Premiere Pro

Premiere Proの覚えておくべきショートカット11選【独自ショートカットキーを設定する方法も】

みなさんこんにちは、運営のAdobe神(@taipei_freedom)です。

みなさんはPremiere Proで動画編集をしていて

「この動作めんどくせなー」
その行為自体が当たり前になりすぎてもはやめんどくさいとさえ思わなくなってしまった。

なんてことはありませんか?

今回、そんなあなたにオススメしたいのが便利なショートカットの存在です。

adobeマン
adobeマン
でもショートカットってそこまで時間短縮になるの?覚える方がめんどくさそう

実際私もPremiere Proを触り始めた時はそうでした。

しかし、実際にショートカットを覚えてみてから見違えるほどに編集スピードは早くなりました。

動画編集をする人は一回の編集の中で同じ動作を何百回としています。そのため、その動作一回一回では大した時間の差はなくてもそれが積み重なると大きな時間の差を生み出します。

adobe神
adobe神
まさに”ちりつも”じゃな!  

そのためショートカットを覚えるという優先順位は非常に高いと思います。

覚えておくと便利なショートカットまとめ

文字より動画や写真で視覚的に覚えたいという方は下記投稿をご覧ください。

 

View this post on Instagram

 

Adobe神さん(@adobeshin)がシェアした投稿

ここからは文字でまとめていきます。

よく使うショートカットキー11選

スペースキー 再生・停止
command + K クリップのカット
command(ctrl) + S 保存
command(ctrl) + I 素材読み込み
command(ctrl) + T 新規タイトル
command(ctrl) + X 切り取り
command(ctrl) + Z やり直し(一つ戻る)
command(ctrl) + C コピー
command(ctrl) + V 貼り付け
command(ctrl) + X 切り取り
V 選択ツール

ここにあるものはどれも頻出です。

premiere proを開いてみて実際に試してください。

adobe神
adobe神
実際に使って体に覚えさせるのが一番じゃ

使う頻度は高くないけど覚えておくと良いショートカットキー

command(ctrl) + shift + S 別名保存
command(ctrl) + M メディア書き出し
command(ctrl) + N 新規シーケンス作成
command(ctrl) + R 速度変更
command(ctrl) + A 全選択
A トラック選択ツール
C レーザーツール

こちらは先ほどのものほどは頻出度は高くないですが覚えておくと作業を楽にしてくれるものたちです。

先ほどのものを覚えて余裕があるという人は覚えてみても良いかと思います。

独自のショートカットを作成する方法

実はPremiere Proでは自分の好きなところに独自のショートカットキーを作成することもできます。

自分がよく使うという操作は一番自分が使いやすいキーに設定することでより作業の効率化を測ることができます。

キーボードショートカット設定を開く

キーボードショートカットを開く

「Premiere Pro」→「キーボードショートカット」で設定画面を開きます。

ショートカットを設定したいキーを選択

キーを選択

ショートカットを設定したいキーを選択。

検索のところで設定したい項目を検索

項目検索キーに追加したいコマンドを検索します。

よくわからない場合は一通り見てみましょう。

ドラッグアンドドロップ

ドラッグアンドドロップドラッグアンドドロップで装飾子の下の好きなところに追加します。

「最初に選んだキー+装飾子」でそのショートカットが使えるようになります。

保存

保存します。これであなただけのショートカットの完成です。

ちなみに私のオススメを一つあげると「K」に「リップルの削除」を設定することです。

なぜオススメかというとカット編集をしているときにまず「command(ctrl)+K」でカットができます。
そのあとにcommand(ctrl)を離して「K」を押すだけでカットしたいらない部分を削除してそのまま左詰めにしてくれます

まとめ

ショートカットは絶対に覚えるべし。

特に頻出のショートカットは必ず初めのうちから覚えること。

ショートカットを覚えてその分余った時間で新しい技術を覚えたり、クリエイティブな時間にしましょう!

ABOUT ME
アドビ神
自身がadobeのスキルを取得するのに苦労したためこのサイトの作成を決意。 読者の皆様のadobe学習の効率化を目指します。