YouTube

YouTubeの動画編集が難しすぎる!こんな時どうすればいい?

YouTubeの動画編集が難しすぎる!こんな時どうすればいい?

YouTubeに動画を投稿している人の中には、自分で編集を行っている人もいるでしょう。

ただ、動画編集は簡単なように見えて、意外と難しく、
「こんなに難しいと思わなかった!」
と思う人がたくさんいるのです。

そこでこの記事では、動画編集に壁を感じている人に向けて、動画編集の基本的な流れとどうしても動画編集ができない場合の対処法について詳しく解説していきます。

YouTubeの動画を編集なしで投稿するとどうなる?

動画編集が難しいと思っている人の中には、
「編集なしで出してもいいかな」
と思っている人もいるでしょう。

しかし、今のYouTubeを見てみるとわかりますが、
編集なしで動画を上げているユーチューバーはほとんどいません。
どの動画にもBGMがついていますし、字幕やカット編集がなされているのです。

このご時世に、編集を一切していないダラダラした動画を出してしまうと、再生回数が稼げなくなってしまい、最終的に稼げなくなってしまう可能性が高いと言えます。

動画編集の基本的な流れは?

では、動画編集に壁を感じている人のために、動画編集の基本的な流れについて詳しく解説していきます。

ステップ1:動画編集に必要なパソコンやソフトを用意

動画編集をするためには、編集に必要なパソコンやソフトを用意する必要があります。

動画編集ソフトには様々な種類があり、有料のソフトもあれば、無料のソフトもありますので、自分に合ったソフトを探していくことが大切です。

中には対応OSが限定されているソフトなどもありますので、このような細かい部分についても、しっかりと確認しておきましょう。

ステップ2:動画をソフトにアップロード

動画編集環境が用意できたら、次は動画をソフトにアップロードしていきます。

中には、
「パソコンの中に動画データがあるけど、これじゃ編集ができないの?」
と思っている人もいるでしょう。

しかし、動画編集はソフトに動画データをアップして、初めて操作可能となりますので、動画データや音源などを含めて、全てアップしておくことが大切です。

ステップ3:素材を活用しながら編集

ここまで来たら、いよいよ素材を活用しながら動画編集を行っていきます。

動画編集のテクニックやコツについては、挙げればキリがありません。

ただ、初心者がいきなり高度な編集を行おうとすると、挫折してしまう可能性が高くなりますので、最初は切ったり、貼ったりというような作業から始めていきましょう。

ステップ4:BGMや字幕を挿入

動画を切ったり貼ったりして、最低限のクオリティが確保できたら、次は動画にBGMや字幕を挿入していきます。

この時に意識すべきなのは、「エフェクト」を活用するということです。

エフェクトを使うことで、動画自体のクオリティをレベルアップさせることができます。

ステップ5:出力して完成

動画の編集が終わったら、
・AVI
・MP4
・QuickTime
などのファイルに出力して完成となります。

ソフトによっては、一度出力した動画を再度編集しなおすということができませんので注意が必要です。

どうしても動画編集ができない場合の対処法

ここまでの解説を見て、
「やっぱり自分に動画編集は無理だ」

と思った人もいるでしょう。

では、どうしても自分で動画編集ができない場合の対処法について詳しく見ていきましょう。

フリーの動画編集者に外注する

自分で動画編集ができない場合、外部の動画編集者に委託するという方法を取ることもできます。

そうすることで、自分は面白い動画を取ることだけに集中できますので、効率的に動画をアップすることができるでしょう。

ただし、フリーの編集者に委託する場合は少なからず費用が掛かりますし、スキルもその人によって異なります。

そのため、できるだけ質の高い編集をしてくれて、安く仕上げてくれる編集者を探す必要があるのです。

ここならクラウドワークスなどのサービスを利用して動画編集者に外注できます。
また、Twitterで動画編集者と検索して探す方法もあります。

動画編集サービスに委託する

そして、動画編集サービスを提供している企業に委託するという方法もあります。

この場合、高いクオリティの動画を作成してもらうことができるのですが、フリーの動画編集者に委託するよりも高い費用が発生してしまう可能性がありますので、注意が必要です。

動画編集を教えてくれるスクールに通う

コストを下げて、思い通りの動画を作成するためには、やはり自分自身で動画編集を行うことが大切です。

そのためには、最低限の編集スキルや知識をつける必要がありますので、動画編集を教えてくれるスクールに通ってみることをおすすめします。

「動画編集スクールも費用が掛かるでしょ?」
と思う人がいるかもしれませんが、動画編集スクールの費用は一時的なものです。

ただ、いつまでも動画編集のスキルを身に着けず、外注をしていた場合は、毎回高額なコストが発生してしまうのです。

このようなことから、長い目で見ると外部編集者に丸投げするよりも、スクールに通ってスキルを身に着け、自分自身で編集をした方がコスパ敵にもメリットがあると言えるでしょう。

ただ、動画編集スクールにもたくさんの種類がありますので、それぞれの特徴を比較したうえで、自分に合ったスクールを選ぶことが大切です。

動画編集を学べるスクール13個を比較してみた【おすすめスクール紹介】Adobe神|動画編集初心者の方のためのサイト| 動画編集スクールに通うのは、動画クオリティを上げるための近道。 では、選ぶ際のポイントは?オススメのスクールは?各種ランキングは?デメリットはあるの?そもそも動画編集できるといいことある?...

まとめ

動画編集は一見簡単そうに見えますが、意外と難しいです。
中には、動画編集ができないからとすべての編集を委託してしまっている人もいます。

それなりの利益が出ているのであれば問題ありませんが、全く収益が発生していない状態で委託をすると、経費がかさんでしまい大赤字になってしまうこともあります。

このようなことを避けるためにも、まずは動画編集スクールなどで技術を習得し、自分自身で編集を行っていくことがおすすめです。