Premiere Pro

Premiere Proでテロップを効率的に入れる方法【背景を入れる方法も紹介】

みなさんこんにちは、運営のAdobe神(@adobeshin)です。

過去のたいペー
過去のたいペー
Premiere Proのテロップの入れ方がわからない!!
効率的にテロップ入れる方法を教えて!

今回はこのようなお悩みにお答えしていきます。

youtubeを始めたり動画を編集していくにあたってテロップは必要不可欠。これは紛れもない事実です。

そんなお悩みに

adobe神
adobe神
本業がYouTubeの動画編集で毎日息をするようにテロップ入れをしているワシが答えていくぞ!
この記事の内容

・効率的なテロップの作成方法
・おしゃれなテロップの作成方法
・テロップの背景にテロップベース(座布団)を敷く方法

テロップ作成は今後動画を編集して行く上で避けては通れない道です。

やり方を間違うと今後莫大な時間を無駄にしてしまう可能性があるので最初に正しいやり方を学んでおきましょう!

adobe神
adobe神
そんなことをなくすためにも本記事で正しいやり方を学んでいきましょう!

Premiere Proのテロップの入れ方

テロップの追加する方法には二つあります。

・エッセンシャルグラフィックス
→最も簡単に作成することができる方法

・レガシータイトル
→上の方法よりもさらに詳細を編集することができる方法

まずは一つ目の方法をみていきましょう。

エッセンシャルグラフィックス:最も簡単にテロップ作成することができる方法

特にテロップに大きなこだわりがない人はこちらの方法でOKです。

十分こちらでもいい感じのテロップが作れます。

それでは方法を解説していきます。

準備:グラフィックのワークスペースを開く

エッセンシャルグラフィックス:最も簡単にテロップ作成することができる方法

①テキストツールを選択して直接入力

エッセンシャルグラフィックス:最も簡単にテロップ作成することができる方法

まずは上記画像の赤枠で囲んだ部分のテキストツールを選択します。

もし、この時にテキストツールが見当たらない場合は画面上部にある「ウィンドウ→ツール」にチェックを入れてください。

テキストツールを選択してプログラムモニタ上にカーソルを持っていくと、文字を入力することができるようになります。

あとはここに入れたい文字を入力していくだけです。

adobe神
adobe神
ここでデフォルトの設定だと英語フォントになっていて日本語を入力するとエラーマークが出るかもしれんがまだここでは気にしなくていいぞ!

文字を入力すると自動的にクリップがタイムラインモニタに追加されているのでこちらを使ってテロップを表示する時間などを調整してください。

過去のたいペー
過去のたいペー
でもこのままだとそっけないよ!
どうやってテロップに装飾を加えるの?

③テロップに装飾を加える

エッセンシャルグラフィックス:最も簡単にテロップ作成することができる方法

そこでフォントの種類を変更したり、文字に装飾を加える方法について解説します。

「エッセンシャルグラフィックス」という上記画像の赤枠で囲んだ部分をみてください。

ここで先ほど追加したテロップに装飾をおこなうことができます。

adobe神
adobe神
ここでフォントの種類を日本語のものにしたらさっきのエラーマークが解消されるぞ!

もしデフォルトのフォントに好きな物がない場合は以下の記事を参考にしてフォントをダウンロードしてみてください。

Adobeソフトにfontを追加する方法【ダウンロード元も紹介】みなさんこんにちは、運営のAdobe神(@adobeshin)です。 今回の記事ではこんな疑問に答えていきます。 ...

フォントの種類の他にも

・文字の色
・文字の枠
・文字の影
・文字の背景
・文字の大きさ
・文字の位置
などなど…

を設定することができます。

ただし、文字にグラデーションを入れたり高度な編集をしたい場合はここでは設定できないので後ほど解説する方法で文字を装飾する必要があります。

adobe神
adobe神
とはいえここでも十分装飾は可能だし、最も手間がかからない方法なのでこの方法はしっかりマスターしよう!

ちなみにここで作成したテロップは保存して使いまわすこともできるのでその方法については以下の記事をご覧ください。

Premiere Proで作成したテロップを保存して使い回す方法みなさんこんにちは運営のAdobe神(@adobeshin)です! 今回はこのようなお悩みにお答えしていきます! ...

