTube動画編集が本業のワシが

お答えしていきます!

この記事の内容

・Premiere Proで文字を揺らす方法×2
・作った文字揺らしのエフェクトを保存して次も楽に使い回す方法

この記事では以下3種類のような揺れ方を再現していきます!

Premiere Proで文字を揺らす方法①
Premiere Proで文字を揺らす方法
Premiere Proで文字を揺らす方法

Premiere Proで文字を揺らす方法①

やり方は簡単で下記の2ステップです。

①テロップを作成
②「波形ワープ」エフェクトを使用
③値を設定
過去のたいペー
過去のたいペー
波形ワープというエフェクトを使えば一髪じゃ!
Premiere Proで文字を揺らす方法①

まずはこちらの文字の揺らし方を見ていきます。

①テロップを作成

Premiere Proで文字を揺らす方法①

まずはテロップを作成します。

こちらに関してはエッセンシャルグラフィックスでもレガシータイトルでもどちらで作成しても構いません。

この二つの違いがよくわからない方は以下の記事を参考にしてみてください。

Premiere Proでテロップを効率的に入れる方法【背景を入れる方法も紹介】みなさんこんにちは、運営のAdobe神(@adobeshin)です。 今回はこのようなお悩みにお答えしていきます。 ...

②「波形ワープ」エフェクトを使用

Premiere Proで文字を揺らす方法①

「エフェクト→波形ワープ」を使用します。

「波形ワープ」をテキストのクリップに追加してください。

③「波形ワープ」の値を設定

Premiere Proで文字を揺らす方法①

テキストのクリップを選択した状態で「エフェクトコントロール」を見ると「波形ワープ」が追加されているかと思います。

こちらの値を変更していくと先ほどのように文字を揺らすことができるようになります。

先ほどのようにゆらゆらと文字を揺らすには以下のように値を設定してください。

Premiere Proで文字を揺らす方法①
・波形の種類:サイン
・波形の高さ:10
・波形の幅:100
・方向:90°
・波形の速度:1
・固定:なし
・フェーズ:0
・アンチエイリアス:低

こうすることで先ほどの波のような揺れを再現することができます。

adobe神
adobe神
波の揺れを大きくしたい場合は「波形の高さ」「波形の幅」の値を大きくするとできるぞ!

震えるように揺らす方法

Premiere Proで文字を揺らす方法

このように文字を震えるように揺らす方法ですが、こちらも「波形ワープ」エフェクトを使います。

adobe神
adobe神
さっきのと設定を変えればできるぞ!
Premiere Proで文字を揺らす方法①

値を以下のように設定してください。

・波形の種類:ノイズ(滑らか)
・波形の高さ:34
・波形の幅:1
・方向:0°
・波形の速度:1
・固定:なし
・フェーズ:0
・アンチエイリアス:低

Premiere Proで文字を揺らす方法②

こちらは以下のような揺らし方をします

Premiere Proで文字を揺らす方法

こちらも方法は簡単で以下の通りです。

「位置」を少しずつずらしてキーフレームを打っていく

「位置」を少しずつずらしてキーフレームを打っていく

Premiere Proで文字を揺らす方法② 今回の場合は特にエフェクトを追加する必要はありません。

揺らしたいテロップのクリップを選択した状態で「エフェクトコントロール→位置」を開いてください。

そして「位置」の左側にある時計マークをONにしてください。

Premiere Proで文字を揺らす方法②

次に2フレームずつ再生コントロールを動かしながら上記画像のようにX軸の値を変えながらキーフレームを打っていってください(位置のX軸の値を変えていきます。)

adobe神
adobe神
ここでは20ずつ変えてるがこの値は状況に応じて変えてくれ!

打ったキーフレームをコピぺする

4フレーム作れたらそれを全選択してコピペすると楽です。

過去のたいペー
過去のたいペー
やり方はわかったけど、これを毎回やるの…?めんどくさい…涙

作った文字揺らしエフェクトをPremiere Proに保存して次も楽に使う方法

作った文字揺らしエフェクトをPremiere Proに保存して次も楽に使う方法

ここでは今回作ったエフェクトを保存して使い回す方法を解説していきます。

方法は簡単で「エフェクトコントロール」で使ったエフェクトを「右クリック→プリセットの保存」を選択してください。

作った文字揺らしエフェクトをPremiere Proに保存して次も楽に使う方法

すると上記のようなタブが開くのでこちらを設定していきます。

・名前:わかりやすい名前をつけてください
・種類
┗スケール:クリップ全体に対しての割合でアニメーションの長さや場所が決まる
┗インポイント基準:インポイントを起点としてアニメーションの長さなどは同じ
┗アウトポイント基準:アウトポイントを起点としてアニメーションの長さなどは同じ
・説明:あってもなくてもOKです。

これらを記入して「OK」を押せば保存されます。

「エフェクト」パネルの中に追加されています。

Premiere Proでアニメーションをつける方法【動画のクオリティ爆上がりです】
Premiere Proでアニメーションをつける方法【テンプレ化する方法も解説】みなさんこんにちは運営のAdobe神(@adobeshin)です! 今回はこのようなお悩みにお答えしていきます。 動...
作った文字揺らしエフェクトをPremiere Proに保存して次も楽に使う方法

このように波形ワープも値を毎回入力するのはめんどくさいので保存することができます。

Premiere Proで文字を揺らす方法のまとめ

Premiere Proで文字を揺らす方法は以下の2つ

・「波形ワープ」を使う
・「位置」を

一度作ったらプリセット化して保存すべし。

今回作成したテロップエフェクトを含むテロップアニメーション素材を配布しています。

ドラッグアンドドロップだけでテロップにアニメーションを付けれるテロップエフェクトも配布しているのでこちらもご覧ください!

Premiere Proでアニメーションをつける方法【テンプレ化する方法も解説】

>>YouTube動画編集で使えるテロップエフェクトプリセット配布中

ABOUT ME
アドビ神
自身がadobeのスキルを取得するのに苦労したためこのサイトの作成を決意。 読者の皆様のadobe学習の効率化を目指します。