Premiere Pro

Premiere Proで簡単にテレビ番組風のテロップを作る方法

くみなさんこんにちは運営のAdobe神(@taipei_freedom)です。

動画の中にテレビ番組風のテロップを入れたい!そう考える人は少なくないのでしょうか?

youtubeなどで動画を発信している人にとってテロップの有無はそのチャンネルの人気度に大きく関わってくるかと思います。

そこでこの記事ではテレビ風のテロップを簡単に作る方法を解説していきたいと思います。

最終的には下記のようなテロップを作ることができるようになります。

動画での解説付きで文字が苦手な人でもわかりやすいようにしているのでまずはご一読を!

adobe神
adobe神
テロップはその動画の顔とも言える大事な要素の一つじゃ!  

簡単にテレビ風のテロップを作る方法

まずはイメージを掴むためにも下記の投稿を見てみてください。(文字がいいという方はそのまま読み進めていただいても大丈夫です。)

 

View this post on Instagram

 

Adobe神さん(@adobeshin)がシェアした投稿

テキストツールを使って直接モニターパネルに文字を入れる

まずはテキストツールを使って直接モニターパネルに文字を入れていきます。

このときデフォルトだと日本語対応していない種類が設定されています。その場合、下記のようにエラー表示がでてしまいます。

adobe神
adobe神
ですが特に心配しなくて大丈夫じゃ。フォントの種類を日本語対応のものにすることでこの問題は解決されるんじゃ。

エッセンシャルグラフィックスを開く

「ウィンドウ」→「エッセンシャルグラフィックス」を選択し、エッセンシャルグラフィクフィックスのパネルを開きます。

右側に縦長のエッセンシャルグラフィックスパネルが出てくると思います。

好きなフォントの種類を選択(日本語フォント)

 

先ほど入力した文字を選択ツールもしくはテキストツールを使ってダブルクリックして全選択します。

全選択された状態でエッセンシャルグラフィックスパネルの中の「テキスト」という部分で好きなフォントの種類を選びます。ここで日本語に対応しているフォントの種類を選ぶと、先ほど記入した文字が表示されるようになります。

アビアランスで枠(ストーク)をつける

次はついにエッセンシャルグラフィックス内の「アビアランス」というところで二重線をつけていきます。

「アビアランス」内の「塗り」、「ストローク」にチェックを入れてください。

・塗り→文字自体の色
・ストローク→枠の色

となります。さらに外側にストロークを追加していきたい場合は「ストローク」の横にある「+」ボタンを押すと、下記のような二重のストロークを作ることができます。

過去のたいペー
過去のたいペー
この場合ピンクと白の二重ストロークだね!

このようにしてテレビ風のテロップを作ることができました!

補足

 

アビアランスの中に「背景」「シャドウ」というものがあったのにはお気づきでしょうか?

もちろんこれにも意味があって上の画像のように設定してあげると次のようなテロップが出来上がります。

先ほどのテロップと比べると、紫色の背景が追加され、一番外側のストークの一つ外側に薄く影が入ったのがわかるかと思います。

過去のたいペー
過去のたいペー
影があることで文字が浮き上がって見えるね!

まとめ

テレビ風のテロップはエッセンシャルグラフィックスを利用して作るべし!

文字自体にグラデショーンをつけたり、動きをつけるなどより高度な編集をしたい場合は下記の記事を参考にしてみてください。

Premiere Proで動画にテロップを入れる方法【2通りの方法を紹介】みなさんこんにちは、運営のAdobe神(@taipei_freedom)です。 今回はこのようなお悩みにお答えしていきます...

 

ABOUT ME
アドビ神
自身がadobeのスキルを取得するのに苦労したためこのサイトの作成を決意。 読者の皆様のadobe学習の効率化を目指します。