Premiere Pro

Premiere Proでルパン風のタイプライターをする方法

Premiere Proを使ってルパン風のタイプライターをする方法

みなさんこんにちは運営のAdobe神(@taipei_freedom)です!

過去のたいペー
過去のたいペー
Premiere proを使ってルパンのタイトル風のタイプライターを作成する方法を教えて!

今回はこのような質問にお答えしていきます!

具体的な動画については下記の動画をご覧ください。

※効果音は著作権などの問題でご愛嬌…w

この記事の内容

Premiere proを使ってルパン風のタイプライターをする方法

ルパン風のタイプライターをする方法

やり方は簡単で下記の5ステップです。

①タイプライト音を読み込む
②テキストツールを使って文字を記入
③音に合わせてカット
④一文字ずつ変更
⑤最後に全体の文章を「クロスズーム」を使って出す。

タイプライト音を読み込む

Premiere Proを使ってルパン風のタイプライターをする方法

まずはタイプライト音をダウンロードして読み込みます。

ダウンロード先は下記の記事の中で紹介しているサイトの中から探してみてください。

音素材
youtubeにオススメの無料音素材サイト【効果音からBGMまで】みなさんこんにちは運営のAdobe神(@taipei_freedom)です。 「有名なyoutuberみたいに面白い効果音をつけた...

今回は僕は「ニコニ・コモンズ」さんのフリー素材を使わせていただきました。

タイプライト音をダウンロードする(無料会員登録の必要あり)

テキストツールを使って文字を記入

Premiere Proを使ってルパン風のタイプライターをする方法

テキストツールを使って直接タイムラインに文字を書いていきます。

上記画像のように設定すれば簡単にできるかと思います。

文字を書き終わったらクリップを音素材のクリップと同じ長さにしておいてください。

音に合わせてカット

Premiere Proを使ってルパン風のタイプライターをする方法

次にテキストクリップを音に合わせて区切っていきます。

今回の記事で一番手間なのがこの作業です。

音素材をよく見ると波形が凹んでいるところがあります。そこに合わせてテキストクリップをカットしていってください。

カットは「command(ctrl)+K」ですることができます。

adobe神
adobe神
音の波形がよく見えない時は右側のスクロールをいじってみるといいことが起こるぞぃ

一文字ずつ変更

Premiere Proを使ってルパン風のタイプライターをする方法

次に1つ1つ地道に文字を変更して自分の好きな文章にしていきます。

最後に全体の文章を「クロスズーム」を使って出す。

Premiere Proを使ってルパン風のタイプライターをする方法

最後に一番最後に出てくる全体の文章についてです。

先ほど同様「テキストツール」を使い直接プログラムモニタに書き込んでいってください。

【premiere pro初心者向け】基本となる4つの作業パネル(モニタ)の解説みなさんこんにちはAdobe神です。 今回の記事ではPremiere Proの初心者の方に向けて「基本となる4つの作業パネル(モニ...
Premiere Proを使ってルパン風のタイプライターをする方法

次に「エフェクトモニタ→クロスズーム」を作成した全体の文章のクリップに適応します。

こうすることでルパンのオープニングのように全体の文章がズームしながら出てきます。

Premiere Proを使ってルパン風のタイプライターをする方法

この際のコツなのですが、全体の文章のクリップを一文字ずつのクリップと少し被らせてください。

こうすることでスピード感をだすことができます。

まとめ

Premiere Proでルパン風のタイプライターをする方法は簡単、下記の5ステップ!

①タイプライト音を読み込む
②テキストツールを使って文字を記入
③音に合わせてカット
④一文字ずつ変更
⑤最後に全体の文章を「クロスズーム」を使って出す。
Premiere Proを使って旅の経路をマッピングする方法
Premiere Proを使って旅の経路を辿る方法みなさんこんにちは運営のAdobe神(@taipei_freedom)です! 今回はこのような質問にお答えしていきます! ...
Premiere Proを使って文字の中に動画を入れる方法
Premiere Proで文字の中に動画を入れる方法【4つ紹介します】みなさんこんにちは運営のAdobe神(@taipei_freedom)です! 今回はこのようなお悩みにお答えしていきます!...
ABOUT ME
アドビ神
自身がadobeのスキルを取得するのに苦労したためこのサイトの作成を決意。 読者の皆様のadobe学習の効率化を目指します。