Premiere Pro

Premiere Proでスムーズズームトランジションをする方法

Premiere Proでスムーズズームをする方法

みなさんこんにちは運営のAdobe神(@taipei_freedom)です!

過去のたいペー
過去のたいペー
スムーズズームをする方法を教えて!

今回はこのようなお悩みにお答えしていきます!

スムーズズームとはどんな感じかと言うと下記の動画をご覧ください。

Premiere Proでスムーズズームをする方法
この記事の内容

スムーズズームをする方法

スムーズズームをする方法

スムーズズームをする方法は下記の4ステップでできます。

①調整レイヤーを2つ作って調整
②「複製」を適応(下の方のレイヤー)して設定
③「ミラー」を適応(下の方のレイヤー)して設定
④トランスフォームを適応(上の方のレイヤー)して設定

もし文字よりも動画で学びたいという方は下記の動画にて方法を説明したのでご覧ください!

調整レイヤーを2つ作って調整

Premiere Proでスムーズズームをする方法

ファイル→新規→調整レイヤー」で調整レイヤーを作成します。

Premiere Proでスムーズズームをする方法

先ほど作成した調整レイヤーを2つスムーズズームトランジションを適応したいクリップとクリップの間に追加します。

Premiere Proでスムーズズームをする方法

このうちの下の方にある調整レイヤーは境界線より右側にのみ配置しておきます。

「複製」を適応(下の方のレイヤー)して設定

Premiere Proでスムーズズームをする方法

エフェクトモニターの中で「複製」というエフェクトを探して下の方の調整レイヤーに追加します。

よく使う用語
Premiere Pro動画編集で使う用語まとめ【Premiere Pro初心者講座】みなさんこんにちは運営のAdobe神(@taipei_freedom)です。 普段Premiere Proの解説記事を読んでいて ...
Premiere Proでスムーズズームをする方法

「複製」エフェクトを追加するとエフェクトコントロールに「複製」の項目が追加されるのでこちらの「カウント」の値を「」にしてください。

Premiere Proでスムーズズームをする方法

カウントを「3」にすることで「3×3」の9マスに複製することができました。

しかし、この段階ではあまりにも境界線がはっきりしているのでこれからこの境界線をなくす作業をしていきます。

「ミラー」を適応(下の方のレイヤー)して設定

Premiere Proでスムーズズームをする方法

次に先ほどの「複製」の時と同じようにエフェクトモニターの中で「ミラー」を検索して下の方のレイヤーに適応します。

この時先ほどとは違い4回エフェクトを適応してください。そうすることで下記画像のように4つ分のミラーエフェクトを操作することができます。

Premiere Proでスムーズズームをする方法

4つ分のミラーエフェクトを適応できたら次にエフェクトコントロールの中の「ミラー」の設定をしていきます。

「ミラー」が4つできていると思うのでそれぞれ上から順に下記の設定に変更してあげてください。

①反射の中心:1920,360 角度:-90°
②反射の中心:1920,720 角度:90°
③反射の中心:640,540 角度:180°
④反射の中心:1274,540 角度:360°
Premiere Proでスムーズズームをする方法

こうすることで上記画像のように境界線をわかりにくくすることができました。

adobe神
adobe神
これがスムーズズームをするときに自然な仕上がりにしてくれるのじゃ!

トランスフォームを適応(上の方のレイヤー)して設定

Premiere Proでスムーズズームをする方法

次にエフェクトパネルの中で「トランスフォーム」エフェクトを探してください。

そしてこちらのエフェクトを上の方の調整レイヤーに追加していきます。

Premiere Proでスムーズズームをする方法

エフェクトを追加できたら、再生コントロールをトランジションしたい動画と動画の間に持ってきます。

adobe神
adobe神
この時に「shift」を押しながら再生コントロールを移動するとちょうど真ん中の位置に持ってきやすくなるぞ!

再生コントロールを真ん中に持ってきた状態で左に5〜8フレーム分再生コントロールを移動します。

adobe神
adobe神
「←」カーソルを押すことで左に1フレームずつ再生コントロールを移動することができるぞ!
Premiere Proでスムーズズームをする方法

次に下記の3つの値を変更していきます。

・スケール
・コンポジションのシャッター角度を使用
・シャッター角度

スケールの設定

再生コントロールを中心から5〜8フレーム左に持ってきた状態でエフェクトコントロールの中の「トランスフォーム→スケール」のところにキーフレームを打ちます。

そして今の作業と全く同じことを右側にも適応し、キーフレームを打ちます。

右側のキーフレームに関しては「スケール」の大きさを「300」にしておいてください。

こうすることでズームを可能にします。

コンポジションのシャッター角度を使用

コンポジションのシャッター角度を使用のところのチェックマークを外します。

シャッター角度

シャッター角度を360°に設定します。

 

Premiere Proでスムーズズームをする方法

最後にズームの動きの速さに抑揚を加えていきます。

「スケール」の横の部分にある「>」をクリックすると上記画像のように速さを調整できる波が出てくるのでこちらを調節して画像のように山の形にしてあげてください。

まとめ

スムーズズームエフェクトを作るためにするべきことは下記の4ステップ!

①調整レイヤーを2つ作って調整
②「複製」を適応(下の方のレイヤー)して設定
③「ミラー」を適応(下の方のレイヤー)して設定
④トランスフォームを適応(上の方のレイヤー)して設定
よく使う用語
Premiere Pro動画編集で使う用語まとめ【Premiere Pro初心者講座】みなさんこんにちは運営のAdobe神(@taipei_freedom)です。 普段Premiere Proの解説記事を読んでいて ...
PremiereProを使ってYouTube編集のするための全て【素材サイトから編集順まで!】みなさんこんにちは運営のAdobe神(@taipei_freedom)です。 今回はこのようなお悩みを解決していきます。 ...
ABOUT ME
アドビ神
自身がadobeのスキルを取得するのに苦労したためこのサイトの作成を決意。 読者の皆様のadobe学習の効率化を目指します。