Premiere Proの使い方

Premiere Proでスローモーションや早送りに速度を変更する方法

Premiere Pro 速度変更

みなさんこんにちは運営のAdobe神(@adobeshin)です。

adobeマン
adobeマン
動画をスローモーション、早送りにしたいけどどうすればいいの?

今回の記事ではこのようなお悩みにお応えしていきます!

動画速度の変更は動画に表現の強弱を持たせるという点でとても重要です。

ぜひやり方を覚えていきましょう!

この記事の内容

・Premiere Proでスローモーション/早送りにする方法

adobe神
adobe神
やり方はとても簡単じゃぞ!  

文字よりも動画の方がいいという方はこちらの動画をご覧ください!

Premiere Proでスローモーションや早送りに速度を変更する方法

command+R

方法は簡単で以下のたった2ステップで速度を変えることができます。

①「command+R」で速度を変更するためのタブを開く
②速度の値を設定

①「command+R」で速度を変更するためのタブを開く

command+R

速度を変更したいクリップを選択した状態で「command+R」を押してください。

その結果上の画像のような「クリップ速度・デュレーション」タブが開きます。

②速度の値を設定

あとは「速度」の部分の%を変えるのみです。

速度を早めたい場合は100%より高く遅くしたい場合は100%より低くすることで速度を遅くすることができます。

過去のたいペー
過去のたいペー
50%にしたら半分のスピードに、200%にしたら倍のスピードになるんだね!
adobe神
adobe神
ちなみにここで「逆再生」を押すと動画を巻き戻すことができるぞ!
Premiere Proで逆再生する方法みなさんこんにちは、運営のAdobe神(@adobeshin)です。 この記事ではそのような要望にお応えします。 逆...

1つのクリップの中で徐々に速度を変更してスローモーションにしたり早送りする方法

徐々に速度変更
過去のたいペー
過去のたいペー
速度変更の方法はわかったけど同じクリップの中で速度を早くしたり遅くしたりしたい!

ここではそんなお悩みにお答えしていきます。

クリップを選択して右クリック

クリップキーフレーム

速度変更を適応したいクリップを選択した状態で右クリックをしてください。

クリップキーフレームを表示→タイムリマップ→速度

を選択してください。

速度を変更したい部分にキーフレームを打つ

キーフレーム打つ

「エフェクトコントロール→タイムリマップ→速度」のアニメーションマークをオンにしてください。

そして速度変更を始めたい位置と終わらせたい位置の2箇所にキーフレームを打ちます。

adobe神
adobe神
キーフレームはキーフレームを打ちたい位置に再生コントロールを合わせて、画像の赤枠の部分をクリックすることで打つことができるぞ!

タイムラインモニタでキーフレームを表示

スクロールする

タイムラインモニタで赤枠の部分をスクロールしてタイムラインモニタ上でも先程打ったキーフレームを見れるようにします。

速度変更

速度変更

真ん中にある直線を上下にスクロールすることで速度を変更します。

速度を上げたい場合は上にスクロールします。速度を下げたい場合は下にスクロールします。

キーフレームをずらす

キーフレームを触ってみるとわかるのですが、キーフレームは2つに分けることができます。

片方のキーフレームを左右にスライドさせることで速度の変更を滑らかにすることができます。

徐々に速度変更

このように両方のキーフレームを滑らかにできたら完成です!

Premiere Proでスローモーションや早送りに速度を変更する方法のまとめ

速度を変更する方法は2つ

・「command+R」で変更(クリップ全体に適応、滑らかさがない)
・キーフレームを打って変更(クリップの中で速度を変更できる、滑らかにできる)

状況によってうまく組み合わせて使ってください!

ストップモーション方法
Premiere Proでストップモーションのやり方みなさんこんにちは、運営のAdobe神(@adobeshin)です。 動画編集をしている中で 「動画をストップさせたい!」 こ...
ABOUT ME
アドビ神
自身がadobeのスキルを取得するのに苦労したためこのサイトの作成を決意。 読者の皆様のadobe学習の効率化を目指します。