adobe

YouTubeのサムネイルの作り方

みなさんこんにちは運営のAdobe神(@adobeshin)です!

過去のたいペー
過去のたいペー
もっと人目につくYouTubeのサムネイルを作りたいけど、どうしていいかわからない!!

今回の記事ではこのようなお悩みに

adobe神
adobe神
動画編集者として、サムネイルも数多作成しているこのワシが!

YouTubeのサムネイルの作り方を紹介したいと思います。

この記事の内容

・サムネイル作成に必要な素材サイト紹介
・サムネイル作成実例①
・サムネイル作成実例②

adobe神
adobe神
サムネイルはYouTubeの再生回数を大きく左右する重要な画像じゃぞ!
この記事を読んでサムネイルの作り方をマスターしておくのじゃ!

過去のたいペー
過去のたいペー
YouTubeのサムネイルの特徴ってあるの??

adobe神
adobe神
いい質問じゃ!
YouTubeでは、文字は大きく人の顔を入れるのが一般的じゃ!
パッと見てわかりやすく魅力的なサムネイルを作るのじゃ!

 

サムネイルサイズと初期設定

YouTubeサムネイルサイズで一番良いとされているのは、
横 1,280 × 縦 720ピクセルで、最小の横幅は640ピクセルです。色はRBGで、CMYKにはしないでください(デフォルトではRBGになっています)。
解像度は72ピクセルです。アップロードするファイル形式は、一般的にはJPEGですが、GIF,GMP,PNGなどもアップできます。画像容量は2MB以下です。

先ほどファイル形式は、JPEGといいましたが、作業する段階では、PSDにしましょう。JPEGにしてしまうと、保存するたびに画像が劣化してしまうためです。YouTubeにアップロードするときに別名でJPEGに書き出しましょう。

サムネイルの作り方①

今回は、タイプの違う二つのサムネイルを作ってみたいと思います。

まずは、左側のサムネイルを作って見ましょう。

オススメの無料素材サイト

まずは、材料を揃えます。文字は文字ツールで書き、写真・イラストなどを画面に置いていきます。

動画と関連する写真・イラストなどの素材は、大体の場合は動画と一緒に撮ると思いますが、もし素材が無いという方は、フリー素材を使うと良いと思います。最近のフリー素材はクオリティが高くバリエーションも豊富です。

フリー写真素材

・freepik  https://www.freepik.com

・足成 http://www.ashinari.com

 

フリーイラスト素材サイト

・いらすとや https://www.irasutoya.com

・illustAC https://www.ac-illust.com

など、色々なサイトがあるので、見つけたらいっぱい登録しましょう。デザインの引き出しが一気に広がります。

文字と写真をザックリ配置する

配置し終わったら、人物の画像は、3分の1に収める形が良いと思います。

なぜかというと、デザインの基礎で3分の1の法則にものを配置すると綺麗に見える事と、人は、人物の写真に意識が行きやすいというのがあります。この方法は、YouTubeのサムネイルによく見られます。

文字は、3つのレイヤーに分けています。個別にしておいた方が、加工しやすいからです。

今回はゴシック系の書体で、文字の大きさは大きめに配置しておきます。

だいたいの位置が決まりました。

警告の縞模様を作る

内容がやってはいけない事なので、黄色と黒の警告の縞模様を作りたいと思います。

まず、新規レイヤーに選択範囲ツールを使って小さい長方形を作り、そこを塗りつぶします。黄色と黒の長方形ができました。

編集からパターンの定義を選び名前を入れます。

これでストライプができましたので、塗りしつぶしにツールを変えて、描画色からパターンに変えて、先ほど登録したものがありますのでそれを選択します。

先ほど描いたスライプの元は消し、画面を塗りつぶすとストライプができました。


自由変形で傾けて自分の好みの斜線の幅にしていきます。

今回は帯のように敷きたかったので小さくし、多少足りない部分が出てきたので複製しています。

複製した帯のレイヤーを結合します。

長方形選択ツールで帯状に選択します。

帯をカットしたら、いらない部分を選択して削除、カットした帯をペーストして完成です。
帯を複製して上に入れます。

帯の上に人物を置き仕上げる

帯の上に人物を置きたいので、人物を切り抜きます。
帯レイヤーは一旦非表示にして、自動選択ツールで、背景を選択し削除します。ちなみに許容範囲というものがあり、100に近づくほど幅広く色を選択します。今回はそこまで色を拾いたくないので20にしてあります。