レガシータイトル:より高度なテロップを作成する方法。

こちらは先ほど解説した「エッセンシャルグラフィックス」よりもめんどくさいですが、グラデーションなどさらに高度な編集ができる方法です。

それではその方法を解説していきます。

①レガシータイトルを選択

レガシータイトル:より高度なテロップを作成する方法。

「ファイル」→「新規」→「レガシータイトル」を選択します。

レガシータイトル:より高度なテロップを作成する方法。

するとこのようにタブが開くかもしれませんがここは特に神経質にならず「OK」を押して大丈夫です。

テキストツールを選択して文字を入力

レガシータイトル:より高度なテロップを作成する方法。

するとこのようなタブが開きます。

ここで上記画像の赤枠で囲った部分の「T」を選択した状態で入力したい文字を入力してください。

文字に装飾を加える(一つ目の方法よりたくさん装飾できます。)

 

レガシータイトル:より高度なテロップを作成する方法。

画面右側に「レガシータイトルプロパティ」という欄があります。

ここでより詳細な文字への装飾をおこなうことができます。

全部紹介すると数が多いので一つだけ具体例を挙げると、

先ほどの「エッセンシャルグラフィック」では設定できなかった「グラデーション装飾」を塗りに追加することができます。

ここで装飾したスタイルについてもエッセンシャルグラフィックス同様保存してテンプレート化することができます。

詳しくは以下の記事をご覧ください。

Premiere Proで作成したテロップを保存して使い回す方法みなさんこんにちは運営のAdobe神(@adobeshin)です! 今回はこのようなお悩みにお答えしていきます! ...
レガシータイトル:より高度なテロップを作成する方法。

スタイルができたら、レガシータイトルのタブは閉じてください。

タブを閉じると、「タイトル1」というのがプロジェクトパネルの中に追加されています。

そちらをタイムラインにドラッグアンドドロップすると先ほど作成したテロップを追加することができます。

もし編集したい場合は「タイトル1」と書かれたテロップをダブルクリックすれば編集できます。

過去のたいペー
過去のたいペー
なるほどね!テロップの入れ方と装飾の仕方についてはわかったよ!
次はどうやってテロップの背景(テロップベース)を入れるのかが知りたい!

Premiere Proでテロップに背景(テロップベース)を入れる方法

テロップベースを入れる方法は以下の二つがあります。

・エッセンシャルグラフィックスでテロップベースを入れる方法
・テロップベースを別に作って画像素材として入れる方法

エッセンシャルグラフィックスでテロップベースを入れる方法

エッセンシャルグラフィックスでテロップベースを入れる方法

先ほどのエッセンシャルグラフィックスの設定の中で「背景」という部分があるのでこちらの設定を行えば簡単なテロップベースであれば作成可能です。

エッセンシャルグラフィックスでテロップベースを入れる方法

ちなみにこちらのように「赤枠で囲んだマーク→長方形(楕円)」を選択することでもテロップベースを作ることもできます。

過去のたいペー
過去のたいペー
もう少し凝ったデザインのテロップベースを使いたい!

テロップベースを別に作って画像素材として入れる方法

テロップベースを別に作って画像素材として入れる方法

もう一つの方法は単純にテロップベースをPhotoshopやillustoratorなど他の媒体で作成して画像素材として使う方法です。

これだと手間はかかりますが、その代わり高クオリティのテロップベースを作成することができます。

過去のたいペー
過去のたいペー
Photoshopやillustoratorの使い方なんて知らないよ!

こんな方のために私がテロップベースを作りました!

90個のテロップベースをnoteで配布してるので是非みてみてください。

Premiere Proでテロップを効率的に入れる方法のまとめ

Premiere Proでテロップを追加する方法は2つ!

・エッセンシャルグラフィクス
・レガシータイトル

個人的には以下のように使い分けています。

特にこだわりがない場合:エッセンシャルグラフィックス
少し凝ったテロップを使いたい時:レガシータイトル

テロップに背景を入れる方法は以下の二つ。

・エッセンシャルグラフィックスでテロップベースを入れる方法
・テロップベースを別に作って画像素材として入れる方法

ここまで読んで…

過去のたいペー
過去のたいペー
テロップを1から作る方法は理解した。でもそれさえめんどくさい!

このように感じた方もいるかもしれません。

そんな方のために特別にレガシータイトル&エッセンシャルグラフィックスを使ってのテロップのテンプレをご用意しました!

こちらのページからテンプレをダウンロードすれば一から作ることなくテンプレのテロップを何度も使い回すことができます。

ぜひご覧ください!

↓こんな感じのテンプレをダウンロードすることが可能です。

Premiere Pro テロップ 無料

 

ABOUT ME
アドビ神
自身がadobeのスキルを取得するのに苦労したためこのサイトの作成を決意。 読者の皆様のadobe学習の効率化を目指します。