Premiere Proの使い方

Premiere Proで手ぶれ補正をする方法【たった2ステップでスタビライズ】

Premiere proで手ブレ補正をする方法

みなさんこんにちは、運営のAdobe神(@taipei_freedom)です!

過去のたいペー
過去のたいペー
Premiere Proを使って手ブレを抑える方法を教えて!
動画を編集しようとしたんだけど元の動画の手ブレがひどくて…

今回はこのようなお悩みにお答えしていきます。

実は手ブレ補正するのはそこまで難しくはありません。たった2ステップで手ブレ補正することができるのでぜひやり方を見てみてください。

この記事の内容

Premiere proでたった2ステップで手ブレ補正をする方法

過去のたいペー
過去のたいペー
たった2ステップならぼくでも簡単だね!

Premiere Proで手ぶれ補正をする方法

やり方はとても簡単で次の2ステップでできます。

①「ワープスタビライズ」エフェクトを適応
②滑らかさを指定

「ワープスタビライザー」エフェクトを適応

Premiere proで手ブレ補正をする方法

エフェクトパネル→ワープスタビライザー」を手ブレ補正をしたい動画にドラッグアンドドロップします。

Premiere proで手ブレ補正をする方法

すると上記画像のように「バックグラウンドで分析中」という警告が出てきます。

このまま分析を進めてもいいのですが、元の動画が長いかったりPCのスペックが悪いと時間がかかるので今回は手動で設定する方法を紹介します。

adobe神
adobe神
「バックグラウンドを分析中」をそのまま進めると、自動で手ぶれ補正してくれるぞ!

分析を止めて、自分で手動で設定するためにまずは上記画像の赤枠部分の「キャンセル」をクリックしてください。

滑らかさを指定

Premiere proで手ブレ補正をする方法

基本的に設定はデフォルトのもので大丈夫なので
スタビライズ→滑らかさ
の値のみを設定してあげましょう。

ここで自分の動画を見ながら好みの手ブレ感になるまで調整してあげてください。

adobe神
adobe神
%を上げすぎると逆に不自然な滑らかさになったりもするので注意じゃ!

ちなみに今回の設定をおこなったものとそうでないものを比較したものを下記に貼って置くので参考にしてみてください。

右の動画はかなり手ブレ補正されているのがわかるかと思います。

adobe神
adobe神
あまり値を大きくしすぎると逆に見にくい動画になるので要注意じゃぞ!

まとめ

手ブレ補正するには下記の2ステップを実行せよ!

①「ワープスタビライズ」エフェクトを適応
②滑らかさを指定
Premiere Proで明るさや色味を変更する方法
Premiere Proで明るさや色味を変更する方法みなさんこんにちは運営のAdobe神(@taipei_freedom)です! 今回はこのようなお悩みにお答えしていきます。...
ABOUT ME
アドビ神
自身がadobeのスキルを取得するのに苦労したためこのサイトの作成を決意。 読者の皆様のadobe学習の効率化を目指します。