帯と髪のかかっている部分を馴染ませるために、消しゴムツールでぼかしのブラシを選び、整えていきます。この場合は、大きなブラシを使った方が馴染みやすいです。この場合は50pxに設定してあります。


文字の赤い帯を作っていきます。長方形選択ツールで赤色を塗り文字の下に配置します。


文字を選択して色を白にして、目立たせたい「3つの事」にドロップシャドウをかけようと思います。
「3つの事」のレイヤーを選択してダブルクリックすると、レイヤースタイルが表示されるので、ドロップシャドウを選び設定します。ちなみにこのドロップシャドウは、YouTubeのサムネイルによく使われています。

赤い帯のレイヤーを選択してドロップシャドウをかけていきます。

最後に背景の白が気になったので、テーマに沿って不穏な空気を出してみたいと思います。

一番下の背景レイヤーを選択し、フィルター⇒描写⇒雲模様1を選択します。

ちなみに模様をもうちょっと変えたい時は、もう一度、雲模様1をかけると、どんどん模様が変わりますので、自分で好きな模様にしてみるのもいいと思います。

背景に黒い模様ができました。

こちらで完成になります。

サムネイルの作り方②

では、次のサムネイルを作っていきましょう。

素材を集めザックリ配置する

最初の手順は、先ほど作ったサムネイルと同じです。
部品を集めましょう。
今回は爽やかな雰囲気なので、柔らかい文字を使ってみました。

色味の調整をする

フリー画像は、大体品質がいいですが、たまに人物と背景がややくすんだ感じのもあります。今回は、そういう素材を選んでみました。色味を修正したいと思います。
イメージ→色調補正→自然な彩度を選択し、色を調整していきます。

目立たせたい部分の加工をする

「5分」を目立たせかったので、新規レイヤーに楕円選択ツールで円を作り塗りつぶして文字を白抜きにしました。

この文字の字間が広く、間延びしていた感じなのでカーニングで詰めていきます。

大体の文字の位置を決めた後、「5分」の文字にドロップシャドウをかけました。今回は、爽やかっぽいものにしたいので、影の色も黒ではなく、同じような色にしました。

ストレスという文字も強調したいので、「ストレス」だけの文字レイヤーに後、文字を白抜きにして、レイヤースタイルから光彩(外側)を設定して、周りに縁取りをしました。

風を表現する

次に、風の表現を出したかったので、新規レイヤーにペンツールで、風の模様を描いていきます。線を描き終えると、パスに「作業用パス」ができるので、ダブルクリックしてパスを保存します

パスを選択した状態で、選択範囲を作成して選びます。


すると、パスに沿った、選択範囲ができるので、塗りつぶしツールで色を塗ります。

風のレイヤーを選択した状態で「不透明度」を30%にして風の色が下に透けるようにしました。

太陽の逆光を入れ、微調整して完成させる

太陽の逆光を入れていきます。やり方は、自分で描いたり、いろいろあるのですが、Photoshopに光をかける逆光という便利なフィルターがあります。今回は、それを使ってみましょう。新規レイヤーを作り黒く塗りつぶします。なぜ黒く塗りつぶしたかというと、白だと逆光の効果が使えないので黒く塗りつぶします。

フィルター⇒描写⇒逆光を選択します。レンズの種類は50-30mmズームにして、光源の位置や明るさを調整します。
今回は「5分」という文字を太陽に見立ててそこに光の中心をおきました。

レイヤーの描画モードをスクリーンにすると、光の部分が画面に反映されます。スクリーンは色が重なるほど白くなることができます。
黒い背景は、重ねることができない色なので結果的に、消え光だけが残ります。

あとは、文字などを微調整して完成です。

お疲れ様でした。

adobe神
adobe神
以上がYouTubeのサムネイルの作り方じゃ!
過去のたいペー
過去のたいペー
意外と簡単なんだね
adobe神
adobe神
Photoshopは写真加工に適したアプリじゃから、サムネイル作成と非常に相性がいいのじゃな!
今回紹介したのは、Photoshopの中でも基本的な機能じゃから、たくさんサムネイルを作っていろいろ試してみるとよいのじゃ!