Premiere Proの使い方

Premiere Proのテキストアニメーションで使えるエフェクトを一挙公開

Premiere Proのテキストアニメーションで使えるエフェクトを一挙公開

みなさんこんにちは運営のAdobe神(@adobeshin)です!

過去のたいペー
過去のたいペー
テキストアニメーションってどんなのがある?一つの記事にまとめて欲しい!

今回の記事ではこのようなお悩みに

adobe神
adobe神
YouTube動画編集を本業としていて毎日のようにテキストアニメーションをしているワシが!

お答えしていきます!

この記事の内容

・テキストアニメーションで使えるエフェクト一覧
・テキストアニメーションの設定方法

具体的には以下のようなエフェクトを紹介していきます。

・トランスフォーム/ブラー(ガウス)
・クロスディゾルブ
・波形ワープ
・クロップ

Premiere Proのテキストアニメーションで使えるエフェクトを一挙公開

noteにて動画編集で使えるテロップエフェクト素材を配布中!

1から作るのがめんどくさいという方はこちらをご活用ください。

テキストアニメーションに使うエフェクトの加え方

テキストアニメーションに使うエフェクトの加え方

まずは「エフェクト」モニターを開いてください。

そしてエフェクトモニターの中で自分が使いたいエフェクトを検索をかければすぐに見つけることができます。

テキストアニメーションに使うエフェクトの加え方

エフェクトを追加後にエフェクトを追加したクリップを選択した状態で「エフェクトコントロール」モニターを見ると追加したエフェクトを確認することができます。

エフェクトをつけた後にアニメーションをつける方法についてはこの記事内で解説すると長くなるので以下の記事をご覧ください。

Premiere Proでアニメーションをつける方法【動画のクオリティ爆上がりです】
Premiere Proでアニメーションをつける方法【テンプレ化する方法も解説】みなさんこんにちは運営のAdobe神(@taipei_freedom)です! 今回はこのようなお悩みにお答えしていきます。...

ここからは実際にテキストアニメーションに使えるエフェクトを紹介していきます。

トランスフォーム/ガウス

こちらのエフェクトは以下のようなテキストアニメーションに使えます。

・スライドイン/スライドアウト
・テキストを揺らすエフェクト

スライドイン/スライドアウト

上のようなスライドイン/スライドアウトは「トランスフォーム」「ブラー(ガウス)エフェクトを使うことで表現できます。

トランスフォーム/ガウス

まずは「トランスフォーム」ですが、こちらは自分がテキストを動かしたいようにキーフレームを打って設定します。

AfterEffectsではモーションブラーというのがあって、いかにもテキストが動いてる感を出すことができるのですが、Premiere Proにはモーションブラーがないので擬似的に作り出す必要があります。

そんな時に使えるのが「ブラー(ガウス)」です。

テキストが動いている間に以下の2つを設定すればPremiere Proでもいかにもモーションブラーのような動きを表現できます。

・ブラーの値:好みの数値を設定
・ブラーの方向:動く方向に合わせて設定(横に動くなら水平、縦なら垂直)

追記:ガウスを使わなくてもモーションブラーっぽい動きにできる方法がありました!

少しブラーの時と見た目は違いますが、ほぼ同じなので気にしない方はこの方法でもいいのかなと思います。

トランスフォーム/ガウス

方法は簡単で「トランスフォーム」内の以下の2つの設定をすればOKです

・コンポジションのシャッター角度…:チェックを外す
・シャッター角度:値を大きくする(大きくすればするほどモーションブラーが強くなります)
過去のたいペー
過去のたいペー
ブラーをつけるよりこっちの方が簡単そうだね!

テキストを揺らすエフェクト

上記のようにテキストを揺らす時にも「トランスフォーム」エフェクトを使います。

テキストを揺らすエフェクト

方法は簡単でひたすらランダムの位置にキーフレームを打つのみです。

こちらには「ブラー(ガウス)」エフェクトを使う必要はありません。

その他のテキストを揺らす方法は以下の記事にて紹介しています。

Premiere Proで文字を揺らす方法【3種類の揺らし方を紹介!】
Premiere Proで文字を揺らす方法【3種類の揺らし方を紹介!】みなさんこんにちは運営のAdobe神(@taipei_freedom)です! 今回はこのようなお悩みに お答...

クロスディゾルブ

こちらのエフェクトは以下のようなテキストアニメーションに使えます。

・フェードイン/フェードアウト

優しい感じでテロップを表示したり消したりしたい時に使えるエフェクトですね。

もちろん今までのやり方でエフェクトから「クロスディゾルブ」と調べてテキストクリップに適応してもいいのですが、クロスディゾルブに関してはもっと簡単なやり方があります。

クロスディゾルブ

その方法はクロスディゾルブを適応したいクリップを選択した状態で「⌘(Winはctrl)+D」を押すだけです。

ショートカットキーがデフォルトの人はこれでテキストクリップの始まりと終わりの部分にクロスディゾルブが適応されるかと思います。(上記画像参照)

波形ワープ

こちらのエフェクトは以下のようなテキストアニメーションに使えます。

・テキストを揺らすアニメーション

「波形ワープエフェクト」を使用すると上記のようにテキストを波のように揺らすことができます。

方法は簡単で「波形ワープ」エフェクトを適応して、以下のように値を設定すればOKです。

・波形の種類:サイン
・波形の高さ:10
・波形の幅:100
・方向:90°
・波形の速度:1
・固定:なし
・フェーズ:0
・アンチエイリアス:低

クロップ

こちらのエフェクトは以下のようなテキストアニメーションに使えます。

・テキストがだんだん出てくるアニメーション

上記動画のようにテロップが徐々に出てくるテキストアニメーションは「クロップ」エフェクトを利用すれば再現できます。

以下のようにクロップにキーフレームを打ってあげると上記動画と同じようなエフェクトになります。

クロップ

Premiere Proのテキストアニメーションで使えるエフェクト一覧

・トランスフォーム/ブラー(ガウス)
・クロスディゾルブ
・波形ワープ
・クロップ

実は一度作成したアニメーションは保存してテンプレート化して使い回すことができます。

その方法については以下の記事にて解説しているので合わせて読んでみてください。

Premiere Proでアニメーションをつける方法【動画のクオリティ爆上がりです】
Premiere Proでアニメーションをつける方法【テンプレ化する方法も解説】みなさんこんにちは運営のAdobe神(@taipei_freedom)です! 今回はこのようなお悩みにお答えしていきます。...

Premiere Proのテキストアニメーションで使えるエフェクトを一挙公開

今回の記事で紹介したアニメーションエフェクトはこちらのnoteにて配布中!

1から作るのがめんどくさいという方はこちらをご活用ください。

ABOUT ME
アドビ神
自身がadobeのスキルを取得するのに苦労したためこのサイトの作成を決意。 読者の皆様のadobe学習の効率化を目指します。